オシリスとイシス

発達早期に無情な親からの虐待やネグレクト、またはぞっとするような事件やいじめに巻き込まれるようなトラウマ体験を負うと、過去と現在の時間感覚が捻じ曲がり、自分が体や情緒が分断されていきます。そして、嫌な過去を思い出されると、自分の手や足が体と繋がっているように感じられず、バラバラな感覚やねじれていく感覚になります。このような痛ましい状態は、オシリス、イシスおよび、セト、ホルスを巡るエジプ神話に見られます。神話学の観点からは、オシリスは死と再生を象徴としていると言われます。邪悪な弟セトは、光の側面を表すオシリスの絶大な人気に嫉妬して、棺に閉じ込めてナイル川に流してしまいます。オシリスの妹であり妻イシスは、暗闇の閉じ込めらたオシリスを探し出します。しかし、セトに見つかってしまい、バラバラに切断されます。イシスは、バラバラにされたオシリスの断片を集めて、つなぎ合わせて、生命の息吹を吹き込み、神の癒しのなかで目覚めさせました。

 

ピーター・ラヴィーン「トラウマと記憶」から、オシリスとイシスについて

 

トラウマを理解し処理していくうえでの、記憶の役割とは何だろうか?これについては、長く伝えられてきた神話の叡智から解を導き出すことができる。古代エジプトのイシスとオシリスの伝説は、深遠な教えてを示している。

 

この示唆に富む伝説によると、偉大なるオシリス王は、敵に殺され切り刻まれてしまう。切り刻まれた体の各部位は、王国の果てのあちこちで埋められた。しかし、オシリスの妻イシスはオシリスへの深い愛に突き動かされ、バラバラにされた遺体をすべて探し出し、それらの「部分」を元通りにした。この復活において、イシスはオシリスを「再びつなぎ合わせ、思い出した」のである。

 

トラウマを受けた人々が示すまったく異なるように見える症状、散り散りになっている断片、兆候および症候群を観察すると、治癒を引き起こすための手がかりが見えてくる。さらに、恐怖に凍りついたときに身体および脳に何が起こるのかがわかってくると、こうした症状を理解できるようになる。これらの症状は、分断され散り散りなった体験の塊なのだ。それは未完了の身体感覚であり、過去にはその人を圧倒した。あたかも、惨殺され、切り裂かれたオシリスの身体が、はるかに離れた違なる場所にバラバラに埋められたように、これらは解離し、意味不明の状態にある。こうしたバラバラな身体感覚を「元通りに戻す」治療方法は、エジプト神話の女神イシスが夫オシリスに施した治療に酷似している。敵に切り刻まれ、はるか彼方にバラバラに埋められ、隠されてしまったオシリスの身体を、イシスは掘り起こしていった。そして、イシスは象徴的に、オシリスの身体の断片を整合性のある有機体としてつなぎ合わせた。こうしてイシスはオシリスを「つなぎ合わせ、思い出した」のである。トラウマの治療においてこれを行うには、クライエントを穏やかに誘導して、かつて圧倒されてしまった感覚を再び感じ、次第にそれに耐えられるように導くことである。これによって、トラウマの記憶は合体し、再結合し変容していく。

▶低覚醒システムの子ども

 

参考文献

ピーター・A・ラヴィーン『トラウマと記憶』(花丘ちぐさ 訳 )春秋社

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ ▶シャーマンと精霊 ▶境界の神トリックスター ▶メドゥーサとトラウマ変容 ▶オシリスとイシス ▶守護天使オルファ