対人恐怖と社会不安

▶対人恐怖と社会不安

 

慢性的トラウマにある人は、対人関係の緊張の緊張がすごい場合があって、コミュニケーションが出来なかったり、笑顔になれなかったりします。人にいざ話そうとしても話せません

人と交流を持つことが苦手

学校や会社が怖くて、人間関係が続かない

子どもの頃から学校に行くのが嫌で

おどおどしていて

 

人の目や怒った顔が怖くて、

苦手なひとがいると、緊張が高まり、心臓がドクドクと聞こえてきて、息が苦しくなります。

恐怖が強くなると息が止まります。

 

人に嫌われているという被害妄想、周りにどう思われているかを気にしています。

相手がいい反応をしないと不安になります。

人に会うのが怖い

 

人に対して不信感があって、警戒していて、人に接するのが怖いです。

人といると限界になって、体が怠くなり、感情が爆発しそうになって、

だから、人といないほうが楽です。

 

胸がざわついて、不安や焦燥感に駆られて、嫌な予感がします。

根底には、おいつめられて逃げ場が無くなり、動けなくなる恐怖があります。

 

社会に出ていくのが怖い

家の中だけが安心で、外が怖い。

人が怖い、怒られたり、嫌われたり、

人に悪意を向けられるのが怖い

 

対人恐怖の人は、人間関係で失敗して、恥をかかされ、打ちのめされるような体験をしてきました。

もうそのような状況になりたくないし、同じ状況が来た時のことを恐れています。

 

人前では、人が怖く、身体がザワザワして、足がすくみます。

 

対人恐怖の克服には。自分の身体反応と仲良くする必要があります。