性暴力被害と身体

▶性暴力被害と身体

 

性暴力被害を受けると、痛みでバラバラになるか、恐怖に凍りついて体が動かなくなります。そして、息が止まりそうになり、機能停止に陥って、意識が無くなるか、自分は体から離れて、別の場所から、観察している自分になり、もう一人の自分を見るようになるか、自分を守るために相手に好意を見せるか、動かなくなった体をなすがままにされるか、全身の痛みに耐え続けるかになります。

 

 

 性的虐待を受けると、常に体が固まり凍りついていくので、頭と体が合致しなくなり、自分の体が分からなくなって、自分のことまで分からなくなることがあります。

 

冷たくなって、嘔吐、下痢、寒気、血圧が下がり、立てないくらいだるい。

手と足がひっぱれて、バラバラ、

子宮が痛み、腰が重い

針に刺されたような全身の緊張と痛み

痛みを和らげるために、何かに没頭したり、過食嘔吐、浴びるようにお酒を飲む人がいます。