反社会性人格障害


不条理なトラウマの影響に曝されてきました。

 

家が貧しかったり、母親が家出をしていたり、父親の暴力が凄まじかったり、悲惨な環境にいる場合が多いです。

幼いうちから異常な行動が見られ、子ども時代のことをあまり覚えていないことがあります。

 

社会のシステムに包括されず、そこから逸脱したような生き方になっています。

不遇な環境ゆえに、仮面を被り、平気で嘘をつき、人を操ってきました。

快楽に取り憑かれる。

人生においてリラックスしたことがほとんどなく、人の目ばかりを気にしてきた。

じっとしていると、目をキョロキョロして、情報を集めて、その場所に留まっていたら怖くなるので、次の場所に移動します。

慢性的に凍りき、体の感覚を感じれなくて、

脳の本能的部分が欠けて、

痛みが多くて、意識が低いレベルにある。

 

目的意識を持てなくなり、人生の方向性を見出すことができず、人生がただの暇つぶしになります。

自分の中の怒り・恐怖などの感情・感覚に恐れている。

 

不適応な行動は、人間らしさを感じた目の自己刺激に試み 

職場を転々としていたり、学歴にコンプレックスがあります。

自分の外面を取り繕ってきた。

 

自分のアイデンティティが非常に薄く、家族という概念が希薄です。

 

脳や体が発達するときに、十分な愛着やコミュニケーションが著しく欠如すると人間らしい血の通った存在にならず、ただの物体(モノ)に近い存在になります。身体感覚が麻痺して、自分の存在が無いように感じる。存在があったとしても、それはただの物体でしかない。

 

早い段階から、根源的なものが欠けていて、自分のことが得たいの知れないもののように感じます。

 

死んだような生活だから、生きているということ確かめるために金を得たり、スリルを楽しんだりして、反社会的な行動になっていきます。

 

死んだような生活なので、対象がなくなると自分も死んだようになります。光が無くなれば自分は存在しなくなる。

 

利益や欲望にまみれた人生になります。

 

自分というものがなく、自分が自分で無くなっていて、神経発達に問題があり、人の心がよく分からない

自己愛性人格障害の人は、責任感があり、ルールを守ることができます。法律に関してもグレーゾーンのところで留まります。反社会性人格障害の人は、責任感が無く、ルールを守れません。

切羽詰まった状態にあるから、犯罪に手を染める。

 

」自己愛性人格障害の人は、知的に高く、ルックスに優れ、コミュニケーション能力に優れています。

一方、反社会性人格障害の人は、悲惨な環境にいて、優れている部分が自己愛の人のようにはありません。

 

自己愛の人は、名誉や社会的地位を高めるために、人の権利を奪っていきますが、反社会性人格障害の人は、生き残る手段として、人の権利を奪います。