良い子の苦しみ

 

▶良い子の苦しみ

 

トラウマや神経発達に問題がある子どもは、幼少期から、親の顔色を伺って、良い子でいることが多く、家族に幻想を抱いています。家族のために自己犠牲を払い、自分よりも家族が一番大切なものになります。例えば、父のことで精一杯な母のために、頑張ってきました。しかし、母のために一生懸命やっても、報われず、拒否されて、心と身体が壊れていきます。親に良いことをしたつもりでいても、余計なことをするなと嫌な感情をぶつけられてきました。本来の自分でいられなく、自分を捩じって、家族の要求に同調してきました。

 

幼少期に、親の顔色を伺って、良い子でがんばってきた経験から、社会に出ても、人の顔色を伺っていきていくようになります。大人しく暗い自分ではなく、理想的な自分になって、人に好かれないといけないとか、皆から愛されないといけないと思って、他人に自分の存在を承認されることで、自己の肯定感を得ようとします。

私も下手に愛想をよくした事がありました。今は投げやりな気分が支配的で"嫌われてもいいや"ってなります。

 

良い子でいすぎて悪い子になれない。

自分に自信がなく、相手に申し訳なくて、相手に合わせすぎて、きつくなり、ストレスが溜まり、感情が爆発してしまう。

 

物分かりのいい人として、いつか自分の人生を挽回しようと生きてきたけど、本当の自分はこれじゃない、これは自分の人生じゃないと、どこか現実に絶望して、この世界が崩壊してしまいます。もともとは、両親の態度が酷かったか、身体が弱くて、良い子でいました。いつも愛想を振りまくことで、苦難を乗り切ります。嫌なことがあっても我慢して耐えてきたけど、いつか耐えれなくなって、身体の中が限界に達して、身体に苦痛が走ります。

 

親がトラウマを持った子どもの扱い方を分かっていれば問題は起きないですが、そうでない場合は、親子関係の溝が大きくなり、思春期や青年期の頃に症状が複雑化します。しかし、親がトラウマを負った子どもを理解できなかったり、機能不全家庭だと、辛いことが重なり、体が麻痺してりいき、他者との共通感覚が育たずに、感じ方や考え方に食い違いが出て、対人トラブルが起きやすくなります。

 

親に愛情を与えてもらえなかったために、大人になって他者に自分のことを受け入れてもらえときは、嬉しくなりますが、すぐに手のひらを返され、拒絶や批判されてきた経験も多くありました。心の大切な部分が壊されてしまって、怯えやイライラが付き纏うにになります。 j

 

良い子というのは体の中にトラウマという爆弾を抱えているために、常に危険に備えて生きています。先読みして、周りの目を気にするようになり、気を抜くことができません。環境側の絶え間ない新しい変化に緊張し、警戒してきました。彼らは、親に良く出来ていると思われることが最大の自分を守る防衛になります。凄く真面目で良い子で、親の都合を考えて、自己主張もせずに、喜ばせようと頑張ってきました。愛情不足で育ち、嫌だというのも言わず、我慢に我慢を重ねて、家のために頑張っています。良い子でいて、向上心が強く、男性ならスマートに、女性なら美しく完璧でいようとします。

 

人の気持ちを敏感に察知するので、自分の感情を押し殺してきました。本当の自分がなく、周りに合わせた自分になります。

 

しかし、一生懸命にやればやるほど、自分の意志が無く、魂は別のほうにいってただそこに存在しているだけになります。大人になる過程において、試験勉強など親に喜ばれようと一生懸命やればやるほど、心と身体が限界に達して、トラウマの症状が複雑化します。

 

また良い子で頑張れば頑張るほど、親からはこの子は大丈夫だからと自分の目が向かなくなります。良い子で優等生になると、周りから意地悪されたり、嫉妬されたりします。親には自分の気持ちを分かってもらえず、できるのが当たり前なので、自分の嫌という意志を伝えられなくなることもあります。

 

小さい頃は、良い子でいることが自分を身を最大限に守る方法でしたが、大人になればなるほど生きづらくなるばかりでした。良い子でいることが重荷になり、リスクになり、良い子でいることを辞める日がきます。そのように大人になっていくと、よい子としてがんばり、自分を偽ることのみではうまくいかなくなるために、自分を見失って苦しむことになります。