毒親にならされる家庭

▶毒親にならされる家庭

 

子どもは社会において一番の弱者で 家族に依存しないと生きていけないから 経済的にもだからこそ家庭環境の問題から 最も注目されて 考えないといけない問題と社会問題とされる。 実は家庭の問題というのは 子どもだけが可哀そうな犠牲者ではなくて 親も救われるべき存在であります。 なぜなら自分の理想を描いている子どもではなくて 泣きわめいたり、好きなもの食べなかったり、 わがままだったりという反抗期の子供を 社会の目は礼儀正しく良い子に育てないといけないという、もしくはよい親でいないといけないという圧力がずっとかかると、 たとえむちゃくちゃな子供が生まれても圧力がかかる。 家庭環境が悪いというのは 必ずしも親が子供に対して悪い態度を取ってるわけではなくてよい子に育ってはいけないという圧力のなかで育児をやり続けなければならない。