毒親にならされる家庭

▶毒親にならされる家庭

 

子どもは社会において一番の弱者で 家族に依存しないと生きていけないから 経済的にもだからこそ家庭環境の問題から 最も注目されて 考えないといけない問題と社会問題とされる。 実は家庭の問題というのは 子どもだけが可哀そうな犠牲者ではなくて 親も救われるべき存在であります。 なぜなら自分の理想を描いている子どもではなくて 泣きわめいたり、好きなもの食べなかったり、 わがままだったりという反抗期の子供を 社会の目は礼儀正しく良い子に育てないといけないという、もしくはよい親でいないといけないという圧力がずっとかかると、 たとえむちゃくちゃな子供が生まれても圧力がかかる。 家庭環境が悪いというのは 必ずしも親が子供に対して悪い態度を取ってるわけではなくてよい子に育ってはいけないという圧力のなかで育児をやり続けなければならない。

 

毒親の問題を考えるときには、虐待とか親の言動の暴力性を指摘するけども、実は子どもの心身の弱さ(発達障害、早期トラウマ、仮死、アトピー、喘息、自家中毒、アレルギー体質)が原因にあることもあります。例えば、親が普通に接していたとしても、子どもの体質が過敏すぎて、心臓を鷲づかみにされるような痛みを負っている場合には、ちょっとした親の表情や言葉が、胸に突き刺さるナイフのように捉えてしまうかもしれません。

 

痛みの身体を持ってしまった子どもは、他人の顔を見るのが怖いし、ヒステリックに怒っている親を見ると心臓が縮んで、恐ろしい体験になります。そして、家の中で親に何度も殺されるように感じて、恨むようになります。痛みの身体にを持つ原因が、誕生時のトラウマや仮死出産、医療系のトラウマ、事故などですが、そのような身体を持ってしまったがために、親子関係が修復不可能な最悪なほうにいくこともあります。