発達障害の子ども

発達障害の子どもは、集団場面で浮くので、小学校の頃からいじめられやすいです。周囲にけなされたり、無視されたりする。落ち着きがない、じっと座っていられない、喜怒哀楽が激しい、嘘をついたり、空気が読めなかったり、目立ちたがり、身だしなみを気にしないので、からかわれる。ケンカになる。ケンカになると、お互い怒られるので、次第に周りから無視されていき、孤立していく。

 

発達障害の子どもは、言葉通りそのまま受け取るので、親や同級生の何気無い冗談が、慢性のトラウマになることがあります。

 

外側の刺激に反応して、多動や衝動性が強くて、席を離れてしまう問題児と、自分の内側にこもり、過集中とぼーっとして、目立たず一人でいる子どもがいます。

 

自分の中の不安と怒り、恐怖をどうコントロールしていくかが

 

自分中心で、本人は自分中心なことに気づいていません。その場の空気を読めず、一方的なお喋りが多すぎます。周りからは煙たがられる。

自分の思い通りにならないと気が済まない。自他の区別がついていないので、距離感がなく、ぐいぐいきます。