HSPの特徴

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロンの提唱した概念です。生得的な特性として、高度な感覚処理を持つ、人一倍敏感な人という意味です。共通してみられる特徴は、音、光、匂い等の刺激に対して敏感で、普通の人より強く反応する人のことを言います。進化生物学的に言えば、危険を察知する感覚が他の人より強く、危険な状況に遭遇した時の対処能力が高く、過剰な情報処理努力をされていることが特徴になります。HSPという概念は、心地よく、知りたい情報と思われるところがありますが、この特性を持った人の背後には、愛着障害や解離性障害などの幼少期の逆境体験や生活全体のストレスからくる過剰同調性という見方もできます。また、その他にも様々な要因(早産児や低出生体重児、化学物質の暴露、医療トラウマなど)を併せ持っている可能性を考えることができます。

 

HSPには4つの特徴があります。

①深く処理する

②過剰に刺激を受けやすい(過度な興奮)

③感情反応が強く、共感力が高い

④些細な刺激に対する感受性

 

HSPの人は、生まれ持った感受性の強さと共感力が高いため、人と繋がり、人を癒して、まるで天使のように優しく、周りの人に敏感に合わせることができます。そして、自分のことよりも、親や友達、先生の気持ちを先回りして読み取り、喜ばせようとすることにエネルギーを使いますが、本人は、どこか自分というものが無くて、好かれようと猫をかぶる自分が嫌だったり、不幸な運命を辿りがちです。一般に、HSPの人は、あらゆる刺激に対して、敏感に察知して、周囲に応えようとするあまりに、疲れやすく、一日を通して、感覚器官に負荷がかかり、情報処理が過剰になるため、エネルギーが切れてしまいます。そして、感覚過敏ゆえに、自分の身体感覚が気になりやすく、小児期に逆境体験がある人は、症状化しやすいです。そのため、慢性疲労症候群、線維筋痛症、化学物質過敏症、解離性障害、うつ病、原因不明の身体症状、慢性疾患になりやすいと言われています。

 

HSPの感受性は、生存を優位にするための危険を感じ取る能力と言えます。周囲に絶えず警戒していて、自分の身を守ろうとしています。あらゆる刺激に対して、過敏に身体は反応してしまうため、興奮しやすい面があります。幼少期から、世話をする大人に対して、自分の感情を抑制して、一生懸命に振る舞い、小さい子どもなりに理性脳をフルに使って、ご機嫌を取りながら、行動の順序を考え、誉めてもらおうと努力していたりします。

 

HSPの特性があって苦しんでいる人は、その苦しみは、今起こったものではなくて、子どもの頃からの研ぎ澄まされて感じやすい気質のために生じています。相手の気持ちを先取りしすぎるあまりに、繊細で打たれ弱くて、人や言葉が怖くて、人生それ自体が見えない刃物と同じで、とんでもなく鋭いものと捉えているかもしれません。また、あまりに感じやすいため、途方に暮れて泣いているかもしれません。HSPの人は、水が欲しければ変色して、機嫌が良ければ青々と茂る植物のような繊細な心を持っています。繊細ゆえに、対人関係の悩みが多く、安定している人を羨ましく思っています。

 

発達障害や身体の未熟さがあって感覚過敏な人がいますが、HSPの過敏さとアスペルガー症候群の過敏さの違いは、HSPの人は、共感能力がとても高く、その場の空気を読みすぎて疲れてしまいます。一方、HSPの人と幼少期の逆境体験からくる過敏さの違いは判別しにくいかもしれません。それは、子ども時代に逆境体験を受けた人は、脳があらゆる刺激に敏感に反応するようになります。また、幼少期にPTSDになると、脳のフィルターが機能しなくなるので、感覚過負荷の状態になります。あとは、子どもが養育者の不安、強迫観念、過敏さをモデリングすることにより、感覚過敏になっている人もいると思われます。

 

▶HOME ▶発達障害のチェックシート ▶女性のアスペルガー症候群 ▶ADHDの特徴 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ