ヒステリー研究

▶シャルコーのヒステリー研究

 

ヒステリーを科学的解明するため、ジャン・マルタン・シャルコーは研究をしていました。意識消失や筋硬直を伴う大ヒステリーの発作の時間経過についての表を作りました。シャルコーは神経学及び心理学の発展途上の分野に大きな影響を与えた人物です。のちの精神医学をリードしていくジャネやフロイトも彼の門下として学びました。

 

(1)前兆期

前兆(卵巣痛は発作の始まりの告示であると同じく、持続的なサイン徴候である)。

(2)発作期

いわゆる発作。叫び声、顔面蒼白、意識喪失、卒倒に続く筋肉硬直。この時期は、てんかん性、あるいは類てんかん性といわれる。

(3)おどけ症期

つぎに来るのが、「間代性」、あるいは「おどけ症的」と言われる時期である。ここでシャルコーは「すべてがヒステリー性だ」と言っている。それは大げさな運動であり、意図的性格の身体の捻転であり、情念、恐怖、不安、あるいは憎しみなどを身振りであらわす芝居ががった仕草である。

(4)消退期

すすり泣き、涙、大笑いを特徴とする消退期である。

 

その他、シャルコーは、大ヒステリー患者がカタレプシー(蝋人形のように一定の姿勢を取り続ける)、夢中遊行を呈する症状を指摘していました。

 

◎前兆期は、過剰な警戒から緊張した状態で、頭の中であれこれ考えていますが、ある事柄が引っ掛かって、喉がつっかえていきます。首と肩が硬くなり、動悸がして、発汗、頭痛、顔全体が熱ぽくなります。

 

◎発作期は、対象に逆撫でされたと感じ、怒りから闘争・逃走スイッチが入って、交感神経が興奮します。動悸は激しく、胸の締めつけられる痛みがあり、呼吸は浅く早く、過剰に覚醒します。それと同時に、急速に背側迷走神経が働くため、身体がこわばり、凍りついていくことで、呼吸はほとんど出来なくなり、心臓が止まりそうになり、顔面蒼白、めまい、ふらつき、痙攣、叫び声、パニック、意識喪失に至ります。

 

◎おどけ症期は、身体が固まり、凍りついて、過度な自己否定や自傷行為、自暴自棄な行動を取ります。爬虫類脳が優勢で、今の状況の見極めがつかなく、臆病で冷たく、残忍で凶暴です。過去に引きずりこまれて、理不尽なことをした人物への憎しみに狂って、手がつけられなかったり、自分を世話してくれる対象の注意を引くため、尋常ではない行動を取ったりします。

 

◎消退期は、身体に滞っていた過剰なエネルギーが放出していくとともに、とても悲しんだり、愉快に笑ったりします。そして、本来の自分が現実世界に戻ってきます。

 

精神分析家のシャーンドル・フェレンツィは、「恐怖が、感情と思考を互いに引き裂く力となった。その同じ恐怖はしかし、今でもずっと働き続けている。つまり、たがいに引き裂かれた心の内容を今もなお隔てているのはその恐怖である。今まで隔てられてきた心の部分と突然触れることになって、けたたましい爆発が起きるーー痙攣、感覚と運動にあらわれる過敏な身体症状、躁的な怒りの爆発、そしてたいていの場合、抑えることのできない笑いで終わる。これらは統制できない情動運動の表現である。消耗しつくすと、比較的落ちついた、悪夢から目覚めたときのような状態がやっと訪れる。」

 

▶フロイトのヒステリー研究

 

19世紀後半にシャルコーの催眠術による治療を経て、ヒステリーの心因性が分かった。フロイトはヒステリーの目的を求め、症状には目的があるとし、ブロイアーは無意識によって耐えがたい記憶が検閲され、症状という形をとって表出していると考えた。ユングは夢遊状態、憑依状態から二重人格型の状態に注目した。

 

フロイトは、ブロイアーと協同により、1895年にヒステリー研究を書きました。今では心的外傷や解離性障害の概念に通じるものです。症例として載せているのは5例です。ブロイアーは、アンナ・Oは1880年から1882念にかけて催眠を用いた治療を試み、催眠カタルシス療法の原点になりました。治療の方は、症状が一時的に和らぐということがありましたが、アンナ・Oがブロイアーへの転移感情が高まり、治療は中断しました。エミー・フォン・N婦人は、フロイトは催眠をかけたりしていましたが、自由連想法の道が開けました。エリーザベト・フォン・Rは、フロイトが手がけたヒステリーの分析的治療です。

  

ヒステリー発作やカタレプシーは、無力な人や虐げられてきた人によく見られる現象で、凍りつき、痙攣、パニック発作、叫び声、解離性昏迷、不動状態からの覚醒のような状態です。また、過去の外傷体験、部分的外傷体験への想起、解離性フラッシュバック、あるいは変性意識状態による人格変容や人格交代と類似しています。

 

▶ヒステリーを起こす人は

 

ヒステリー発作は、身体の中にトラウマを閉じ込めていて、恐怖や恥、苛立ちを感じると、癇癪を起したり、頭が真っ白になったり、身体が硬直したりしてしまう人に見られます。様々な心身症状があり、感覚麻痺、視野狭窄、痙攣、運動麻痺、凍りつき、崩れ落ち、健忘、朦朧などの典型的な解離症状があります。ヒステリー発作が起きるときは、本人が相手を敵であると認知しているような時で、胸がざわつき、恥や怒り、不快感が沸き起こり、その場にじっとしていられなくなって、居てもたっても居られない衝動に駆られます。そして、身動きが取れずに、痛みに凍りつくことにより、理性ではコントロールできなくなって、怒りや興奮を剥き出しにします。その結果、周囲は、理性で抑えらない人を見て、できれば関わりたくないと思うようになります。そのため、ヒステリー発作を起こす人は、自分が変なように思われていないかを気にしやすく、世間体を気にしたり、周囲の視線に怯えています。そして、集団のなかでは、孤立しがちで、自分のことをヒソヒソと噂されていないかを気にして、恥をかかないように外面を良くしようとします。しかし、神経が過敏で、警戒心が強く、周囲に危険があるかどうかを気にしすぎて、周囲とズレていくようになると、思うようにいかないことが不快になり、再びヒステリー発作を起こすという悪循環に陥ります。

 

参考文献

Etienne Trillat:(安田一郎 訳、横倉れい 訳)「ヒステリーの歴史』青土社 1998年

シャーンドル・フェレンツィ:『臨床日記』(訳 森茂起)みすず書房

 

▶ヒステリー女性

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ