人格の分裂的事象

▶人格の分裂的事象

 

解離症状が酷くなると、自分がどんどん小さくなって、着ぐるみを着ているような感じになります。

暑さや寒さを感じなくなり、

 

普段が人の気配に怯え、恐怖の中で生きているのに、身体の感覚が麻痺すると、怖いというのが全くなくなります。

ガラっ性格が変わって、怒り出します。

 

 重篤なトラウマがある人は、新しい変化や想定外の事態に弱く、すぐに体が固まり、体から離れて人格交代します。

 

敵を目の前にしても、私なら戦えると思い

体が軽くて動けて戦って、日常生活を正常に過ごす部分と、

 

敵がいつ来るかどうか警戒して、緊張し、焦りを感じていて

体がしんどくてどんどん固まってうごけない部分に分かれます。