発達早期のトラウマによる破局と分裂

発達早期のトラウマによる破局と分裂

 

発達早期(乳児期から児童期)に切迫した環境で切迫した選択支に迫られ、持続的・反復的にストレスに曝され続けている子どもは、この冷たく厳しい現実から生き残れなくなります。

 

①絶体絶命の境地からの生か死か、あるいは、加害者と戦うか逃げるかという状況のなかで戦慄と恐怖と無力感から身動きがとれない。

 

②愛着対象との関係で、しんどくて離れたい/くっつきたいという力と力がぶつかり合うなかで、なおも愛着対象からの見捨てるという脅しに恐怖し、無力になり選択肢がなくなる。

 

③赤ん坊が探索行動をしようとしても、養育者が恐怖を与えてくるので、どうしようと焦ってしまって、身体を動かそうとしても、身体は恐怖と無力感で麻痺していき、正常に反応することができない。

 

いじめにあって、恥をかかされた憤怒/戦っても勝ち目がない無力な自分という力と力がぶつかり合うのなかで、周囲の視線に拘束され、自分で自分であることを最大限に抑制する。

 

医療の手術中に、麻酔をしないとか中途覚醒してしまって、お腹を切られ、熱いものを当てられ、ぞっとするような恐ろしい痛みのなかで、言葉に出来ずに身体を動かせずにいる。

 

①~⑤のような状況にあり、強い葛藤状態から身動きが取れず、正常な反応が妨げられて、孤立無援状態に陥り、そのうえで他者の力により押さえつけられるか、無視されると破綻(凍りつき、不動化、崩れ落ちる)を迎えます。言い換えれば、戦うか逃げるかの状況の中で、瞳孔が開き、アドレナリンに溢れて交感神経系の昂りに混乱し、他者に拘束されるか、あるいは、自分で最大限に抑制しようとして、凍りつきや解離によるシャットダウンが起こり、頭が真っ白になって、その場でうずくまり、自分が自分でなくなる破綻を迎えます。

 

その後、茫然自失から回復しても、自己の内部システムは崩壊しており、自己を構成する各部分がスペクトルの両極に分かれてしまうことがあります。一方は、興奮していて、恐怖や激しい怒りのような情動であふれている「過覚醒」で、もう一方は、大人しく従順で、抑制的に振る舞い、危険な人物に対しても愛着を示し、忘れっぽくて、あいまいな自己感覚や身体感覚を抱えている「低覚醒」です。人によって両極(過覚醒-低覚醒)の振れ幅は違いますが、一日のうちにこれらの間を行ったり来たりして二重の自己状態(人が変わったように)に陥ることがあります。過覚醒は、身体や情動を司る神経系に過剰なエネルギーが流れていて、刺激に対して身体(四肢)が勝手に反応し、理性が利きにくく、興奮した状態です。危険がないかどうかを確かめようとしており、不安や動揺が高まると、自分を落ち着かせようとして過食、アルコール、セックス、人への依存、暴言、暴力などの行動が止まらなくなります。身体機能は向上していますが、緊張していて、胸の圧迫感、呼吸数、心拍数は多くなり、血圧も高く、発汗、頭痛、便秘などが見られます。低覚醒は、理性の働きが弱くなり、眠気があるような状態です。また、思考が混乱しやすく、自分では判断しづらくて、抑うつ状態とも言えます。最も古い原始的な神経系の働きが優位になると、刺激に対してシャットダウンを起こし、無感覚や無力感に満ちた状態で、麻痺、虚脱、エネルギー切れなどがあります。身体は虚弱体質になり、喉や胸が締めつけられるように苦しく、呼吸数、心拍数は少なくなり、血圧も低く、めまい、吐き気、腹痛、下痢など見られます。

 

また、トラウマを負った人の精神性の中核部分は、機能停止状態にあって、幼い頃の子どもの部分が小さくなり身体のどこかに閉じこめられているとか、石に変えられているかもしれません。この子どもの部分は、ときどき夢の中に現れて、子どもの頃に過ごした家の近くの公園にいたり、深い森のお花畑で眠っていたり、ガラスの泡の中に閉じ込められていたりします。

 

発達早期のトラウマとは

 

発達早期(乳児期から児童期)のトラウマというのは、子どもが虐待的な環境に置かれていた場合だけに限りません。例えば、ぞっとするような事件、事故、自然災害、性被害、手術中の医療ミス、出生時の医療措置の影響、母胎内の環境、化学物資への暴露、猛烈ないじめ、熾烈な受験競争、養育者の死別や離婚、施設暮らし、養育者に精神疾患や発達障害がある世代間伝達トラウマ、養育者に未解決のトラウマがあって、この世界に酷く怯えているため、子どもを条件付きでしか愛せないことでも起こります。また、生まれ持った資質の弱さや発達のアンバランスさがある子どもは、家庭、学校、子どもを取り巻く生活空間の全体がストレス過多になりやすく、トラウマ(恐怖と麻痺)化する可能性が高いです。発達早期にトラウマを負った子どもは、感覚過負荷の状態にあり、警戒心が過剰で、あらゆる刺激に注意を向けられ、注意や集中面に問題を引き起こします。そして、恐怖や痛みを感じる刺激に対して麻痺しやすい反面、攻撃的になることもあり、反応や行動の仕方が極端になります。幼児期の頃は、反応性愛着障害になり、学童期の頃は、多動性行動障害が見られて、ADHD(注意欠如・多動性障害)の症状に類似しています。また、思春期の頃は、低覚醒と過覚醒の間を行き来しており、過覚醒の場合は、複雑性のPTSD症状で、低覚醒の場合は、解離性症状に発展します。そして、青年期以降は、麻痺や不動化によって、低覚醒に支配されている場合は、うつ病、解離性障害、離人/現実感喪失症、失感情症のようであり、一方で、低覚醒と過覚醒の振れ幅が大きく調整が困難な場合は、気分障害、双極性障害、複雑性PTSD、境界性パーソナリティ障害、解離性同一性障害のようであり、さらに、生物学的な脆弱要因が強く、了解困難な現象であれば、統合失調症の診断が付くかもしれません。

子ども時代の慢性的トラウマの影響

発達早期の慢性的トラウマの影響と問題行動

 

複雑性PTSD(小児期の逆境体験)を負っている子どもは、脳のフィルターが機能しておらず、常に臨戦態勢で、感覚過負荷の状態(あらゆるものに注意が向けられ、それらの刺激に注意が集中していくため、脳や身体は休まらず、自分の方に意識が向けられない)にあります。たとえ、ほど良く元気に過ごしていても、過剰な警戒心や過敏性の高さから、一切気を抜けないため、注意や集中に問題が起きて、すぐにエネルギーが切れやすく、過集中、集中困難、多動性、衝動性、注意欠陥、感覚鈍麻、視野狭窄から問題行動を起こします。例えば、①恐怖やストレスが強まると、自分の世界に入り込んだり、フィルターがかかったりします。②警戒心が強くなると、周りを気にして、集中できなかったり、もの忘れしたりします。③過覚醒のときは、自働的に身体が勝手に動こうとしたり、自分を落ち着かすために、ある事に過集中になったりします。④低覚醒のときは、ぼーっとしていて、外からの刺激を受け取りにくくなっています。⑤情報処理が過剰になると、視野狭窄や意識を狭めて対処していきます。⑥あらゆる刺激が頭の中に入ってくると、いろいろ浮かんできて、過剰思考になることがあります。ここからは、発達早期に慢性的トラウマを受けると、どのような影響や問題行動がでるのか、その流れを記述していきます。

 

子どもの頃にトラウマを受けると、自己認識力や自制心がまだ育ち切っていないので、少しの刺激に対してもあまりに反応しやすく、肩や首、顎に力が入り、身体が勝手に外側に向かって動きます。また、自分の心を落ち着かせて支えてくれる大人がいない場合は、自分の行動や感情のコントロールがさらに難しくなります。そして、些細なことで苛立ち、パニックになり、癇癪を起こすことで大人によって押さえつけられるとか、放置されることで、外傷体験を重ねていきます。外傷体験を負っている子どもは、交感神経が活発に働き、軽いストレス刺激(光景、音、声、視線、情動)にさえ、動物的で反射的に危険を感じて過剰に警戒するため、ストレスホルモンが慢性的に増大し、臨戦態勢(闘争・逃走)のスイッチが入りやすい状態です。そして、物事に集中しているときに、些細な問題に直面すると強烈に苛立ち、興奮することで闘争・逃走などの過覚醒状態に入ることがあり、自分の意思でその活動を止めたくても自分の意思が全く効かなくなる場合があります。

 

両親や教師、同級生とのトラブルの際に、神経システムの負荷がかかりすぎると…

①解離性健忘(身体が勝手に動いて、闘争・逃走状態のときのことを覚えていない)

②人格交代(無表情になり、固まるとか眠りのあとに人格が交代する)

③記憶は連続しているが、性格が変化して(逆上していて)コントロールが効かない

④離人(暴れている自分を、背後からうっすら見ている)

⑤パニックや過呼吸

⑥PTSDの再体験、侵入、フラッシュバック

⑦脳のシャットダウンによる不動状態

⑧身体の麻痺や凍りつき

などが生じて、周囲とのトラブルを繰り返し、長期反復的にトラウマを負います。

 

そして、自分の行動が自分の思う通りにいかず、自分が勝手に動き出すという感じで、自己中心的な行動を取ります。学校では、攻撃的で乱暴で問題行動をとり、教師や仲間とトラブルを起こします。先生に手厳しく怒られたあとも、落ち込んだすぐそばから、また同じ問題行動を繰り返します。日常場面においても、スポーツをする、ゲームをする、競争する、セックスをするなどの気分が高揚するときに、通常の人の覚醒水準とは異なる興奮(過覚醒)になり、弱肉強食の世界で生き残るための力とかスリルを求め支配/破壊的な活動をする場合があります。そのため、トラウマを負っている子どもは、みんなと同じようにできない自分を責めたり、落ち込んだり、イライラしています。また、相手に合わせようとして、良い子で頑張りますが、身体は過度に緊張しているので、感情や自己調整能力に障害が出てしまって、恐怖や疲労が強くなると凍りついていき、怒りが強くなると感情に支配されて、自分の意識がどこかにいくこともあります。

 

中学生以降は、自意識の高まりや理性の発達に伴い、トラウマによる過覚醒による問題行動を抑制しようとして、自分の感情を表現しなくなり、感覚を無くしていくことを覚えていきます。そして、周囲に良い子でいれば、自分に悪意を向けられることもなく、人から傷つけられることもなくなります。また、自分を守るために、無表情で無感覚とか、不機嫌で無口とか、良く見られたいとか、大人のふりとか、ひっそりと目立たないとか、引きこもりになるなど様々なタイプに分かれていきます。

 

▶愛着システムと過覚醒(闘争)システムの分断

 

養育者が虐待的で、発達早期にトラウマを負った子どものなかには、あたかも正常に日常生活を過ごす状態(愛着を求めるシステム)と興奮した状態(力やスリルを求める過覚醒システム)に分断され、過覚醒システムに乗っ取られることがあります。そして、愛着を求めて、あたかも正常に日常生活を過ごす状態の背後に、過覚醒システムに駆動された力やスリルを求め支配的な人格部分を抱えることがあります。また、愛着対象との関係を気にして自己抑制しようとする動きと、本能のまま力で対抗しようとする動きが葛藤を生み出し、背側迷走神経が優位になると、原始的な防衛システムが作動し、凍りつきや降伏した状態(活動性が低下している低覚醒システム)になることもあります。その結果、一人の人のなかに、過覚醒(興奮、攻撃的)と低覚醒(無表情、不動)、愛着を求めるシステム(従順、世話人にくっつきにいく)が同時にあり、入り混じり、変動していき、一日のうちに人が変わったように見えます。

 

▶愛着システム

 

愛着システムに作動された日常の大部分を過ごす人格部分は、子どもの頃から、毎日が恐怖の連続でとても恐ろしい世界に生きていると感じています。夜中に悪夢にうなされ、日中は、大人の身勝手な言動に翻弄されたりしています。家庭や学校の生活空間は安全な場所ではなく、手の平を返されたように大人の態度が変わるように本人は感じており、ガラガラと崩れ落ちる絶望の中にいます。フラッシュバックや悪夢に襲われると、全身に汗をかき、危険に対する警戒心と感覚過敏が常に強いため、緊張状態になっていき、日常生活に疲弊しています。また、何かに夢中になる場面では、過剰に覚醒されられてしまって、エネルギーが切れそうになると、集中力の低下とか、人の話を聞けないとか、ぼーっとするとか、面倒くさくなるとか、苛立ちやすくなります。

 

解離性健忘により、前日までの記憶がリセットされると、良くない出来事などを忘れたりしますが、いつもコミュニケーションのすれ違いが起きて、トラブルが頻発します。自分はいつも傷つけられた被害者であると認知していくと、この世界がとても恐ろしいように感じていきます。また、相手の表情を怒っていると認知しやすく、相手の言った言葉を否定的に捉えてしまうことがよくあります。あとは、瞬間的な忘却のおかげで、自分が不条理な環境に置かれていることを忘れることができますが、何度も同じ失敗を繰り返すことになります。また、注意や集中の問題から、ぼーっとして自己意識が低下すると、時間感覚が止まるため、遅刻をしてしまったり、さっきまでやっていたことを覚えていないため、忘れ物が多くなります。

 

トラウマの中核には、恥や無力感が膨らみ、自分が小さくなって、黒い渦に吸い込まれる恐怖や身体の中に閉じ込められる恐怖があり、死を恐れています。そして、自分が死ぬんじゃないかという怯えから、必死に生き残ろうとして、しきりに安心感を求めているため、強くて優しい大人を愛着対象にしてくっつこうとします。しかし、それが失敗に終わると、今度は、愛着対象から注目されようとして操作的な動き(他者を巻き込む)を見せたりします。また、愛着対象や周りの人から褒められたいとか、認められたいという欲求が人一倍強くて負けず嫌いなところがあります。しかし、虐待または見捨てられ体験が想起されたり、予想外の問題に直面したり、興奮が高まる場面では、自分を調整することが出来ずに、過覚醒の反応を示し、顔つきや口調、性格が変わるとともに問題行動を起こしやすくなります。また、愛着対象が怖かったり、見捨てられた場面では、恐怖心が強くなり、離人症のようになって、母親を求めて心の中で叫び声をあげながら、宇宙空間に一人放り出されたような孤独感に襲われ、恐ろしいイメージに変わることがあります。

 

愛着システムは、対象を求めることに条件づけられており、対象と一体感を得て、幻想的な関係を結ぶことで、人から傷つけられる恐怖や身体症状を和らげて、生活全般の困難への守りとして機能し、一時的な至福や安心感を得ています。その一方で、虐待的な環境にいる場合は、対象を求める気持ちが溢れても、それは叶わず、また傷つき、落ち込んで、麻痺することを繰り返していきます。そして、日常生活が限界を超えていくと、息が苦しくなり、視界に霧がかかって、ぼーっとして、何も感じないように、何も考えないようになり、離人感や身体の内側に引きこもるようになります。また、生活全般をこなすことが困難になっていくと、絶望の気分のなかで、夢と現実の境目が無くなって、自分が誰なのかも分からなくなります。このように慢性的にストレスホルモンが高い状態が続いていくと、通常のリラックスした状態に戻れなくなってしまい、①緊張→過覚醒→怒りやエネルギー切れ、②エネルギー切れ→低覚醒や不動→覚醒の生物学的メカニズムの中に閉じ込められていきます。さらに、些細な刺激に対しても、脳は過剰に反応し、ストレスを感じるため、ストレスへの耐性も低くなり、体や脳が炎症を引き起こしやすく、慢性疾患や原因不明の身体症状、解離性症状、小児期うつ、慢性疲労、慢性疼痛などに罹りやすくなります。解離性の身体症状としては、原始的な神経系の働きにより、呼吸、心拍数、血圧の上昇と低下の激しさ、パニック、めまい、吐き気、腹痛、麻痺、声が出ない、聞こえない、歩行困難、不動状態などになります。

 

▶過覚醒システム

 

過覚醒システムに駆動された力やスリルを求め支配的な人格部分は、身体が過剰なエネルギーで溢れていて、ストレスホルモンが絶えず高い状態にあり、エネルギーは外に向けられて、活動性が上昇しています。しかし、危険を感じて些細なことで苛立つので、学校の同級生からはよそよそしくされたり、煙たく思われたり、仲間外れにされたりします。学校の教師からは、周りと協力できないとか、自分勝手だとか、相手の気持ちを理解できないとか、すぐにキレるという理由で要注意人物とされやすいです。また、親との相性は最悪なので、さらなる虐待を呼び込みがちです。状態としては、何も感じなくて、ある目的(愛着システムの部分を守るなど)を持って行動しています。そして、よくわからない正義感(裏には、理不尽な扱いを受けた被害感情)から、思いがけない危機を乗り越えていく力を持っています。しかし、悪い方に暴走してしまうと、大人に刃向かって衝突を繰り返し、処罰を受けて、好奇の目に晒される悪循環にはまると、この世の不条理さから悪魔的思考や狂気に駆られることがあります。その結果として、かなり異なった自己状態・感情状態を自分のなかで抱え、まるでジェットコースターのように気分が短時間で変動するような境界性パーソナリティ障害や、異なった自己状態を抱えらない特定不能の解離性障害や解離性同一性障害を発症する場合があります。 また、子どもの頃は、疲れて無表情なとき(低覚醒)と、元気で衝動的なとき(過覚醒)の行動が極端であり、ADHD症状の注意欠陥、衝動性、多動性とほぼ類似しており、間違った診断をもらっている子どもが多いと言われています。

 

▶被虐待児の心の傷 ▶子どものトラウマ症状 ▶子どもの心理療法 ▶境界例の子どもケア ▶心の中の天使と悪魔 ▶愛着システムと過覚醒システムの分断 ▶解離性症状の子ども ▶虐待する保護者の問題 ▶児童虐待 ▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ