小児トラウマによる変性意識状態と人格変容
心の中の天使と悪魔の戦い

 

被虐待児のなかには、複数の解離的なこころを持っており、「心の中には、天使と悪魔がいて、今まさに戦っている。」と表現する人や、「私の中には、怒っている私と悲しんでいる私がいる。」と表現する人がいます。天使と悪魔といった二面性を持つ内的な人物像は、ユングが元型論でトリックスター元型として取り上げられたものに近いと思われます。また、天使の部分は、フェレンツィの述べた知性や優しさそのものである守護天使のようであり、悪魔の部分は、フロイトが強調した過酷な超自我、クラインの悪い乳房、フェアバーンの内的破壊活動家のようなイメージに近いと思われます。天使や悪魔的な内的人物像は、過酷な状況下に対処するために意識を変性意識状態に置いて人格化したものです。

 

老いゆく賢い子どもと身代わり天使となる子ども

 

この内的人物像は、子どもが更なる虐待(理不尽な躾や罰による拘束状態)により、強制的に自由を奪われる環境に置かれて、精神や肉体が耐えれなくなると、ある種の変性意識状態を通じて老いゆく賢い子どもや、身代わり天使となる子どもに人格化します。そして、その場面にふさわしい人物が出てきて役割をこなします。老いゆく賢い子どもは、本人の困り事に対して、教え導き支えとなる存在です。どっしりと腰を据え、世話する大人に対して先見的な助言をするなど、子どもながら賢く、成熟しています。ただし、苦労してきているのか、聡明さの代わりに表情は疲れ切っています。役割としては、解離性の交代人格システムの切り替えの連なりをコントロールしているようです。その老いゆく賢い子どもとペアを成すのが、身代わり天使となる子どもです。天使のようなニコニコした表情をし、世話をする大人に対して、何かを懇願する目、まばたき一つしない真正直な目をしていて、従順な良い子、優等生でいます。この天使のような人物像は、日常を過ごしている私が出来ないような過剰奉仕が出来るので、ペナルティやお仕置きを自らが引き受けます

 

トリックスターな子どもと悪魔的な子ども

 

しかし、自分自身を守護する天使でさえもこの苦難を乗り越えられず、見捨てられた場合は、善でも悪でもない無秩序な状態に置かれ、予測不能な動きを始めます。先ほどまでの優しい顔から、おどけた顔に一変し、先見的な助言も虚言であると言い張り、トリックスター(ペテン使)な子どもに変わります。半ば面白半分、半ば悪意のある狡猾な悪戯をし、周りを引っかき回すのは、相手に注意を向けてもらうことを目的としています。そして、相手を誘い出したら、自分の言い分を通そうと取り引きを始めます。しかし、その取り引きに世話する大人が応じないと、ストレスホルモンの高まりとともに、悪魔的な子どもが姿を現します。この子どもは、支配的かつ反抗的で、暴君のように振る舞い、物に当たり散らします。しかし、子どもは大人の力に敵わないので、さらなる拒絶や処罰を呼び込みます。こうした悪循環を繰り返すことで、もともとの基本人格の力は弱まり、天使と悪魔の部分が成長していきます。また、基本人格は、天使と悪魔といった自己部分に取り憑かれながら生活しています。なお、トリックスター的な子どもは、破壊的にもなりなすが、世話をする大人に思いやりがあると天使に変わります。

 

▶第ニの心的グループのまとめ

 

強制的に自由を奪われる環境に置かれると、子どもの精神状態はその状況に耐えらなくなり、破綻を迎えます。第二のグループに属する人格たちは、この状況に対処するために交代します。ストレス値が低いときは、大人に対して従順で良い子で頑張る「身代わり天使」が代わりを担います。中間の状態では、あらゆる障害を身体ひとつで曲芸飛行で乗り切ろうとする「トリックスター」が代わりを担います。最終的に、状況を変えることが出来ず、ストレス値が高まると「悪魔的な人物像」が姿を表します。それら第二グループを管理している人格が知的な「老賢者のような人物像」であり、この人物は、最初に現れること多く、世話をする大人に対して、自分たちの子どもを救うためのヒントや助言を出すことがあります。