ヒステリーの女性

▶精神分析的には

 

精神分析では、ヒステリーの女性は、子どものときの性的な事象が関係していると言われてきました。現代の精神分析でも、母親との愛着関係に失敗したあと、父親を求めにいきますが、そこで性愛的な情緒が刺激されるとヒステリーになると言われたりします。もともと神経の発達に問題があるか、愛着障害があるか、夫婦が不仲で良い子でいるか、機能不全家庭で育つか、そこに性的外傷などの外傷体験を受けることにより、恐怖に凍りつくトラウマを負っている人がヒステリーに罹りやすいと考えています。

 

ヒステリー研究では、アンナ・Oが出てきます。彼女は、衰弱、頭痛、視覚障害、感覚喪失、麻痺、意識の途絶、厳格、言語障害などに苦しんでいました。彼女は、二つの意識状態を持っており、それは突然切り替わり、一方は、悲しげで不安そうで、品の高い教養がある、あたかも正常にみえる人格です。他方は、幻覚があり、下品な態度や卑猥な発言をする病的な人格がいて、交互に出てきました。このような症状を持つ人は、現代的には、解離性障害(特定不能の解離性障害)や境界性パーソナリティー障害と呼ばれる人になります。

 

▶ヒステリー女性の特徴

 

ヒステリー性の癇癪や感情の爆発は、交感神経系に乗っ取られて、過覚醒のときに生じます。このとき、理性で情動t的人格部分や四肢の身体反応をコントロールしようとしても、頭と身体が別々の方向を行動しようとするので、ストレスがかかり続けて、身体が耐えきれず苦しくなります。また、頭と身体が合致すると、ゾワゾワするような不快な身体感覚が取り憑かれるかもしれません。

 

①自分のことがよく分からない

ヒステリーの女性は、些細な刺激に対しても、興奮しやすく、感情が激変して、自分で感情をコントロールできなくなります。そして、感情が昂ぶりすぎたり、落ち込んだりして、気分の振れ幅が大きい状態を行き来しています。そのため、自分が自分で無くなったり、自分のことが分からなくなることがあります。

 
②様々な心身の症状により
警戒心の過剰さから、視野狭窄が起きて、危なっかしい行動を取ります。神経の働きがある段階に戻ると、声が幼くなります。身体の痙攣や運動麻痺により、約束していた予定の場所に行けないことがあります。健忘により、異常な行動の時の記憶が抜け落ちたりします。日常の辛いことを忘れようとしてお酒を飲んだりします。

 

③痛みに凍りつくと

子どもの頃から、暗い場所にいて、そこから抜け出せず、生まれてこなければ良かったと思っています。長い期間、過酷な環境にいると、明るい未来の情景を思い浮かべることをできません。そして、逃げ場所がなく、選択肢もなくなると、頭が真っ白になって、身体は凍りつき、悪魔が取り憑きます。この悪魔は、痛みを食べて成長していきます。そして、悪魔の方が本来の自分に取って代わって生活を送るようになります。悪魔は痛みによって成長するため、自分を満たそうとせず、自分を傷つけたり、人に軽蔑されるようなことをします。明るい世界を見ることが辛くて、喜びを与えず、自分の得た幸せを壊そうとします。

 

④感情のコントロールの難しさ

一般に、身体の内側に情動的人格部分を持っていることが多く、あたかも正常に日常生活を送ろうとしても、外からの精神的ストレスにより、自分が自分でいることを保てなくなります。 最初のうちは相手に合わせようとしていても、やがて無理に合わせていることに耐えられなくなります。ストレスが高まり、交感神経系が過剰になると、内側の激しい怒りの感情のコントロールができず、攻撃的になり、自分の意志に反して四肢が動くなど、人間関係をことごとく失敗していきます。そのため、あまりよくない状況が安心で、嫌な結果になっても想定通りで、自分は幸せになれないという結末を演じます。

 

⑤自己嫌悪と否定的認知

自分は嫌われていると思っていて、どんな場面でも否定的で悲観的な情景が浮かびます。 恋人が他の女性を見ているとやきもちを焼きます。恋人が一人でテレビや趣味に没頭しているときは、どうせ自分なんていらないと思って怒り出します。自分が一番でいないと耐えられません。

 

⑥対象を求める質が極端

他者を思いやれる心の余裕がなく、相手と自分が違うことが脅威で、自他の区別があまりできていません。自分を理解してくれていないと適当に扱われているように思って、相手を罵ります。また、相手が自分の思い通りに動いてくれないと、イライラしたりします。誰かに話を聞いてもらいたくて、自分のことを分かってもらえていると安心できます。 

制作中

 

▶ヒステリー研究 ▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ