自傷行為

▶自傷行為

 

自傷行為とは、自分の身体を傷つけたり、毒物を摂取することであり、死にたいという気持ちがある自殺とは異なります。自傷行為の要因としては、虐待、トラウマ体験、自己嫌悪と過剰な自意識などがあると考えられます。背景となる精神障害には、境界性パーソナリティ障害、双極性障害、PTSD、解離性障害、統合失調症、知的障害があります。

 

自傷行為は、自分を傷つけたいと思って行いますが、自殺リスクとも関連性があり、自傷行為を行う人は一年以内に自殺死亡リスクが50-100倍であるという報告もあります。

 

痛みや暴力を受けてきていることがあります。内側には燃えさかるような激しい」怒り、凍りつくような痛みがあり、それらは抑えがたいために自傷行為に及ぶ人がいます。

 

母子関係のこじれで、子どもが母親に言いたいことが言えないとか、母親に考えごとをおしつけられたり

解離性障害では、記憶や意識のないなかで自傷が起きます。自分の身体的な感覚が麻痺しているから、自分の身体を傷つける行動へと駆り立てられます。

自分を誰かにみてほしくてリストカットすることがあります。

自分の身体の感覚が感じられなくなって、過度の外部の刺激を求めて、自傷を行う。

より人間らしさを感じるための自己刺激だったり、

落ち着かせるために必要な行為だったり、

 

身体は生きたいけども、心は死にたいとなります。

激しい怒りが抑えがたくなり、自傷行為をします。

 

自分の体が固まり凍りつくときに、

 

 

▶自傷行為の動機

 

①周囲の目や気を引こうとして

②儀式として行う

③自分という存在を認識するための手段

④痛みによって救いを求める

⑤攻撃衝動を自分に向ける

⑥現実逃避の手段

⑦自分で自分を切り離すために