解離性の身体症状
▶解離性の身体症状(身体表現性障害と転換性障害)

 

解離性の身体症状は、転換性障害とも言われていて、身体表現性障害のなかに分類されています。ちなみに身体表現性障害は、転換性障害、心気症、身体醜形障害、疼痛性障害があります。この原因不明の身体症状は、神経学的検査によって説明のできない神経症状を示し、ストレスの多い出来事の後に、パニック、けいれん、失声、聞こえない、不動、麻痺、歩行困難、疼痛、不快感などを示します。これら、過度な緊張状態が続き、葛藤や目の前のストレスが心と身体に相互作用して、自律神経系や内分泌系、免疫系の乱れから起こりますが、医学的には説明できず、原因となる身体の異常が見当たらないのが特徴です。このような身体症状は、男性よりも女性にはるかに多く、様々な外傷体験のときに、闘うか逃げるかが出来なくて、凍りついたり、死んだふりで対処している人に起きると考えられます。つまり、恐怖による麻痺や凍りつきのせいで、トラウマという過剰なエネルギーが神経系に蓄積されてしまって、のちに他種多様な原因不明の身体症状を引き起こします。

 

身体表現性の症状で苦しむ前は、普通に暮らすことができましたが、様々なトラウマ体験により、いつの間にか、本当の自分はどこかいってしまって、記憶があいまいで、自分が一体何者なのか分からなくなっています。また人から傷つけられるのではないかという恐怖があり、過去に酷い体験をしていることが多いです。警戒心は過剰で、何かが起きても大丈夫なように、身体は身構えています。そして、緊張が高まると、身体はこわばり、汗をかき、自分を守ろうとして、肩は上がっていって、ある部分は硬直していきます。普段から、葛藤を抱えることが難しい状態にあり、自分の感情を抑制していますが、困難な状況への対処能力が弱く、不安でつぶれそうな状態です。ストレスがかかると、すぐに身体症状化してしまって、めまい、ふらつき、頭の中が真っ白、声が出ない、動きづらい、凍りつき、パニックが起こることがあります。また、怖がりな性格で、あらゆる外側の刺激に対して、過敏に反応するため、注意や集中に問題が起きて、頭の中で同時に二つのことをすることが難しいかもしれません。身体の体型としては、胃腸の消化器の活動性が上がっているため、痩せ型の方が多いです。

 

体調不良としては、腹痛、下痢、吐き気、めまい、立ちくらみ、頭痛などがあります。過去の嫌な記憶が蘇ったり、ストレスがかかる場面では、喉が詰まっているように感じて、息がしづらく、頭や胸は締めつけられるように苦しく、背中はギュッと縮こまり、お腹はピリピリとした痛みがあって、理由もなく涙が出てきます。頭、顎、喉、口、鼻、耳、首、肩、胸、背中、お腹、手、足のなかで、トラウマに曝された部分は過緊張から固まっていて、人との交流がうまくいきません。手足はピリピリと痺れていたり、動かしづらかったり、自分の胴体と繋がっていない感覚がある人もいます。解離性症状のある人は、ストレスの感じ方が分からず、自分の気持ちを話せず、無理して生活全般をこなしているので、全身に負荷がかかっており、自己免疫疾患や線維筋痛症、慢性疲労症候群、過敏性腸症候群などに罹りやすい状態です。これは、生活全般の恐怖や痛みに対して、過敏に反応してしまって、身体を硬直させていることと、トラウマという過剰なエネルギーを身体の中に閉じ込めているからです。

 

トラウマの解離性症状がある人は、金魚鉢のなかで泳いでいる金魚(人間)のような世界の中で生きています。これは、魚類に由来する背側迷走神経の働きの方が、ほ乳類のみの腹側迷走神経の働きより優位になっているからです。つまり、社会交流システムを司る神経の働きが低下していて、目、鼻、口、耳、頬、喉、胸が活動しようとしても、麻痺や凍りつきなど起こす解離反応を示すため、息がしづらいとか、声が出ないとか、耳が聞こえないなどの状態になることがあります。子どもの頃から、喘息気味で、息苦しくて、閉じ込められた場所から飛び出たいと思っているのに、抜け出ることができません。何度も自分を覆うフィルターにぶつかりながら、皆と同じことがしたいのに、身体の機能に制限がかかり、不器用でしづらい状態にあります。また、無意識のうちに人から傷つけられるのではなかという恐怖があるので、学校社会の集団場面での交わりが苦手で、身体が疲れやすく、自分を守ろうとしています。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ