離人感・現実感喪失症

▶離人感・現実感喪失症とは

 

離人感・現実感喪失症は、自分が自分の身体から抜け出したり、自分が自分の観察者になっているような状態のことです。そして、自分の時間軸や空間軸が分からなくなって、現実感が喪失していくことがあります。症状が慢性化すると、苦手な人の前では、もう一人の自分が出てきて、勝手に行動するようなことまで起きます。離人症は、不安感や抑うつ感に次いで、ありふれた精神症状の一つでありますが、ほとんど研究が行われていません。

 

▶離人感・現実感喪失症の原因

 

生活全般のストレス、特に子どもの頃の親子間のこじれや虐待、ネグレクト、DVの目撃などがあります。また、子どもの頃から、支配的な親や兄弟がいる家庭環境で育ちました。支配ー服従の関係のなかで、本音や本当の感情を言えず、我慢に我慢を重ねて、やりたくないことをさせられてきました。離人症では、自分のしたくない行動をさせられているうちに、頭を空っぽにすることで何も感じないようにする方法を学んでいきます。ストレスを感じるたびに、頭を空っぽにすることが習慣化していくと、次第に自分のことも相手のことも分からなくなります。そして、鏡や写真を見ても、自分であることが分からないことが起きます。

 

 

▶離人感・現実感喪失症

 

生活全般がストレスになると、離人症の人は、足元がふわふわして、宙に浮いているように感じています。自分が自分の中にいなくて、後ろから横から自分を眺めています。自分の周りに膜(ベール)がかかったように感じています。頭の働きが鈍くなり、絶えず霧の中にいるように感じています。自分の感覚が鈍くて、自分のことがよく分からなくなり、人と心響き合う関係が作れません。

 

離人症の人は、頭と身体が合致しません。本人は、喋っているつもりなのに、頭の中で考えているだけで、声に出ていなかったりします。また、誰かと喋っているときも自分の表情や声が自分のものではないよう感じます。身体を動かそうとしても、うまく動かなったり、気づいたら何時間もぼーっとしていたりします。酷い時は、さっきまで何をしていたのか思い出せません。夢の中にいるような気分で、現実感が薄れていって、時間感覚もおかしくなり、自分がどの軸にいるのかよく分からなくなります。本当に自分が今を生きている感じがしなくて、過去を生きているような気がします。あとは、胸の中が嫌なざわざわした感じが高まると、恐怖が最高になって、パニックなるか、過去に引きずりこまれます。

 

▶離人症の治し方・カウンセリング

 

離人症には、身体に働きかけるカウンセリングが有効と言われています。身体に働きかける訓練には、向き不向きがあるとは思いますが、半年から数年に渡り、継続していくことで、様々な症状に対して効果が現れます。

 

当相談室では、1分間の呼吸数を測り、正常な呼吸数に変えていって、生き生きとした表情を作っていきます。子どもの頃から、親に支配されて服従してきた人は、息を潜めて生活しているので呼吸の回数は少なくなります。次に、頭と身体が不一致な人には、身体に焦点を当てたアプローチが有効です。頭の中で、安心できる記憶や望ましいイメージを思い浮かべると、身体の血流や活動性が変化していきます。この身体内部の感覚や感情の変化を認識していくことで、頭と身体が一致していきます。例えば、良いイメージを頭の中に浮かべると、胸やお腹が苦しかったのが、温かい感じに変わります。また、自分の身体が過度に緊張していることに気づきを深めて、全身の力を抜いていくことを習慣化していきます。さらに、頭の中を幸せにして、身体の声を聞きながら、自由に体を動かすようなことをしたりします。このようなことに時間をかけていくことで、手足の感覚や空洞だった胴体が、内臓の感覚や筋肉の緊張、皮膚のはり、身体の重たさを感じられるようになります。

 

 ▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ