解離性症状


幼少期の頃から、とても辛い毎日で、様々な逆境体験により、降り積もった痛みが、心臓や胸の周辺に重くて硬い固まりを作り、喉がつっかえのようになって、息がしづらく、皮膚や胃腸などに炎症を引き起こします。身体に大きな塊や詰まりがあり、常に凍りついている人や混乱すると一瞬で凍りついてしまう人ほど、トラウマの重症度が高くなり、体の感覚が麻痺して、自己感覚が分からなくなります。意識(心)は身体から離れて、別の領域に飛び、典型的な解離症状を示すようになります。解離性障害の人は、身体の中にトラウマを閉じ込めているため、身体の生理的反応に混乱し、恐怖を感じて、心ここにあらずな状態になります。そして、辛いことがあると、1点を見つめてぼーっとするか、眠くなるか、集中力が切れるか、思考に注意が向けられるか、動けなくなるか、気を失うかなど、死んだふりの毎日になります。

 

子どものうちから、恐怖に怯え、その場でじっと動かずにいると苦しくなって、解離を使うようになると、痛みや不快な身体を切り離すことが可能になり、頭の中を空っぽにして、何も感じないようにすることができます。つまり、解離は、痛みやストレスを感じなくさせて、これ以上、身体の状態を悪化させないようにするという生体を守る役割があり、それなりに仕事や家庭、学校をこなし、あたかも正常かのように日常生活を過ごせるようになります。また、子どもの頃からの愛着対象のために頑張る力を与えてくれるものです。

 

劣悪な環境にいる子どもは、解離を使うことで、危険な状況にいるはずなのに、何も感じないようにしたり、死んだふりをして、その場を乗り越えることができます。その反面、危険な場所に留まり続けることを可能にして、心と身体を蝕んでいきます。やがて、苦痛に耐えることが当たり前になると、身体の感覚や感情は麻痺して、無表情になり、疲労だけは段々と蓄積されて、半分眠ったかのように生きる人生になります。

 

ストレスと戦うためのエネルギーが切れると、交感神経がシャットダウンし、好奇心や興味・関心を失い、人生なんかどうでもよくなり、抜け殻のようになって、日常生活を自動機械のように送ります。そして、たくさん傷つけられても、なにもないふりをして生きていくようになり、本音や本当の感情が言えなくなって、自分の考えていることが分からなくなり、自分が何をしてもいいかも分からなくなります。外からは一見うまくやっているように見えても、彼らの心は傷だらけで、身体のある部分は硬く、身体の中心は空っぽで、息がしづらく、手足に力が入らず、生きている実感が無くなります。

解離性症状のチェックリスト14項目


①解離による二重性

苦痛に耐えることが当たり前で、日常の役割をこなそうとする部分は、環境に順応して、自然な流れに慣れていきますが、一方で、環境に順応せずに、自然な流れを拒む部分が出てきます。この変化を拒む部分を、野性的な力を持っていて、反社会的で、恥やプライドがなく、その人の暗黒の部分を表します。そして、暗黒の部分は、生きながらに死んだような状態にある惨めな自分を見て楽しんだりします。

②理性的な部分と情動的な部分

理性的な部分が日常生活を送っていますが、神経は極度に張りつめ、体は慢性的に収縮しており、心と体は一致しません。ストレスに弱く、小さなことでも躓くために、嫌な場面では、自分の体から離れて、あちら側(妄想・空想)に飛んでいきます。一人で過ごしているときは、ぼーっとして過ごし、時間だけが過ぎているように体験しています。相手がいる場面で、トラウマのトリガーが引かれると、情動的な部分に乗っ取られて、暴言・暴力が出てしまうことがあり、本人は人に迷惑をかけていることをもの凄く気にしているか、逆に、人に迷惑をかけていることを分かっておらず、その間の記憶を無くしているかもしれません。

③頭(心)と体の分離

トラウマを受けると、体に痛みが刻み込まれるため、心は体を切り離して、頭の中の世界で生活するようになり、頭(心)と体が離れ離れになります。体はこの物理的世界の制限の中で決まりきった毎日を繰り返すロボットのように、そつなく日常生活をこなしています。嫌なことがあると、頭(心)は体から離れて、堀を越えてあちら側の世界に飛んだり、時間や空間の制限を超えることができます。あちら側の世界とは、空想や妄想の世界であり、現実とは違う世界になります。本人は、あちら側の世界こそ本当の現実だと思っていることもあります。

④喪失体験を期に解離症状

解離性障害の発症に度々みられるのは、愛着対象の喪失により、何時までも悲しみに暮れていたら、自分が自分でないような状態になり、自分のことが分からなくなる過程が怖くて、様々な症状が出てきます。もともと幼い頃に様々なトラウマがありましたが、喪失体験を期に、頭の中から命令する声が聞こえるようになり、気分が悪くなって、記憶も思い出せず、過呼吸、麻痺、フラッシュバック、凍りつき、震えなどが生じます。また、現実感が無くなり、頭の中がぼーっとして、夢の中で生きているように感じています。

⑤解離による自動症

解離性障害の人は、凍りつきや死んだふりの状態で、体が捻じれていたりバラバラになっていたりして、身体感覚に乏しく、手足や胴体が自分のものでなかったりします。そのため、日常生活において、自分の体を動かすのが大変になり、解離による自動症になります。自動症では、本体はじっとしていて、頭の中から命令する声のもとで、体が勝手に動いてくれるようになります。いろんな性格の自分がいるようで、一人になると本当の自分がわからなくなります。仕事モードの時は、仕事ができる自分が勝手に仕事をします。また、闘争・逃走モードの時は、手足が勝手に動いたり、口が勝手に暴言を言ったりする自動症があります。

⑥過覚醒の不眠や疲労からの解離

幼少期の頃から複雑なトラウマがある人は、嫌な記憶を忘れられずに、思い出されてしまうと、体は凍りついて、頭の中を考えがぐるぐる回ります。そして、過剰に覚醒させられてしまって、脳が休まらず、不眠が続くと、心は自分で檻の中に入ろうとします。日中は、ボヤボヤした夢と現実の狭間で、心と体は限界に達してしまうと、人格交代の解離が起きます。

⑦解離性健忘や時間感覚

記憶は、印象の強いものしか残らず、先ほど、食べたものや話した内容、自分が書いたレポートなど忘れてしまい、記憶が続きません。記憶が繋がらないため、時間の感覚が分からなくなり、気がついたら時間が立っています。

⑧感情や感覚の喪失

痛みの体は凍りつき、心は体から離れていくので、感情や気分の波は無くなり、嬉しい、楽しい、悲しいなどの感情が分かりません。このような状態でも、それなりに仕事や家事をこなして、ごく普通に日常生活を過ごせています。ただ、何も感じることができず、自分が自分で無くなってしまって、生きている意味もなくなります。ストレスがかかる場面では、自分のことをどこか遠くから自分を見ていたり、自分のこころの奥に隠れていたりします。

⑨身体・精神症状

普段から、原始的な神経の働きが過剰で、神経は張りつめており、体は慢性的に収縮しています。ストレスが掛かると、体は硬直し、恐怖になると、体は固まり凍りつくか、脱力してしまって、様々な体調不良が起きます。胸は息苦しく、肩を内側に寄せて、手足が痺れていたりします。嫌なことがあると、体の鉛のように重くなるとか、手足が脱力して動けなくなることがあります。また、めまいや頭痛、腹痛、吐き気、意欲低下、注意力散漫などの症状があります。

⑩対人関係

人の視線が怖くて、様々なリスクを考えて、様々なことを恐れており、頭の中を考えがグルグル回ります。外の世界が怖くなると、緊張が高まりすぎて、視野狭窄や自分の世界に引きこもる、身体が薄い膜のフィルターで覆われるなどが生じます。人の悪意に気づいてしまうと怖くなり、人とは細い糸でつながっていて、距離をつめにくく、甘えることができません。敵を作ったら、自分のことを悪く思われたら、大変なので、相手に悪く思われないように振る舞い、相手に合わせすぎる傾向があります。

⑪感覚の分からなさと凍りつきやすさ

自分の身体の感覚が分からなくて、楽しいと感じられない自分と楽しいと感じていた過去の自分との間でイライラ、モヤモヤしています。また、体が凍りつきやすいため、その場しのぎで、嗜癖行動や自暴自棄な行動を取ってしまうことがあります。

⑫安心感のなさから

体に安心感がなく、無表情で無感情なところがあります。自分では安心感を得られないので、相手から安心感を得ようとします。また、自分で自分を満たすことができないので、他者に満たしてもらおうとするところがあります。

⑬子ども時代の遊び

子どもの頃から緊張が強すぎて、自分の居場所がなく、一人遊びをしていたり、頭の中の世界で空想を巡らして遊んでいます。解離症状が強いと、常に体は凍りついているため、子ども同士で遊ぶことや自分の気持ちを言葉にすること、作業場面が苦手ですが、誰かと遊びたいと気持ちは身体のどこかに隠れています。

⑭味覚の変化

解離が強くなると、身体感覚が麻痺していくので、人によっては、辛いものや甘い物など刺激の強いものを無性に食べたくなり、味の好みが激変します。

 

トラウマケア専門こころのえ相談室 

論考 井上陽平

 

▶ネット予約 ▶お問い合わせ