過食症とむちゃ食い型

▶過食症

 

食べることがやめられない過食症には、排出は行われないむちゃ食い型と、主に食べたものを嘔吐、下剤、過度な運動で排出しようとする過食嘔吐型があります。過食症の人は、複合的なトラウマを負いながら、長女に多く、親に支配されて育っていることが多いと言われています。彼らは、自分に自信がなくて、感情を抑制し、母親の顔色を伺っていて、母親に依存するようにコントロールされています。そして、母親の前では良い子として育ちます。しかし、本当の自分は自信がなくて、無力なので、痩せて綺麗になりたいという理由から、過度のダイエットが始まり、全身は飢餓状態になることで、その反動が起きて、過食衝動が沸きます。また、周囲の身勝手な行動に振り回されて、無力感や孤独感に打ちのめされてきましたが、溜まった怒りをぶつけることが出来ませんでした。ストレスが過剰になると、身体の方は、警戒心から緊張していき、すっかり闘争・逃走モードに染まりますが、自分の攻撃性を出す術はなく、逃げる場所もありませんでした。彼らはストレスが高まると、覚醒度のコントロール異常や情緒不安定になっていき、落ち着きなさ、苛立ち、焦燥感、孤独、虚無感、気分の落ち込みから、居ても立っていられなくなり、過食することでなんとか自分の辛いことを忘れようとします。

 

過食症は過度のダイエットの反動や母子関係のストレス、何らかのトラウマで起こる場合がありますが、もう一つは性被害に遭うことで過食症に陥ることがあります。性被害に遭うことで、恐怖で固まり立ちすくむとか、身体がバラバラになって、ボディイメージが破壊されてしまいます。恐怖が強くて、過度な緊張と警戒心から、口、鼻、喉、胸あたりは固まってしまって、喉や胸がつっかえた感じになり、気持ち悪くなります。そして、性被害に遭ったショックと恐怖から、無気力や無感覚状態になり、生活は必要なことだけこなし、味覚も無くなって、拒食になることがあります。その後、ショック状態から抜け出し始めたとき、激しい怒りの衝動にかられて、動悸の激しさ、イライラ、落ち着かない、不安、焦り、恐怖を落ち着かせるために過食のスイッチが入ってしまって、自分の意志に反して食べてしまいます。また、性被害のショック時の拒食の反動による身体的飢餓から回復するために、過食が用いられることがあります。過食中は、人目のつかない場所で、あまりに辛いことを忘れるために、頭を真っ白にしながら、危機迫っているように感じたり、泣いていたり、楽しい気分で夢中で食べます。さらに、過食嘔吐の人は、自分に自信がなく、綺麗になりたいという理由があるので、嘔吐や下剤を使って身体の中を空っぽにします。このようなことを繰り返すと、次第に食べ物に強い関心が向くようになり、頭の中は食べ物で埋め尽くされて、過食症が悪化していきます。精神的不安なときに、過食することで満足感を得ますが、そのあと、太ることに罪悪感を抱き、ストレスが増えてしまうため、その反動でまた食べてしまうという悪循環を繰り返します。

 

▶肥満女性と過食

 

女性の体重が過剰になる理由の一つに、自分に対して、性的な注目を集めたくないという願いがあることが多いです。原因としては、過去に、性虐待や性被害、痴漢や最初の恋愛相手との性トラウマに遭っている場合があります。男性がアブノーマルな性的興味を持つことを動物的だと感じて嫌悪感が強く、性への道徳的規範が高いです。また、再び自分が性被害に遭わないようにと、太ることが自己防衛になっています。また、男性に好意を向けられると、敏感さを解離させて感じなくさせたり、へんに好意を見せられると怖くなってしまいます。この過食で肥満になると、外に出ることが出来なくなり、引きこもりのようになります。 

 

過食する人は、白黒思考が強く、自分の思い通りにしたいと思っています。子どもの頃から、ストレスが多いですが、外見上は元気いっぱいで、明るく、優しいふりをしています。しかし、本当の自分が分からくなっていたり、心の中は痛みで傷つきやすく、警戒していて、孤独、不安、無力感、イライラ、怒りなどを持っています。トラウマにより、自己調整機能に障害があり、人間関係を失敗してきているので、自分で自分をコントロールしたいという欲求が強く、複雑なことや曖昧なことに耐えられません。

 

制作中

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ