パニック障害とトラウマ

▶パニック障害になりやすい人は

 

パニック障害になりやすい人は、幼少期にトラウマを負っているとか、生活空間の全体にストレスが多いとなりやすいと言われています。また、発達的には、神経系の発達が脆弱な人はパニックになりやすいです。性格としては、もともと不安や恐怖心が強く、完璧主義な性格とか几帳面な性格に多いです。

 

幼少期のトラウマによって、自律神経系の調整不全がある人は、ストレスのかかるときや緊張感の高まるとき、物事に熱中しつづけるときに、身体が過覚醒になり、交感神経が優位になっていきます。過覚醒システムに乗っ取られると、息が浅く早くなり、動悸が激しく、奥歯を噛みしめて、顔全体が熱を帯びて赤くなり、発汗が見られます。その後も、身体を休ませることなく、アクセル(交感神経による過剰な覚醒)を踏み続けると、急速にブレーキ(背側迷走神経による低覚醒)が同時にかかります。人は、交感神経と同時に、背側迷走神経が働くとき、感情の爆発や生理的混乱が起こります。症状としては、動悸の激しさ、呼吸困難、心臓が止まりそう、顔が熱い、発汗、頭痛、顔面蒼白、めまい、腹痛、下痢、吐き気、震え、凍りつき、硬直などあります。この自分の統制の利かない情動や生理的反応を、この発作のせいで死んでしまうかもしれないと思い込むことでパニック発作を悪化させます。一度、パニック発作を経験した人は、外界や体内の感覚に過敏になり、またそれが起こることを恐れ、以前そうなった場所を避けるようになります。また、それらが過去のさまざま外傷体験に結びつき、閉じ込められた空間や自由の利かない場所に身を置くとき、呼吸困難や動悸の激しさを感じて、再び、パニック発作に襲われます。

 

パニックになるような人は、悪夢にうなされ、疲労感が強く、現実感が乏しくなり、目の前の人が怖くて、持続的な緊張状態に曝されることで、自律神経系が調整不全を起こし、発作になります。気分が最悪なときに、自分が苦手な対象が目の前にいると、不快感が強調されてしまって、どうしようと焦り、その場に居られなくなります。過剰に感情や覚醒度が昂ぶりにより、イライラしていくと、それと同時に、緊張感も高まり、全身に力が入って、動悸が激しく、胸や喉が絞めつけられて、発汗し、呼吸がおかしくなっていきます。腹側迷走神経よりも背側迷走神経が働きが強くなり、社会交流を司る身体の部位は固まり凍りついて、痛みが全身に広がったり、言葉が出なかったり、耳が聞こえなかったり、歩きづらくなくなります。そして、呼吸ができなくなり、心拍数や血圧が下がり、めまいや立ちくらみが起きて、意識が朦朧となり、全身が硬直して、動けなくなります。

 

▶パニック発作の経験(30代女性)

 

発作が起こるとき、それはなんの前触れもなく、突如、私の身体の襲う。そのさきぶれはいつでも、なんとなく胃腸が痛いというような日常でよくある身体の不調にすぎなかった。しかし、そのようないつもの腹痛はそれそのものの症状として治まる一方で、それが発作とつながるときには、そのわずかな異変が連鎖反応のように加速して痛みは膨れ上がり、全身を駆け巡ることになる。

 

パニック発作の経験、それは私にとって、何事もなく過ごしている日常において一瞬にして引き起こされる心身の錯乱の経験に他ならなかった。朝、家では身支度を整えているとき、仕事に向かう電車のなか、街で買い物をしているとき、これまで何一つ狂うことなく保たれていた心身の調和した状態が、瞬時に切り裂かれ、解体、破壊に向かう。そんなときには、どこか身体の深い部分からすべてが切り裂かれてしまいそうな緊張が、全身を貫いているのを感じるのだった。

 

耐えたられないほどの痛み、吐き気、焦り、絶望、混乱、ままならない自分の身体。発作が起こったならば、それは私の内臓を通り抜け、燃えるような痛みとともにあらゆる臓器が溶けだし液状となって体外へと流れ出ることとなる。

 

多くの場合、胃、大腸、ときには子宮が燃えるように熱くなった。発作は、欠陥がカラカラになるまで血液やそれらの臓器を煮えたぎらせた。絶えずこみあげてくる吐き気と、胃腸をわしづかみにされているような痛みが同時に襲う。嘔吐、下痢を繰り返し、胃袋と腸の内容物をすべて吐き出してからは、胃液や水のような半透明の嘔吐物ばかりが排出されるのだった。その痛みは恐怖でしかなかった。

 

これらの症状は、私の体温感覚までをも狂わせた。長時間、下半身を丸出しにしてトイレに座り込んだまま、足は寒さにがくがくと震えていた。冷え切った足先の爪は、ペパーミント色に変色しているのがわかる。しかし、寒いのにも関わらず、首筋や背中にはびっしりと汗をかいていた。寒いのか、暑いのか、そこにあるのはまるで体温調整ができない身体だった。冷えた鉄板かなにかを全身に押し当てられているかのように、頭頂から血の気がひき、次第に全身から血色が失せ硬直状態となった。

 

発作は、これらの痛みをもたらすだけではなかった。それは、私の視覚にも攻撃を加えた。はじめは白い火花のようなものがはじけ飛ぶ。のちに、その光加減は強度を増し、まるで生き物のように動きまわった。砕け散り、微塵になった星の破片のようなものが集合体をなし、眼前を、光の群れが戯れるかのように踊り狂うのだった。その色彩の激しさは強い眩暈を引き起こした。

 

暗闇のなかで浮かぶ像が表れては消え、色や光は生成変化を続け、微細化されたそれらの粒子は、眼を閉じているにもかかわらず光を放ち続け、動き、光度を変えた。光の束は、私の脳裏や視界に鋭い軌道を刻み込んだ。それらは、現実世界の太陽が映し出す光景よりもまばゆいために、もはや自分が眼を開けているのか閉じているのか、昼なのか夜なのかもわからなくなるのだった。それは、私の視覚を狂わし、現実と幻想、昼と夜、内部と外部を分かつ境界を、すなわち「狂気」の世界を保つ境界線を解体しにかかってくるのだった。

 

発作の連鎖はなおも続いた。吐き気とともに幾度となく咽喉にまで上がってくる遺産は、まるで刺激性植物の表皮に生える針状の毛のような働きをなした。胃液は突起状の針となり、咽喉や舌を刺激し痛みを生じされた。息を吸うことが難しく、酸素を取り込むことができないために、身体中の細胞が縮んでいくかのような感覚に襲われた。空気を吸うことも、水を飲むことも、ベッドに横たわることもできなかった。助けを呼ぼうにも、声は咽喉に引っかかり、ただただ痛みに身をよじって発作が過ぎ去るのを待つしかなかった。

 

▶パニック障害の回復には

 

トラウマによる生物学的メカニズムを理解して、自律神経系の調整不全でこのようなことが起きていることを理解します。セラピーでは、安心できるイメージを使いながら、自分の身体感覚の変化を見ていきながら、不安に耐え忍ぶだけの心を育てたり、身体の状態を知って、パニックに対処できるようにしていきます。薬物療法では、発作時に不安や緊張、気管支、消化器系の症状を取り除くために薬を飲むのも有効です。対処法としては、ストレスを感じるときには、そこから離れて休憩することが良いです。また、何でも完璧にしようとか思わずに、頑張りすぎず、ストレスに減らして、自分を楽して過ごしましょう。その他にも、ゆっくり息を吐く呼吸法をするとか、胸や喉が苦しいときは水をごくりと飲むとか、安全な場所に逃げるとか、気持ちを切り替えてリラクセーションをするとか方法はたくさんあるでしょう。また、パニック障害を治す方法としては、自分と同じように病気に苦しんでいるたちが頑張っている姿を見て、自分も同じように頑張ろうと思うことが大切です。不幸な生い立ちでも夢を追いかけている姿や、病気から逃げずに真っ向から立ち向かっていく姿に勇気をもらい、自分にも勇気を持てるようしていきます。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ