悲しみと抑うつ

▶悲しみと抑うつ状態

 

アレキシサイミア(失感情症)や離人症、抑うつ状態にある人は、子どもの頃から困難な人生を生きており、いつからか檻に閉じ込められて、出口のない迷路を彷徨ってきました。彼らは、大人の身勝手な行動に苦しめられており、自分の話を聞いてもらえず、自分の感情や欲求や思いまでもすべて飲み込むしかありませんでした。そうしていたら、いつの間にか自分の感覚すら分からなくなっていきました。そして、逃げ出すこともできず、適応のための怒りを表現できず、どうしていいかも分からなくなると、不安や絶望の方が近づいてきて、身体化したり、頭が真っ白になったりして、その後、自分がどういうことをしたかも覚えていないという、途方に暮れる人生を歩んでいたりします。

 

彼らの家庭や学校社会の生活空間は、慢性的なストレス状態にあり、ある種の限界を超えていて、我慢できなくなり、イライラしたり、やる気が出なくなったりしますが、泣くことで、なんとか自分らしさを保ってきました。周囲には、強いふりや、明るいふり、まともな人間のふりをして、演技をすることで無意識のうちに周囲に合わせてきました。その一方で、呼吸がしにくく、苦しくて、辛くて、中身が空虚で、本当の自分は疲れ切っています。そして、苦しさや辛さから、部屋に閉じこもり、ひとりで涙に暮れて、深く深く悲しむことで自分を慰めるしかありませんでした。しかし、本当の自分は何で泣いているのかも分からず、何もないのに泣いていたりします。子どもの頃から、様々な葛藤や痛みから自分を守るために、安全で保護的な避難場所が作られていきますが、やがてそこも憂鬱な空想が広がる不毛な場所に変わります。

 

彼らは苦しみから抜け出して、外の世界の人々と繋がりたいとか、病気から良くなりたいとか、幸福や喜びを願っても、同時に、またひどい目に遭わされるに決まっているという否定的な感情から抜け出すことができません。そして、未来を期待し、情緒的な関係を持ったり、他者に無防備になると内なるこころのトラウマ防衛が邪魔して、逃げ出したくなったり、辛辣になったり、諦めるように条件付けられています。だから、良くなることとか、希望を持つこととか、変わろうとすることに対して、無意識のうちに抵抗してしまうのです。原始的なレベルでは今だ自分が安全であることを理解できておらず、凍りついたり、逃げ出したり、悲しんだ状態が未完了なまま身体に残っています。また、自己感覚が麻痺したり、解離してバラバラに散らばってしまうと、他者から良い刺激を受け取る力も失われていき、何事にも興味が持てなかったり、意欲が出てこなくなります。