回避型の自己愛

▶回避型の自己愛

 

回避型の自己愛性パーソナリティ障害の人は、子ども時代の親子関係のストレスで悩んでいて、慢性的な不動状態にあります。

 

将来をネガティブに考えてしまう。将来に対して、絶望や無力感があり、焦りを感じます。

 

将来の不安から、自分がどうしていいか分からずに、考えすぎる傾向があり、頭の中をグルグルしています。具体的な問題解決があっても、うまく対処できません。他者から良いものを差し出されても拒んでしまいます。

仕事も恋愛も身動きが取れずに、時間だけが過ぎていきます。

 

 

本番で緊張しすぎて、力を出しきれずに、どれだけ努力していても不完全な結果に終わり、失敗だけが積み重なります。ひたすら努力して、完璧を求めて、高い理想を持ちますが、性格は引っ込み思案でうまくいかないために、現実と理想にギャップがあります。

 

思ったよりもうまくいかない現実に直面して、ネガティブになります。

 

楽観的に考えて行動するよりも、悲観的にこの世界を眺めます。

 

焦って失敗して、勇気がなくなり、前向きに考えられなくなります。

失敗を引きずる

 

人生の重要な場面ほど、前向きになれずに、すぐ引っ込んでしまいます。