いじめのトラウマ
いじめは、小学校からはじまり、中学校では、さらに激しいいじめが続いたりします。思春期の頃、自意識過剰で、繊細な心を持ちながら、誰とも友達になれなくて、いじめられると心が傷つきます。クラスメイトに嫌な顔をされて、いじめに遭い、クラスで一人ぼっちで、死にたくなります。顔を引きつっていて、周りの人の話声が聞こえると、自分の悪口を言っているんじゃないかとか、相手に見られると、じっと見られているという妄想に憑りつかれます。社会人になって、人の輪の中に入るのが苦手で、仕事探しや仕事を長期に渡ってやり抜くことがに苦手になります。自分に自信がなくて、今すぐに死にたいという気持ちになります。自分の地元の全てが敵だらけ、自分の失敗を恐れっています、ブスやデブなど悪口を言われるいじめ、仲間外れにされて、浮いてしまって、自分の居場所が無くなる。人に悪く思われているかなという不安になります。不安が強くなると、被害妄想が強くなり、自分は酷い目に遭わされたと思います。大人になった後も、居心地が悪く、人としても楽しく思えません。いじめのトラウマにより、過覚醒の症状では、イライラや攻撃性が強くなります。一方、自分で対処できる力がないので、身体は重くなり、身動きが取れなくなり、倒れ込んでしまうかもしれません。無力や絶望状態では、皆に見捨てられたように感じ、全身に力が入りません。