がトラウマと不動状態

▶トラウマと不動状態

 

人はトラウマの衝撃を受けると恐怖して、身体が麻痺します。そして、生きるか死ぬかの限界の場面では、その恐怖で動けなくなったり、自分は身体から離れて、手足がもがいていたりします。

 

激しいショックで、頭や喉、胸にギュッとつまり、フリーズして、気を失います。一方は、体は加害者を要求通りに動くか、戦います。

 

呼吸が浅く早くなり、動悸がして、胸が痛くなり、手が震えてきて、自分の身体が思う通りに動かなくなります。不動状態になると、身体が痺れて、気を失うこともあります。

 

事件後は、体の中に莫大なエネルギーが滞ります。痛ましいトラウマほど、莫大なエネルギーが溜め込み、頭痛、腹痛、吐き気、耳鳴りなど身体症状が激しく、動けなくなり、横になるしかしかない場合があります。また、家族や周りの支援者に理解を求めますが、あまり理解されることなく、孤立無援状態に陥ることが多いです。

その恐怖で動けなくなり、固まる状態とは、十字架に張り付けにされて、処刑に遭うような状態に似ています。トラウマ場面では、身体は凍りついて、頭は大変だと慌てますが、取り返しがつかなくなると、絶望や無力感に襲われて、身体が崩れ落ちます。身体が崩れ落ちるときは、原始的な神経が優位になり、胃がバクバクと活動して、お腹の中が気持ち悪くなり、腹痛、吐き気、下痢などで身体内部が破局して、動けなくなります。他にも、身体がねじれて、手足がバラバラになり、崩れ落ちることがあります。身体の崩壊を防ぐために、機能停止させると、皮膚の感覚がなくて、意識が遠のいて、現実感が無くなります。頭の中は空っぽで、息がしづらくて、身体が溶けていきます。悲しみに圧倒されるとフワッとした世界に飛び、心地良い波を漂うような世界に飛びます。嫌だと泣きながら、放心状態になって、呼吸がほとんどできなくなります。そして、めまいや頭の中が真っ白になって、体が動かなくなり、不動状態になります。ネガティブなイメージが強くなると、動けなくなり、下痢、嘔吐になります。慢性的な不動状態では、頭(心)と体の繋がりが弱くて、手と足の力が入らなく、動かすのが必死です。自分の手と足が自分のものではなく、手と足の感覚がわかりません。胴体の方も凍りついて、胸、背中、お腹の感覚が分かりません。ただ、首と肩の痛みだけが分かります。自分が人にどう見られているかを気にして、自分の恥がバレていないかを気にします。視線人に悪意を向けられるとか、人に弱みを握られるとか、恥をさらけ出している、系の石化した人間は、みぞおちが苦しく、身体は怠くて重いです。 絶望や無力感で落ち込んで、自分が動けないことで、イライラし、力任せに動きたいと思っています。現実を変えていきたい。自分が動けなくて、もどかしい、自暴自棄に、 希望を持てない 何をしても失敗、 何年も真っ暗ななかで生きてきて動けないから、無理やり動かそうとします。身体が重くて、怠い、 細かいことまできにする、力が入らない、動かないから、焦燥感に駆られている。気力を振り絞って、何かをしなければならない。期待するのは辞めて、誰にも関わらないように、身体が崩れ落ちている。心を閉ざして、何も感じないように、思考が自動的に浮かんでグルグル考えて、息を止めて、固まって、細かい事まで気にして、自責感、罪悪感、だましだましでいきてきた

 

体が凍りつくと、精神と肉体が分断されて、動けなくなります。

怖くて動けなくなり、失敗した自分を責めます。

 

不動状態とは、生きるか死ぬかにトラウマティックな状態のために、全神経が外の世界に向きます。不動状態のときは、人の気配や視線、表情、音、匂い、光などに過敏で、頭の中であらゆる情報を処理しています。頭のほうに注意が向いているために、心と身体は分離して、身体の感覚は切り離されています。

意識が何もない空間に入って、頭はフリーズし、体の動きが止まり、真黒になります。

 

自分の殻に閉じこもり、動かないでいる方が楽。

人と距離が近くなるとしんどくなり、

人に依存して、甘えるとか、本音を言うとか、自分を緩めるとかするのが怖く、

人に期待して、裏切られるのが怖いとか、自分の感情が不安定になるのが怖い。

 

 

 

 

 

不動状態の人は、トラウマティックな状態にあり、全神経が外の世界に向いて、頭の中で色んな思考が浮かんできます。頭の中で過去の嫌なことが浮かんだり、先の心配事が浮かんだりして、恐怖や無力に苛まれる悪循環で、トラウマの世界に閉じ込めらます。

 

 緊張や怯えが強く、ずっと先回りをして生活していて、先読みしたり、相手の感情を読み取ったり、集中力がない 

人との関りが面倒で、人と交流しない。ずっとイライラして、何かしないといけない焦燥感、何かに追われている

感情がない、何をしても意味がない、虚無

 

ショックなことがあると、身体がギュッと縮まり、固まっていくために、調子がおかしくなります。身体が凍りつきや死んだふりの不動状態になると、交感神経と背側迷走神経が過剰になり、身体の機能が一部停止します。原始的な防衛モードで、異常事態なために、ショックな出来事にとらわれ、嫌なことを引きずり、振り回されます。身体がうまく機能しなくなり、身体を動かすことが大変で、思考に注意が向いてグルグルします。

 

不動状態から早く脱出できる人もいれば、立ち直るのに時間がかかり、慢性的な不動状態に陥る人もいます。

 

痛ましいトラウマがある人は、過去の苦しみに引きずり込まれると、脳が騒がしくなります。トラウマは人を石のように固まらせるために、石のように固まった人の体は、何者かに掴まれているような感じで、手足は冷たく凍りつき、頭や体の中にはヘドロのようなものがこびりつきます。

不動状態の人は、暗い井戸の底や船の碇を沈めたような場所、沼地を歩くような感じに似ています。

一歩踏み出そうとしても、ズブズブと沼地を歩くような感じで、抜け出せません。

緊張の糸が切れて、隅っこのほうで縮こまっています。

 

不動状態になる人は、物事を白黒はっきりさせたがる。

人の言葉をまっすぐ受け止めて傷つく

 

批判されたろ、否定されたり、嫌われたり、怒られたりすることが怖い

相手を見て

 

身体の凍りつきやすさから、嫌な場面では声が出ないとか動けないなど不動状態になります。そのような対人関係がベースになると、胸や背中が固まって苦しくなります。また、しんどい状態が続くと、手足に力が入らなくなり、身体が怠く重くて、しんどい状態から抜け出せなくなります。

 

トラウマがある人は、心の余裕がなく、すぐに身体が硬直して、いっぱいいっぱいになります。ストレスに対しての緊張強度が弱く、ショックなことがあると、心臓にポッカリ穴が空きます

 

不動状態が続くと、エネルギーが蓄積されて、身体の内部が侵食されていき、腐っていきます。家の中では身体を動かそうとしても動かせませんが、外では不動状態ではいられないから、自分の思うように動いて、周りを振り回し、毒素や老廃物を排出します。周り迷惑をかけている自分を責めて、自己嫌悪に陥り、また不動状態を陥ります。

 

身体が不動状態になると、頭で考えて、問題を解決しようとします。自分ではどう解決していいかわからないので、身近な人に分かってもらったり、自分の思うように動いてもらうことで、その状況を解決しようとしますが、自分の思うように動いてくれないので、余計に苦しくなり、やり場のない気持ちでうんざりするか、苛立ち、腹を立てます。