トラウマと認知機能の障害
トラウマのと認知機能の障害

 

人間は、神経や筋肉の働きに強く影響されています。心的外傷体験は、危険を伴うために、神経が素早く反応し、筋肉が硬直します。心的外傷を負った人は、莫大なエネルギーが全身に滞って、様々な機能に障害を引き起こすようになります。危険を察知するために、視覚情報の過剰摂取や、聴覚過敏になりやすくなります。また、頭や顔にエネルギーが滞るために、トゥレット症候群やチック症状が見られる可能性があります。頭の中が凍りつく(フリーズ)と、頭の中が真っ白、耳が聞こえなくなる、何も考えられない、字が読めない、ネガティブ思考、集中力低下、注意散漫、無気力、頭痛など認知や身体機能に障害でます。視界に膜やフィルターがかかります。脳が凍りつくと、意欲や記憶力が低下します。体が凍りついたら、内臓感覚が分からなくなります。目が凍りつくとこの世界が暗く見えます。体が凍りついて、捻じれたり、バラバラである状態がつつくと、エネルギー枯渇して、逆境を乗り越えることができません。

 

極限で生きていて、物事を白黒はっきりさせたい、

長期の複雑な未来は予測できないので、生きていくのが不安・

強い感情をぶつけられると、頭の中がフリーズし、体が固まる。

 

トラウマのせいですぐ固まる不器用な人は、緊張が強まり、感情が覚醒させられる場面で麻痺が規定の反応になります。日常でストレスや緊張がかかると様々な症状が出ます。耳が聞こえない、何も考えられない、話がまとまならない、声が出ない、集中力低下、注意散漫、物を落とす、物忘れ、動悸が激しい、多汗など

 

人といると思考停止し、人の会話についていけなくなります。

 

相手の表情に一喜一憂し、相手の怒っている顔が苦手。