トラウマを抱えた人の仕事


生理的に嫌なことは拒否したくなる。逃げ場がないのが辛い。

 

自分の感情を捨てて、身体感覚を切り離して、頭の中で分析し、合理主義者として振る舞う。

悪い噂を流したり、どうやって引きずり落とすかを考える。

策を立て、印象操作をする。

 

 

トラウマを抱えている子供は、視線を動かして、好奇心のある方向に動きたいとか、生きている実感を味わいたいとか、創造的に生きたいと思っています。

 

交感神経を活性化させて、力をみなぎらさせて、戦うか逃げるか、社会の中で生き残るために活動します。

瞳孔が開き、血液の流れがよく、関節の可動域が広くて、体が軽くて動きやすいです。

 

不快な状況になると

防衛態勢になり、背中が丸く、息がしづらくなり、嫌な気持ちになります。

 

会社の人間関係がうまくいかなくて、追い詰められていくと、誰とも関わりたくなくなって、全部を切り離したくなります。

 

繊細なので、嫌な仕事をすると、胸がざわざわして固まります。

 

ずっと嫌な仕事をしていると足が固まってしまいます。

 

マニュアルな仕事が好きな人と、創造的な仕事が好きな人がいます。

いろんな工夫が出来て、成長できるのがいい。自分のしたい仕事が

クリエイティブで自分の感性を活かせる仕事がよい

 

会社組織で、一人一人が舞台のなかで内発的動機づけを持って活動できるようにします。