トラウマのメカニズム

▶トラウマのメカニズム

 

トラウマを抱えるようになるメカニズムは、生きるか死ぬかといった自分を脅かす恐怖に曝され、戦うか逃げるかの反応が失敗に終わり、自分の思うように動けなくて、凄いストレスを感じる不動状態の時にトラウマになります。その後に、そのことを思い出すだけで、恐怖に凍りついて息が出来なくなり、合理的な思考が働かなくなって、身体の中にトラウマを閉じ込めていきます。

 

生きるか死ぬかのトラウマを負うと、身体の筋肉が極限まで伸び縮みをして、これまで経験したことがない痛みが身体のなかに生じて、新たなマイナスの神経回路が作られます。トラウマの経験の痛みは、身体と脳の両方に刻まれることになります。そして、神経が繊細になり、危険と思われることに対して、心や身体が過敏に反応するようになり、闘争・逃走、凍りつき、死んだふり、虚脱状態などの様々な表現を取ります。別の言い方では、過覚醒や低覚醒の間を行き来して、しばしば両極端に揺れ動き、様々な症状が表れて、再びそのような事態が起こることを恐れるようになります。

 

トラウマというのは、同じような目に遭ってもトラウマになる人とトラウマにならない人がいます。トラウマになるリスクの高い人は、早産や低体重児、子宮内ストレスなど、生まれながらに身体に脆弱な部分を持っている人です。さらに、アトピーや喘息など身体に弱い箇所があるとか、成育環境が酷いとか、不運な体験をしている人はトラウマになりやすいです。一方、安心・安全感があり、リラックスできている人は、同じような目に遭っても、ストレスへの耐性が強く、トラウマ化しにくいです。トラウマ化する人は、環境の変化に絶えず緊張・警戒モードになり、ストレスが加わったときに、身体がすぐに硬直し、恐怖心から、闘争・逃走モードになり、交感神経系のブレーキがかかって、麻痺や凍りつき、シャットダウン、不動状態に陥ります。

 

トラウマを持つ人は、脳や神経の働きが変わり、様々なことに影響を与えてしまいます。脳や身体は、危険や脅威を察知して、ストレスや不快なものを感じながらも、何も行動しないとか、間違った行動をしていると、イライラして、落ち着きが無くなります。そして、自分が思ったような行動ができないでいると、交感神経や背側迷走神経が過剰に働き、眉間や顎、肩、腹などに力が入り、筋肉が硬直します。そのため、何か嫌な感じがあると、不安が高まり、動悸がし始めて、喉が詰まり、胸が苦しくなって、頭痛や吐き気など、不快な感覚や感情に苛まれます。この身体の生理的変化を恐怖に思うと、フラッシュバックやパニック、意識を失う、人格交代が起きたりします。また、より強い凍りつき状態になり、身体の中に莫大なエネルギーが滞るようになると、さらに身体の感覚を麻痺させる結果になり、トラウマティックな状態から抜け出せなくなります。

 

慢性的にトラウマを抱えている人は、日常生活のなかで不穏な空気を感じると、不安や焦燥感、イライラを感じて、何か身体を動かしたくなります。さらに、危険や脅威が迫ってくると、身体が硬直し、凍りついて、息を止めて、固まってしまいます。トラウマになる人は、まだ小さい頃から、親や兄弟、学校社会のなかで、危険や脅威を感じながらも、自分の思うように行動できなかったことが原因になります。長年に渡って、脳や身体は危険な状況から逃れたいとか戦いたいにも関わらず、何もしないで、動かずにじっとしていると、身体は麻痺して、慢性的な不動状態に陥ります。このように長期に渡って、逃げ場のないストレスに曝され続けることで、ちょっとしたことでもトラウマ反応が起こるようになります。

 

複雑なトラウマがある人は、嫌なものを感じると、交感神経の働きが過剰になり、興奮した状態になって、理性を失われ、自分で自分の感情や行動をコントロールできないという状態になります。一方、背側迷走神経の働きが過剰になると、脳、顔、首、肩、胸、背中がガチガチに硬直して、動かなくなります。そのため、表情を作ることが苦手だったり、声に出せなかったり、急に耳が聞こえなくなったり、息を吸うことも大変になったり、心臓に痛みがあったりします。また、脳と身体の神経や筋肉の働きだけでなく、心臓や肺、気管支、胸腺にも影響が及んで、免疫システムや内分泌系にダメージを与えます。

 

日常生活において、トラウマがある人の体感としては、急にトリガーが引かれると、不安や焦燥感、動悸、胸が痛む、息がしづらい、頭が真っ白、耳が遠くなる、頭が騒がしい、ザワザワする、節々が痛い、頭痛、気持ち悪い、吐き気、苛立ち、動けない、冷汗をかく、フラッシュバック、ぼーっとする、注意散漫、集中力低下、真っ暗、ネガティブ思考、考えがまとまらないなど、様々な状態を示します。トラウマのある人が、何か危険を感じると、自分が過去に傷つけられてしまった時の避けようのない身体反応や感情が沸き起こるため、自分は死ぬのではないだろうかと考えたり、また起きたらどうしようと怖くなってしまって、恐怖によるパニック発作を繰り返すこともあります。

 

トラウマがあることで、交感神経や背側迷走神経の働きが過剰になり、身体内部での生体機能のリズムに異常が出るので、パニックやフラッシュバック、過覚醒、悪夢など引き起こして混乱していくようになります。そして、そのような状態が慢性化すると、自分の身体内部に脅威があるように感じて、自分の内側に意識を向けられなくなり、身体感覚が麻痺して、頭(心)と身体が分離する離人症や解離症になります。離人症や解離症の人は、身体の痛みや現実の苦しみから逃れられるというメリットはありますが、本当の部分は、苦しかったりしんどかったりするので、時間が経過していくと、ネガティブな色合いが強まります。

 

原始的な神経の働きにより、身体が凍りつきや虚脱状態の間で行き来している人は、自分のことを正常だと思っていても、普通の人のように振る舞うことが難しい状態にあります。そして、普通のことが出来ない自分を責めて、自分に罰を与えていくようになると、状態は悪化します。凍りつき状態では、注意や集中に問題が起きて、物忘れ、忘れ物、集中力が続かなくなります。虚脱状態では、身体が重くて、動くのも大変で、自分の存在が分からなくなり、考えがまとまらなくなります。

 

▶トラウマのメカニズムを持った人の対処法

 

トラウマのメカニズムが働いている人は、嫌なものを減らしながら、良いものを増やしていくことで、安心できる環境を作りましょう。また、嫌なものが出来上がるこの現代社会の仕組みを研究したり、刺激に対する自分の身体のメカニズムを勉強したりして、少しずつ現代社会や自分のことを理解していくのも良いと思います。さらに、日常生活のなかで嫌なことがあったときこそ、しっかり息を吸い込んで、体中に酸素を送り、体全体で受け止めましょう。嫌なことが続き、腑に落ちない状況下では、身体は硬直して、頭痛や吐き気などの症状が出て、耐えれなくなるかもしれませんが、ストレスに強くなるか、すぐに気分転換できるようにするか、自分の良い所や相手の良い所を見つけて良い気持ちで過ごすことが、身体を楽になります。まずは、自分で自分の身体の状態を把握して、怖がることなく、自己調整していくスキルを身につけていければ、自分を変えていくことが可能になります。

 

▶HOME 

▶トラウマの正体

▶トラウマという病

▶境界性人格障害の特徴

▶回避性人格障害の特徴

▶自己愛性人格障害のチェック

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ