j自然・環境を感じる感性

▶自然・環境を感じる感性

 

トラウマを抱えている人は、過去の人間関係で傷ついてきたことが多く、日常生活の中で人と接することさえも疲れて、他人と距離を置くようになることがあります。人の嫌な面を見て、どろどろした人間関係に疲れて、そのような汚れたなものを取り除きたいという気持ちになります。

 

仕事や遊びといった人と交流する場において、人と関わった分だけ疲れて、他人と話すことや気を遣うことを嫌がるかもしれません。 社会交流を行う体力が奪われていき、人が集まる飲み会などに参加するのを避けるようになります。その場合には、同僚や友人、恋人などとの関係も深めることが難しくなっていき、次第に一人でいることが多くなり孤独を感じることになります。

 

トラウマの経験がそのような影響を及ぼす一方で、人と接して社交的になるという方法以外の方法でトラウマを克服する方法もあります。

 

ここで取り上げたいのは、自然が友達になり、 木や花、動物、鉱物、雨、風などの目に見えないものを大切ににしようとする心性です。 社会生活においての人との関係に疲れ果ててしまうために、心の逃避先として、自然の世界に美しさを見出して、それらに触れることで自分の内にある汚れを洗い流そうとします。 それらが、トラウマを抱えた人が辛い状況を突破するきっかけになることがあります。

 

トラウマを抱えた人は、動物や昆虫などにのみではなく、小さな石ころにでさえも美しさや生命の神秘のようなものを感じることがあります。樹木などの植物や石などと会話をして、それらにメッセージをもらうことでエネルギーを得るという経験をする人もいます。

 

心と体が別々になっている解離傾向の人は、木や草、山、自然に触れると生きていたことが分かり生命力がみなぎってきます。

 

▶自然と触れ合うことで回復させる方法

 

このような自然とのかかわりをより体系化させ、専門的に心身の病症を改善させるような試みは、シャーマニズムの実践にみられます。シャーマニズムは、世界で広く実践されており、例えば南米アマゾンでは、人の心身が弱った場合には、技術者であるシャーマンの施術に頼ることが多いです。シャーマンは、自然界の精霊とコンタクトを取り、病理を抱える人の症状や原因を見極めます。その際に、シャーマンは意識の変容した状態に入るために、アヤワスカという植物を煮たてたものを飲みます。それは幻覚作用をもたらして、シャーマンは自然界の精霊たちと会話ができるようになります。

 

精霊との交流を通じて、人々がなぜ病気になったのか、それらを取り除く方法などを探ります。患者もまた、アヤワスカの飲み物を飲んで、幻覚作用を引き起こして、胃の内容物を吐き出して、頭の中に現れたイメージに意識を向けてそれらのメッセージを把握することを試みます。

 

何度もアヤワスカを飲んで、吐くということを繰り返していくことで、自分の過去の経験を吐き出して、心身を浄化させ、自然界からのメッセージを受け取って、新たな人生を開くきっかけを作り出します。シャーマニズムは、自然や自然界の精霊と接触する方法であり、そのことで苦しみや病理を取り除く手段として存在しています。

 

トラウマを負った人々にとって、自然に触れることで、人間関係では得ることが出来なかった安全や安心、リラックスといったものを得ることができるために、自然との関りを求めて生きていくよいう方法をとってトラウマから解放される道を探っていくことになります。