児童虐待の種類

児童虐待は、法律では、保護者がその監護する児童に対して行うことです。4種の虐待行為を、「児童虐待」と定義しています。①身体的虐待、②性的虐待、③ネグレクト、④心理的虐待に分類されますが、単独で現れることはなく、その2、3種類が同時に混在することがほとんどです。

 

①身体的虐待

児童虐待防止法では、児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えることです。

・外傷の種類はさまざま(切り傷、擦り傷、火傷、内出血…)です。

・外傷は外から見えにくかったり、普通に生活していれば怪我を負いにくい部位に生じていたりすることもあります。

 

②性的虐待

児童虐待防止法では、児童にわいせつな行為をすること又は児童にわいせつな行為をさせることです。

・直接的な性行為だけが性的虐待ではありません。

・知っていながら放置することも虐待(ネグレクトに該当)です。

 

③ネグレクト

児童虐待防止法では、保護者としての監護を著しく怠ることです。児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置。保護者以外の同居人による虐待行為の放置など。

・子どもの年齢や能力、家族の生活形態などによって判断はわかれる。

・学校現場には疑いをもちやすい虐待です。

 

④心理的虐待

児童虐待防止法では、児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うことです。児童に対する著しい暴言又は著しい拒絶的な態度。児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力など。

・ドメスティックバイオレンスを目撃していることは心理的虐待です。

 

虐待とは、家庭内の大人から子どもへの不適切な力の行使です。家庭内の大人とは「親」に限りません。児童相談所での児童虐待相談対応件数は年々増えていっています。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ