早期発見と治療の課題

一般的に、虐待やいじめ、体罰を見て見ぬふりする大人たちが多く、また、周囲にいる人々の無関心が切実な問題です。これからの課題としては、学校や医療などの現場で、虐待やいじめ、体罰を受けている子どもに気づける大人(教師、医師、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなど)を増やすことが求められます。しかし、現実は、トラウマの症状を見立てられる人があまりいません。心理学や精神医学、福祉、児童領域の専門家になる教育過程には、虐待やいじめ、トラウマについて学ぶ機会がほとんどありません。また、専門家の話題は、親子の子育て支援や発達障害が中心でトラウマという言葉をあまり使わない人が多いように思われます。その結果として、大人や社会(学校、医療、教師、医師、心理士、親など)が性善説に立つことで、虐待やいじめ、体罰を受けた子どもたちが二次的に傷ついていくことになります。

 

学校現場では、トラウマ=虐待やいじめと結びつくので、トラウマなんて大げさなんじゃないかと思う人が多数派を占めていて、虐待の早期発見はあまり見込めません。医療現場では、トラウマや解離の患者さんは、多彩な症状から就労困難な方が多く、あまりお金にならないとか、安定した治療同盟を維持することが難しいので、積極的に診断や治療されることが少ないのが現状です。今後は、人権が侵害された被害者の救済・支援の充実が求められます。

トラウマへの心理的アプローチ
虐待による複雑性PTSDや解離性障害、境界性パーソナリティ障害の患者さんにとって、解離された情動やトラウマというのは、想像できるうちでもっとも悪いものと経験されています。と言うのも、それが意識に現れたときに、恐れおののいたり、恐怖したり、麻痺したり、行動化したり、身体化したりして、彼らの力を弱らせてしまうからです。そのため、解離された情動やトラウマに焦点を当てた心理療法は、彼らの直接的な利益にならないばかりか、不安や症状の悪化、生活全般の困難を増大させるリスクがあります。薬物療法は、睡眠を取れるようにしたり、不安や恐怖を低減する一定の効果があるので、日常生活の困難やストレスを引き下げることに役立ちます。ただし、外の世界の人々と繋がる社会交流を促すわけではなく、また、自分の身体とお友達なるような感覚を育むわけでもなく、根本的なPTSD発症の原因を取り除くことができないので、本質的な治療方法とは言えません。また、身体のマッサージやヨガを受けた方が、身体の芯から癒されるため一定の効果はありますが、言葉を使ったこころの動きは硬直したままなので、真の変容にはならないかもしれません。

 

心理療法は、一進一退なところがありますので、即効性の効果は薄いかもしれませんが、3カ月くらい続けることで徐々に変化が現れてきます。まずは、セラピストとの対話を通して浮かび上がる感情やこころ動きを見ていくので、自分にもこころがあることが分かり、頑なだったこころが少し柔らかくなります。また、抑えていた感情が湧き出してくるようになります。そして、半年、一年と自分のこころや身体に向き合うことで、自責の念が減り、耐えられない痛みが軽減し、固定化された考えから物事の見え方が変わってきます。さらに、自分や他者の精神状態や気持ちを十分に読みとり受け取る力が育つので、この眺める世界も変わり、自分自身の物語も変化し、精神的に大きな成長を遂げていくようになります。

 

子どもトラウマへの臨床的関わり
子どものトラウマに対しては、第一に安全に生活が送れる環境調整が重要になります。親子間に問題がある場合は、適切な情緒交流、愛着関係が育めるように見直していく必要があります。保護者への子育て支援を充実させ、母親の悩みをしっかり聞いていくことが欠かせません。また、学校社会や家庭環境の構造に問題があり、ヒエラルキーの一番下に置かれたことから、問題行動を頻発し、叱責、処罰を受けるパターンにはまっている子どもは、そこから解放させてあげる必要があります。

 

次に、子どもトラウマに対しては、生活臨床やプレイセラピーなどの個別の関わりが重要になります。発達早期に虐待を受けた子どもは、肌を包んで安心させてもらうぬくもりの不足と暴力などにより、自己調整機能が阻害され、覚醒度のコントロール異常が起きます。愛着システム-過覚醒システムの間を行ったり来たりしている子どもは、愛着システムが機能しているため、信頼関係は比較的作りやすいことが多いです。しかし、過覚醒システムが駆動されると些細なことで苛立ちを始めるので、扱いにくい子どもとされるかもしれません。このような子どもは、交感神経系に乗っ取られて、興奮しやすいので、遊びも激しくなりがちですが、セラピストは許容(穏やかさ)と禁止(厳しさ)の間を行ったり来たりしながら、興奮と麻痺との間の中間の道を探ります。また、子どもが激しい怒りを爆発させた時に、優しく抱きしめてあげられるかどうかが重要になります。決して子どもを押さえつけるようなホールディングとか拘束などの処罰をしてはいけません。その理由は、戦うか逃げるかの状況のなかで四肢を拘束されてしまうと子どもは再外傷化してしまいます。セラピストは優しく抱きしめながら、短く目を合わせ、子どもの怒り、恐怖、悲しみ、やり切れなさ、悔しさを聞いていきます。子どもは顔を紅潮させながら苦しみを言語化し、闘争を通して、主体化していきます。そして、闘争システムの交感神経系から、涙を流す社会交流システムの腹側迷走神経系へと思いやりの包容のなかで真のトラウマ変容が起きます。こうした体験により、子どもは自分の主体を失うことなく、熱烈な抗議を行えるようになります。

 

低覚醒システムの中で生きている子どもは、無口で目立たず、大人しく、内的にはゾンビ状態だったり、場面緘黙だったり、回避的な行動をとりがちです。まずは、愛着システムが麻痺しているため、信頼関係を作ることで一進一退することになると思われます。上から下への権威的な態度の大人には寄り付かないので、同じ目線に立ち、優しい言葉掛けとか微笑みかけることが重要になります。仲良くなって遊びが進み始めると、原始的で激しい遊びがみられるようになります。そして、これまでの怒りや悲しみが遊びのなかで表現されるので、大人は仕返しをすることなしにその残酷な世界を共に生き抜きます。子どもは闘争を通して、自分の身体をとり戻していき、主体化していきます。また、身体の芯から楽しいとか嬉しいと感じられるような体験を積み重ねていくことが同時に必要になります。課外活動等を通して、外の世界の人々と繋がり、社会交流システムを活性化させていきます。

子どものプレイセラピーのページ