虐待を受けた子どものこころの傷
現代社会の問題

 

本来、子どもは、村社会のような中で、家庭、地域、学校、また絆で繋がり合っているような社会全体で子どもを育てていくべきでした。今は、共同体(社会)の空洞化が進んでおり、親から愛情を貰えない子どもは、自分のホームベース(帰るべき場所)がありません。親子関係でこじれた子供たちは、剥き出しの個人となって、複雑な現代社会を一人で乗り越えなければならなくなります。

 

被虐待児のこころの傷

 

虐待する親は、未解決なトラウマを抱えていることが多く、感情や自己調整機能に障害があるので、予測不能で、養育態度に一貫性がありません。子どもの頃から虐待を受けてきた人は、いつ何時自分が危険な目に合わせられるか、親の目を見てビクビクしながら過ごしており、警戒心が過剰で、身体が過度の緊張から、凍りついて動きにくくなることがあります。家庭の中では、親の気持ちを先取りして迷惑をかけないようにする良い子でいる必要があり、常に高い同調性やパフォーマンスを維持しています。そして、親の機嫌を損ねることを恐れて、予想外の出来事が起きないように願っています。しかし、虐待する親は、何度も理不尽なことをしてくるので、子供は親のご機嫌をとりながら、合わせるしかありません。腕力の差から、戦うことから逃げるしかなく、それでも追い打ちをかけてくるため、自分の境界性を下げて対応するしかなくなり、心身の健康を害していきます。このように日常的に持続的な緊張とストレスに曝されているので、過剰な覚醒と情動、生理的反応の混乱を必死に抑えようとして心身の麻痺、解離性症状、抑うつ状態、失感情症、離人症、体調不良が出てきます。また、自分のことを「愛される価値がない」、「可愛くなくてダメな子どもだから」と自尊心が低く、孤独や悲しみを抱えていて、基本的信頼感を育むことが難しい状態です。

 

最初の親子関係にこじれた子どもは、他者への否定的認知と自分の存在が肯定されていないので、良い思い出を語るだけの経験がなく、普通に話すことがなかなか出来ません。普通の人は、自然に笑い、自然に振る舞うことができますが、虐待受けた子どもは、まともなふり、明るいふり、何もないふりをして生きていかなければなりません。外見は健常者に見えますが、心の中は、傷だらけで、限界に達しています。しかし、心は、人の目に見えないので、誰も理解してくれず、助けてくれません。健康的で明るくて常識を求められる社会では、いくつも仮面を被り笑顔を貼り付けて、まともなふりをしていかなければ生きていけません。そのため、本当の感情を押し殺して、本音を話すこともできないので、普通の人よりも人生のハードルが何倍も高くなり、社会の枠組みの中に入り込むことが難しくなります。そして、たった一つの親子関係のミスマッチが振りほどけないほどの縛りとなり、新しい人間関係も過去の親子関係の同じ失敗の繰り返しになり、立ち上がる気力も失われ、普通の人生を生きるのが困難になります。

 

虐待はさまざまな影響を与え、何年も続く傷痕を子どもに残します。虐待の被害者は、知的発達、精神発達、反社会的なリスクファクター、世代間伝達などに大きなマイナスの影響が出ます。そして、学校とか集団生活で問題を起こしたり、人格形成が歪んでしまったり、社会に悪い影響を及ぼします。さらに、将来に負の遺産を残すことになります。

 

①人というのは危害を与えるものだと根本から刷り込まれていたりします。

②虐待がトラウマ記憶として残れば、悪夢やフラッシュバックで苦しむことになります。

③親から毎日のように罵声を浴びせられることで、自己評価がとても低くなり、注意深く他者の顔色を伺いながら生きるようになります。

④虐待の恐怖は、異性への恐怖心につながり、幸せな家庭も結婚も想像できなくなります。

⑤子ども時代の心の傷(たいしたことないと思っていた傷)が大人になればなるほど傷も深くなり、親に対する気持ち(愛と憎しみに縛られる)も複雑になって、自分の人生を生きることが出来なくなります。そして、酷い目にあわされた出来事や心の傷はずっと消えません。

⑥発達早期に虐待を受けた子どもは、肌を包んで安心させてもらうぬくもりの不足により、身体はストレスに反応しやすくなり、自己意識や感情を適切な範囲で調整する自己調整機能が阻害されます。そして、覚醒度のコントロール異常により、過覚醒か低覚醒の間を行ったり来たりして、大人しすぎる子どもか、または乱暴な子どもか、あるいはその両面を持つ子どもに育ちやすくなります。

⑦愛情深い安全基地のイメージが育っていません。養育者が虐待的であったり、刑務所に入れられたり、精神科病院に入院していたり、頻繁に引越しがあったりして、法は自分を守ってくれず、自分の居場所もなく、内的には迫害されているように感じています。

⑧不合理な衝動を内に抱えている場合、それがいつ爆発しないかという慢性的恐怖があります。

⑨怒りの感情を内に押し込め隠すことにより麻痺することを覚えていきます。

⑩親子間のこじれが振りほどけないほどの縛りとなり、良い思い出を語るだけの経験がなく、落ち込んで、元気がなくなり、人生を生きにくくします。

⑪過酷な環境にいる子どもは、柔軟性や弾力性に乏しく、刺激に弱く、極度に組織化された防衛を有した人格構造を有しています。

⑫生活全般の困難から、精神的ストレスを受けると、すぐにエネルギー切れを起こして、集中力の低下や人の話を聞けない、面倒くさくなる、カッとなりやすくなります。

親に支配されて、侵入を許してきたので、自他の境界性があいまいです。

⑭親からの虐待や見捨てられた体験から、胸がザワザワして、恐怖や悲しみ、孤独などの恐ろしいイメージが付き纏っています。そして、怖くなると、身体が痺れて凍りつきます。

⑮本当は養育者に合わせることが苦痛で嫌でしたが、大人になった今でも、怖がりで臆病なので、猫をかぶったように相手に合わせてしまいます。

⑯トラウマを負うことで、ほんの一瞬の刺激に対しても、身体は敏感に反応するようになります。そして、音、光、匂い、気配、人、化学物質などに過敏になる傾向があります。

警戒心が過剰で、外の世界のあらゆるものに注意が向けられています。感覚過負荷の状態で疲れやすく、自分に注意が向けれずにいます。

⑱親の支配やダブルバインドを受けることで、自分のことが考えられなくなって、自分の身体や頭が固まり、フリーズして、意識が遠くなります。

⑲子どものころから、たくさん傷つけられてきて、心と身体は限界に達しています。ただし、周囲を悲しませたくないので、自分の本音を誰にも話せず、何もないふりをして生きています。

⑳大人の都合に振り回されてきたので、誰も自分の事を考えてくれないと思っています。

㉑発達早期にトラウマがあると、解離でバラバラになっていて、自分が自分であるという主体性が形成できていないことがあります。

㉒批判的な大人の部分と純粋な子どもの部分や、社会適応している部分と過去を生きている子どもの部分、周りに合わせようとする自分と怒っている部分など、自分の中にいくつかの人格部分が存在している可能性があります。

胸が苦しくて、肩はあがっていて、喉は締めつけられるように痛く、息はしづらく、頭痛や吐き気、めまい、腹痛などのさまざまな体調不良を起こしやすいです。

相手の表情を怒っていると認知しやすく、相手の言った言葉を否定的に捉えがちで、相手に否定されるのを怖がります

一人になると、どうしていいか分からなくなり、心細く、怖くなるので、誰かにしがみつきたくなります。

小児期の逆境体験により、体と脳は慢性的なストレスに曝されていて、炎症を引き起こしやすく、慢性疾患や原因不明の身体症状に罹りやすくなります。

生活が辛くなると現実感がなくなり、過去のことを思い出せなくなります。そして、時間はゆっくり流れていて、頭はぼーっとして、夢と現実が分からなくなります。

㉘自分の愛着対象が、兄弟や他の人と話していると、心配になり、恐怖が強くなります。

㉙虐待者を信頼していて、褒められたいと思って張り切っているときと、怖いと思って、仕方なし合わせているいるときなど、壮絶な葛藤のなかで生きています。

 

虐待の被害者は、虐待の苦しみを自分の問題として友達に打ち明けることがなかなか難しいものです。普通に育ってきた人は、虐待という心の痛みを知らないため、相談しても真剣に話を聞いてもらえず、余計に心を閉ざしてしまうことがあります。また、虐待者は、虐待した事実を認めることはほとんどありません。虐待の被害者は、自分の問題を秘密にしたまま、言いたいことを言えないことに慣れていき、一人で抱え込むようになります。

 

あとは、虐待をする親を非難することが多いですが、子どもの側に、医療トラウマや出産時の医療措置の影響で幼児PTSDになり、破壊的な影響を及ぼしていることがあります。母親が普通の子どもとして育てているけども、子ども側にPTSDがあって、恐怖や痛みに過度に過敏なため、母親との間で適切な情緒交流が育まれず、ズレが大きくなり、虐待的な関係に陥ることがあります。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ