機械的人間

▶問題解決のために機械的人間

 

自分を機械的にモードを切り替えて、目的達成に集中する。

目的達成のためにルーティン化し、問題解決していく。

不要な体の感覚を封じて、頭だけで活動している。

 

躾の厳しい親の元で育ち、親のご機嫌を取って、自己主張や感情を出せませんでした。体が。硬直して、固くなり、力が入って、柔軟性がなくなる。

こうするべきとか、どう振る舞えばいいかを考えて

 

 

相手は別個の存在であるという、一人ひとりの人格を尊重する。

 

体が生きている、胸や腹などの体の様子感じ、

 

目的達成のために、生産性や効率性をあげて、

 

競争社会で、価値観として真っ当な人間になれと

子供をコントロールしてしまう・

現代社会は、機械的な人間が量産されてきて

自分の感覚を麻痺させてきたために、空虚になっている。

 

幼少期から、親の望むように生きてきて、

親の目を伺いながら、

親の価値基準に沿って、いろんな価値観の影響を受けてきた。