線維筋痛症の痛み

▶線維筋痛症の痛み

 

身体的・性的暴力の被害者、医療系のトラウマ、出産時のトラウマ、事件や事故、複雑骨折の影響など

凍りつき状態が続き、トラウマの莫大なエネルギーが滞ります。

体調が悪く、全身に渡って不快感があり、痛みに変わります。

 

家庭や学校、職場の中で、機能不全に陥り、窮地に追い込まれ、動けなくなって、本来の生き生きとしていた生命力をみるみる失います。日に日に、違和感や痛みが増して、身体を侵食していきます。

頭痛、吐き気、身体の凝り、痛み、めまい、ふらつき、

 

自分の鞭を打ち、仕事や家事をこなしていくうち、

疲れすぎて過眠してしまい、起き上がれなくなって、しんどくなります。

朝は仕事に行くため、嘔吐や下痢、しんだように仕事に行きます。仕事は役割に沿って気合でなんとかします。帰宅すると、エネルギーが燃え尽きて、身体が怠く重くて、動けなくなります。

外では過緊張状態で、神経を張りつめています。

家の中では、緊張が強く、身体が凝り固まっている部分と、全く力が入らずだらんとなっています。

 

痛みや不快感のせいで頭が覚醒して眠れません。

眠りについても、身体中が痛みにみまわれます。

不眠で身体の痛みに耐えきれずに、首や肩、背中が痛みます。

 

心が疲れて、ストトレからくる身体不調で、耐えられないしんどさがあります。

 

一年中、手足が冷えて、身体の中が枯れていくような

首や背中が疼き、差し込むような痛みがあります。

 

声が出にくく、息がしづらい。