凍りつき現象と過食行動

▶凍りつき現象と過食行動

 

過食症になる人は、凍りついた身体を持つ人がなりやすいと思っているので、その辺りについて書きます。身体の凍りつき現象は、発達障害の傾向のある人や、発達早期にトラウマがある人に見られます。また、母子関係のこじれから、長年に渡って、ストレスや緊張に曝されながら、我慢に我慢を重ねてきた人に多いです。さらに、性暴力被害などのトラウマを受けることが致命傷になり、摂食障害になる人が多いです。

 

凍りついている人は、つらい体験を誰にも言えず、周囲を警戒し、本能的には何かにずっと怯えるようになります。そして、日常生活の困難に怯えて、恐怖し、身体が固まり、常に凍りついた状態で生きるようになります。固まり凍りついた身体を緩める方法の一つが食べ物を口に入れることです。無意識のうちに、凍りついた身体を緩めたくて、人は過食行動に走ります。一方、お腹が空いていると、体が凍りつきます。

 

過食症の人は、スーパーやコンビニに行って、たくさんの食べ物を買って、全部食べます。しかし、自分の見た目や、人からどう思われるか気にする人ほど、太ってしまうから、ぜんぶ嘔吐することを繰り返します。凍りついた身体を持つ人は、吐くことでも、快感を得ようとします。嘔吐への快感は、自分の胸のざわざわや、今にも吐きそうな気持ち悪さを、吐き出すことになります。

 

常に身体が凍りついて、解離傾向が高まると、味覚が消え、食欲が無くなり、食べること自体が気持ち悪くなったり、めんどくさくなったりして、拒食になることもあります。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ