凍りつき現象と過食行動

▶凍りつき現象と過食行動

 

過食症になりやすい人は、凍りつきや虚脱状態など、身体の中にトラウマを持ち、交感神経と背側迷走神経の働きが過剰になることで患う病気と言えます。凍りつきや虚脱状態にある人は、発達障害の傾向や発達早期にトラウマがある人に見られます。また、機能不全家庭や母子関係のこじれから、長年に渡って、ストレスや緊張に曝されながら、我慢に我慢を重ねてきた人に見られます。さらに、性暴力被害などのトラウマを受けることが致命傷になり、摂食障害になる人がいます。

 

身体が凍りついている人は、とても辛くて、苦しい体験を誰にも言えなくて、周囲を警戒し、本能的には何かにずっと怯えるようになります。そして、日常生活の困難に恐怖し、心も身体も限界に近いため、常に凍りついた状態で生きるようになります。身体が凍りつくと、身体感覚が麻痺していき、無力感や絶望感の世界の中に閉じ込められて、そこから抜け出すことができずに、四苦八苦します。次第に身動きが取れなくなり、よく分からないことで焦り、苛立ち、それらの不快感を取り除く方法の一つが食べ物を口に入れることになります。無意識のうちに、ストレスや不安により、凍りついた身体をほぐしたくて、人は過食行動に走ります。また、口から吐き出すことで、身体の中の気持ち悪いものを一緒に吐き出すことができます。さらに、お腹が空くとイライラしてしまうために、過食行動に走ります。一方、お腹が空いた状態が続くと、不快なので身体は凍りつきます。

 

摂食障害の人に多い性格傾向は、人の目を気にする良い子で、強迫観念があり、痩せて綺麗になりたいという願望があります。しかし、身体の中にはトラウマがあり、背側迷走神経が過剰に働くために、胃腸の消化活動が活発で、お腹がすぐに空きます。そして、定期的に食べ物を詰め込まないと、もの凄くイライラするために、人は過食行動をしてしまいます。一方、体型を気にしているため、食事を我慢したり、食べても嘔吐することで、飢餓感が強くなり、脳や胃は食べ物を渇望して、頭の中は食べ物のことばかり考えるようになります。心の方が太りたくなくて食べたいという欲望を抑制しても、心と身体は違う動きをするようになり、無茶苦茶な暴食をしてしまうようになります。その結果、もの凄く過食してしまったことを後悔し、嘔吐や下剤を飲むことで自分の体重を維持します。

 

一日中、食べ物への異常な関心で、スーパーやコンビニに行くと、たくさんの食べ物を買って、全部食べます。しかし、自分の見た目にこだわって、本人は痩せて綺麗でいたいから、過食と嘔吐をを繰り返します。一方、凍りついた身体を持つ人は、吐くことでも、快感を得ようとします。嘔吐への快感は、自分の胸のざわざわや今にも吐きそうな気持ち悪さを、吐き出すことになります。

 

過食嘔吐の人は、拒食との間を行き来することがあります。常に身体は凍りつき、さらに、何か大きなショックに曝されると、食欲や意欲を失い、味覚も消えて、食べること自体が気持ち悪くなり、拒食になることもあります。

 

▶HOME 

▶摂食障害の特徴

▶過食症とむちゃ食い

▶境界性人格障害の特徴

▶解離性の身体症状

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ