恋愛が長続きしない人の特徴

▶大事な人ほど傷つけてしまう心理

 

大事な人ほど傷つけてしまう心理は、発達早期のトラウマや神経発達に問題があり、体の中のトラウマが爆発しないように、親の目を気にして、良い子に育つ人に見られます。思春期の頃には、今まで無理してきたことが爆発して、自分軸のなさや、感情のコントロールの難しさ、うつ、解離症状、強迫症状、摂食障害などに悩むようになります。トラウマがある人は、脅威を遠ざけようとする防衛が働くために、大事な人の嫌悪する部分を見つけて、感情が爆発してしまい、取り返しのつかない事態になり、恋愛が長続きしません。

 

親の目を気にして、良い子で育っていく過程には、親が身勝手で子どもが親の目を気にしなくてはならなくなった場合と、子ども自身がトラウマなどを負っていて、身体が脆弱ゆえに周囲を過剰に気にするという、二つの側面が相互に重なっている場合があります。

 

良い子でずっと育ってきた子どもは、良いものしか受けいられないようになっていきます。良い子でいることで親に受け入れられてきた経験から、自分が人に対して悪い面をだすと、トラブルになってきたために、人間関係において、悪い関係が出来てしまうことに潔癖になります。また、自分の悪い面を受け入れてもらわなかったり、親の悪い面をみてきて嫌な想いをしてきたことが重なって、良い子でいる状態ができあがってくるようになりました。そのまま大人になると、周囲は、一見良い様にみえて、関係が深まるにつれて相手の嫌な面が目に付くようになり、それらに汚染されたくないという気持ちが膨らみ、自分の殻に閉じこもるようになります。人の悪い部分を受け付けることができなくなり、悪い事に対する耐性が全くない状態になります。

 

▶早い段階のトラウマの影響

 

小さい頃にトラウマを経験していて、親子関係にこじれていくと、過緊張や凍りついた状態で過ごすようになります。子どもは、普通の人とは感性が違って、認知の仕方に偏りが出てきます。トラウマの影響で、交感神経の働きが過剰になると、警戒心から細かいところまで気にして、相手の悪いところが目についたりします。不快なことへの耐性が弱いために、ストレスが高まると、激情したり、イライラして、大事な人に八つ当たりをしてしまいます。その一方、交感神経の働きが暴走すると、背側迷走神経のブレーキがかかるために、体が硬直して凍りつき、逃げ場がなくなり、自暴自棄や怒りの爆発が起きて、大事な人との関係がうまくいかなくなります。

 

▶親子関係のストレスの影響

 

小さい頃から、機能不全家庭で育ち、親に良く思われようと努力をしてきた人が、それが報われずに、心が苦痛だらけになり、トラウマ化していくと、大人になった後に、大事な人を傷つける傾向が見られます。例えば、毒親のもとで、望む通りの良い子でいましたが、いつ怒られるかビクビクして、怖くて生きずらい思いをしてきました。親にしてほしかったことを伝えても叶うことがなく、その一方、親にネガティブなことを伝えると、怒るし、悲しむし、自分の本音や感情を素直にぶつけられませんでした。

 

親の望む良い子でいる自分は、本当の自分がなくて、周りに合わせるばかりでした。長年に渡って、このようなやり方をしていると、自分を感じなくなり、自分が自分でなくなって、生きている実感がなくなります。そして、自分自身が一体何者なのか、現実を現実として認識することが難しくなることまであります。自分がなくなると、自分のことが分からなくなり、怒りの感情をどうしていいか分かりません。また、自分がないので、自分の好かれたい人に価値を認めてくれたり、注目されることに気持ち良さを感じます。さらに、自分がないので、相手の事ばかり考えていますが、相手も同じように自分のことを考えてくれないと嫌になります。自分が自分でなくなってしまった人は、その自分を取り戻すために、もしくは自分の価値を感じるために、底なし沼のように別れるか付き合うかを繰り返して、恋愛関係をことごとく失敗します。

 

▶大事な人を傷つけてしまうパターン

 

例えば、恋愛関係において、大切な人が出来たとしても、相手が発したちょっとした冗談やブラックなユーモアなどでも、もう嫌われてしまったとネガティブに捉えて、傷ついていき、落ち込みます。相手の言葉や行動に不誠実なところが見えた場合には、大切な人のことを信じられなくなり、手のひらを返されたように感じて、相手に怒り、関係性が続かなくなっていきます。また、そのことに悲しみ、絶望から抜け出せず、身体が固まり、頭の中が混乱して、怒りが爆発します。その後も、許さないという恨みつらみを思い出して、暗闇に堕ちて、相手を傷つけることもあります。このようにして、大事な人ほど傷つけていくようになります。

 

恋愛になると、相手に急接近して、理想化しますが、相手の言葉や態度を細かいところまでチェックして、悪く受け取る傾向があります。また、自分の事を分かってくれて当然という態度だったり、相手の状況を考えることなく、おかまいなしに侵入します。そして、繊細でちょっとしたことでも悪く受け取るので、すぐ傷ついて、大事な人にそのような言動を取られることが最も耐えられないこととなります。その結果、傷つけられたと感じて、自分にとって大事な人ほど、なぜ理解してくれず、自分の事を傷つけてくるのかが分からず、恨んでいくようになります。そして、大事な人ほど傷つけて、関係を破綻させて、逆恨みをします。

 

境界性人格障害の傾向がある人は、相手のことをすぐ好きになり、大事な人のことを喜ばし、褒めることが得意です。また、大事な人に対して、「好き」「嫌わないで」「見捨てないで」ということを頻繁に言います。さらに、大事な人に対して、性的誘惑や質問責め、試し行動をして愛情を確かめようとします。愛情を確かめたくて、相手を振り回してしまって、傷つけてしまって、それでもまだ自分から離れていかないかを試してしまいます。そこで相手が、面倒な態度を取ると、傷つきが深くなり、関係が悪化します。傷つけたくないのに、逆のことをして、大事な人との関係が終わってしまいます。

 

劣等感が強い人の場合は、大事な人ほど、自分のことを知っているので、自分の本性を知られたようになり、それが嫌になったり、大事な人ほど、近くにこられたら、自分の中に入ってこられるのが怖くなって、離れたくなります。このように、自分にとって特別な大切な人がいることが不安になります。過去のトラウマがあり、自分がしてきたこがバレたくないので、関係が深まるほど、人間関係を切り離したくなります。

 

逆に、大事な人に依存傾向がある人の場合は、相手がいなくなると、何も感じないし、ぼんやりします。大事な人がいることで自分の存在が発生し、自由に生きれるようになります。その場合は、相手に預けているものが大きすぎて、重たくなって、相手の方が崩れていきます。自分が大切だと思っていることを相手が受け止めきれないほど大きくなっています。

 

そして、同じことを無意識のうちに繰り返します。大事な人と関係が深まれば深まるほど、傷つけてしまって、大事でない人と関係を持とうとしてしまいます。親しい人ほど傷つけて、好きな人ほど傷つけてしまいます。傷つけたくないと思っても、その人の心の中には分裂した部分があり、自分の中に悪魔が棲んでいて、幸せになろうとすることを邪魔します。そのため、自分の中の悪魔が人を傷つけたら駄目だから、人間関係を避けることもあります。

 

トラウマがある人は、体に安全感が持てないので、安全感を他者に求めるところがありますが、自分の思うようにいきません。自分の体が落ち着かなくて、モヤモヤやイライラが出てきても、その解消の仕方が分からずに、人はなんでもしようとします。そして、うまくいかなくなると、じっとしていられなくなり、すべての関係を断ち切り、リセットしたいと思うかもしれません。その一方で、一度相手に安心したら、自分のネガティブな感情の処理をしてもらえると思って、何でも言うようになり、どんどんエスカレートして、無理な要求をしてしまうようになります。また、相手に気を許したら、怒ることが増えていき、大事な人の身勝手な行動に腹が立ってしまいます。

 

まとめると、大事な人に愛されて、全てを受け入れてほしいと望み、様々な試し行動をしたり、無理を言ったりして相手の愛情を計ろうとしますが、相手は人間であり、全てを受け入れれるわけではないために、関係が難しくなります。幼少期に愛情で満たされにくかった経験が、大人になって、大事な人に向くことで、全てを受け入れてほしいという欲求になって現れていると言えます。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ