井上 陽平 

 

  自己紹介

  生年月日:1979年10月11日

  出身地:兵庫県芦屋市

 

自己紹介:

 

大学院臨床心理学コース修了。

児童養護施設でのボランティア活動。

情緒障害児短期治療施設にて、子ども達の生活支援及び相談業務を行う。

精神科クリニックにて精神分析の研修を受ける。

現在は、『ORIEN TEER』カウンセリングを個人開業。

大阪精神分析セミナーの事務スタッフ。

 

日本心理臨床学会および日本精神分析学会会員。

 

興味のある研究:

 

トラウマを受けたこころの世界の研究

トラウマによって両極に引き裂かれた肉体を持てない魂(情動的人格部分)との対話から、変性意識状態による憑依とか、悲しみや怒りが悪魔化、人格化した後の精神力動(情動と理性と第三極のダイナミズム)を研究しています。また、慢性化したトラウマから、解離傾向が強くなると、自分が自分で無くなる不安が生じるため、自分を守ろうとして安全な退避場所に避難する心の働きと、生きるか死ぬかという極限の状況下で発動された原始的防衛システムが、その後の人生にどのように作用していくのかを研究しています。

 

その他、「人間」とは何か?とか、現代社会の諸問題に興味があり、社会の暗い側面を興味があります。日常では、弱い立場にいる人々の視点に寄り添い、支援者としての努力をしながらも、その行為に矛盾や偽善を孕んでいないか自問自答しながら活動しています。さらに、先住民のシャーマニズムや自然崇拝を研究している方と協力していき、現代の心理療法に在来知を融合させて、新しい心理療法を模索しています。

 

心理臨床家を目指したきっかけ:

 

理由は複雑ですが、まず、メディア社会の光と影です。光が輝く場所ほど、鏡には程遠い深い闇が映ります。権力者による少年/少女への性的搾取、セクハラ、パワハラ、法外の暴力等、社会や人間の変えようのない暴力があります。そこでトラウマに遭った人の生々しい体験を聞いたり、見たりすることがありました。また、アイドルにはたくさんのファンがいますが、その一方で、その恋人は羨望の的となります。アイドルの恋人は、怪文書、脅迫、待ち伏せ、暴力、レイプ、嫌がらせから生き残るために、私はカモフラージュ役やボディガード的な役割を取り、周りの友人たちとサポートしている時期がありました。そこのリーダー的存在は、見ず知らずの人に傷つけられた彼女と同じような性被害を受けた女性であり、その女性は、もう危険な目に遭わせたくないとして彼女を守っていました。私はその女性からさまざまな情報を教えてもらいながら、彼女とエキサイティングな日々を過ごしていました。昔の話になりますが、その女性の言葉や態度【大切な親友をどんなことがあっても守る】が、今も私に影響を与えています。

 

次に、トラウマによる心の麻痺から過剰な警戒まで多様な姿を見てきたことです。一つ目は、ほとんど寝ずに、恐怖と不安が入り混じり、居ても立っても居られず、本当の気持ちを探すために、すぐに行動してしまう人と長い時間を過ごすときがあって、その人が交換日記に書いていた「自分が自分で無くなりそうで怖い…だから自分を守る」という言葉です。その言葉の意味と見てきた行動を照らし合わせて考え始めたおかげで、精神医学や解離、トラウマの専門書や当事者の手記を何万ページと読みました。二つ目は、外傷体験後に会いに行くと、表情や言葉、歩き方が子どもに戻っており、まばたき一つしないまん丸な目の女の子が今でも私の心の中に残り、フラバした時の声などが忘れられません。その次に会った時は、いつも通りの大人のキツネ顔女子に戻っており、あのまん丸な目をした女の子は今どこにいるのだろう?と考えました

 

さらに、悲しい思いをしてきたトラウマ被害者が、加害者にもなるため、自分も巻き込まれて被害に遭うことが何度もありました。私はトラウマ被害者が変わっていくことを願いましたが、変えることは実に難しく、どうしようもなさに途方に暮れました。一般に、トラウマの犠牲者が弱っているときに、過去の強烈な光景や感覚、情動が呼び覚まされると、交感神経システムに乗っ取られて、心は凍りつき、自分では全く統制が出来ない状態になり、不適応な代償行動として再被害・加害に転じてしまうことがあります。たくさんの被害を受けてきた人ほど、加害者になりやすく、司法に抵触し、裁かれてしまう恐れがあるため、それを防ぎたいという思いから、専門家になろうと思いました。あとは、解離性同一性障害の観察者の人格部分の刹那的な生き方【生きるか死ぬかの世界で自分の半身/片割れを守ろうとする姿】と、私の人生(極限の状況下で、トラウマを負った人を傍で見てきた)が似ていて、親近感を持ちました。

 

私自身も、自分が自分で無くなるという狂気に襲われた彼女の無理難題(フェレンツィの大実験のような)に付き合ってた時期があり、その彼女を失いたくない気持ちと無力感と疲労でスダズタになりながら、脳がシャットダウンしかかることがありました。日中の仕事をこなしながら、プライベートの時間は、過去のトラウマの症状から、居ても立っても居られない状態の彼女を見ていかなければならず、本当に疲れ切っていました。その時は、切迫した選択肢に迫られており、長時間、車を運転していて身動きが出来なくなっていたのも大きな原因だと思いますが、呼吸が浅く早くなり、背筋を丸くして、顔を伏せて、白っぽくなっていく風景のなかで、ヤバイと思いつつ速度を落としハンドルを握りながら、強靭な力で目の前が真っ白に埋めつくされていきました。頭の中がおかしくなっていくので、急いで車を路肩に止めました。そして、視覚できる範囲が全て真っ白に覆われ、固まり閉ざされていくなかで、隣の彼女はトラウマのことをよく分かっていたので、私を抱きしめました。私は香水の香りと肌の温もりに包まれ、凍りつきかけた身体を全身のエネルギーを吐き出すかのように大粒の涙を流し、体をブルブルと震わせ、光の霧が溢れ返り混じり合う現実の感覚に戻ってくることができました。そのおかげで私はトラウマ化せずに済みましたが、もし、隣の彼女が何もしていなかったら、白っぽい空間に呑み込まれて、環境との接触が途絶えていたかもしれません。そして、茫然自失から回復したあとは、街角の現実感を失い、それまでとはまったく違う世界に住んでいた可能性があります。

 

20代の頃から、トラウマを自分の目と耳を使って見てきました。過覚醒の研ぎ澄まされた怒りとか、救いようのない悲しみの痕跡を持つ人の心が固まり閉ざされていく様子を見たりとか、過酷な人生から生き残ってきた人たちが相互に助け合う姿に畏怖の念を感じました。人間や社会システムの暗い側面ばかり見ていくと、通常の世界とはディスコミュニケーションが起きるので、属せなくなっていきますが、分からないことや知りたいことが増えていき、自分にピッタリくる言葉を探すために考えるようになりました。支援者としては、配慮が足りないところからスタートしていたので、トラウマの犠牲者の途方もない苦しみを理解するために、当事者研究やブログ、トラウマの専門書、さらには、慢性自殺志向、解離性障害などの方のフィールドワークを行い、病院臨床、児童養護施設や情緒障害児短期治療施設で子どもの生活場面で仕事やボランティアをしました。当事者の文章を読み、生活場面を見ていくことで、自分が自分でなくなることの不安や、内なる子どもと保護者人格等の変性意識状態、さらには、個人が自らがもつ最悪の敵であるような、内なる「なにか」の存在に行き当たりました。この存在は、攻撃性から成る残忍な牢番であり、苦痛を与える者であり、どんなに人が夢を諦めないと、病気に負けないと、幸福や喜びを希求しているにしても、常に悲惨と不幸と自己破壊に向かわせ、内的世界では、それが常に働いています。人のこころのその存在すら知られていない住人であり、一般に教育不能で、人間への制裁、復讐、殺害幻想を抱く危険な存在です。この内なる「なにか」とは、子ども時代に身代わりになり、この世に絶望し拒絶したため、病状の中に閉じ込められた人格部分であると考えらますが、それ故、ジャネの解離論、フェアバーンの対象関係論などに興味を持ち、大学院で研究をしました。今は、過酷な人生を一人で戦っている方に対して、トラウマケアの心理相談室という形で何かできたらと考えて作りました。

 

臨床家としての姿勢:

 

日常では、当事者の言葉を何万と目を通していき、トラウマや人間の苦しみへの理解に努めています。専門家として基盤にしている理論は、心的外傷(トラウマ)理論や精神分析学理論になります。外傷理論では、ヴァン・デア・ハートの構造的解離理論、ドナルト・カルシェッドのセルフ・ケア・システム、ヴァン・デア・コルクやピーター・リヴァインらによるこころと脳と身体をつなぐトラウマ臨床などが基本になります。精神分析学理論では、フェアバーンの対象関係論、フロイトの自我心理学、コフートの自己心理学になります。さらには、社会学、哲学、政治学、経済学、脳科学、進化生物学、神経生物学、文化人類学、動物行動学など心理学以外の領域にも興味があり、幅広く目を通しています。

 

基盤としている技法は、解離したトラウマを持ち歩いている方の場合、ロジャーズの来談者中心療法が基本的技法になります。そこにマインドフルネス、身体志向アプローチ、呼吸法、イメージ療法、自由連想法を組み合わせた技法を使い、自己調整機能を回復を目指します。また、トラウマによって、思考の混乱や自分のことがよく分からなくなっている人のために、外傷理論による心理教育が必要であると考えています。また、環境・生活サポートをしながら、自然の中で身体や神経系を癒していき、社会的交流を通して扁桃体を刺激する現実体験療法という未知なる療法を開発しています。精神分析的技法は、乱らに使うことはありませんが、生活全般の困難から抜け出し、恐怖を克服した後に、より美しく、創造的に変化していきたいというモチベーションのある方には、精神分析的なスタイルが有効だと思います。

 

尊敬している心理臨床家:

 

ドナルド・カルシェッド(ユング派分析家、「セルフ・ケア・システム」)

フェレンツィ・シャーンドル(精神分析医、「フェレンツィの大実験」)

ピーター・A・ラヴィーン(神経生理学者、「ソマティック・エクスペリエンシング」)

 

▶HOME ▶電話カウンセリングのページ


◆神戸岡本カウンセリングルーム◆兵庫県神戸市東灘区岡本6-4-16-アルシェ岡本101号室

阪急電車岡本駅北口から徒歩8分。JR摂津本山駅から徒歩13分。トラウマケア『こころのえ』相談室

阪急岡本駅北口からまっすぐ歩いて、突き当りを左に曲がってください。川についたら橋を越えて右に曲がってください。一つ目のやや広めの道を左に曲がってください。あとは、そのまま道沿いを歩いて岡本エクセルの前にある赤レンガのマンションが当相談室になります。