> > 病的解離とその悪魔性

悪魔に乗っ取られた自己


ここでは、小さい時から解離(自己の感覚が麻痺し、分離していき、自分が自分でなくなっていく病理)という防衛を使うことにより、その人に宿る複数の人格間同士の関係に問題が生じて、ある人格が悪魔に成り果て、トラウマを再演させる現象について書いています。レイプなど犯罪被害者や虐待を受けた子どもは、何度も似たような被害に遭い、犯罪にまで巻き込まれてしまうことは知られていますが、高い度合いの解離によって、本人が自覚できないか、もしくは頭がフリーズして自分の行動を制御できない間に、そのような特定の行動パターン起こします。被虐待児や性暴力被害者は、重いトラウマを引きずっていて、すぐに足がすくんで動けなくなったり、意識が朦朧としたり、頭の中の世界に逃避したりして、日常生活をどうにかやり過ごしてきました。物心ついた頃から、不穏な場面では、違う自分を作って、自分の中の都合の悪いものを捨ててきました。その痛みを押し付ける生活パターンが、1年、2年と経つ毎に、自分とは関係ない何かが強い意志を持つようになり、勝手に行動しだして、段々と成長していき、別人格として表立ってきます。

 

このように日常生活を過ごす主人格は、自分の人生を生きてきたつもりでいましたが、実際は、痛みや不都合なことを押し付けていく人生になります。最初のうちは、死に瀕するような被害に遭っても、身代わりになる部分が、強い痛みや感情を代わりに引き受けてくれることで、主人格の命を生き延びさせてきました。主人格には、被害の記憶や感情が抜け落ちており、痛みや恐怖、怒りは自分のもので無くなります。これは、自分の痛みに目を向けていると、身体がきつくなって、生活が立ち行かなくなるので、日常生活をあたかも正常かのように過ごすには、必要なことになります。このように自分が脅かされる場面において、自分の痛みや感情を切り離す行為は、逃避のように見えますが、防衛的な別の自分がうまく立ち回ることが生存を高める戦略となり、そうすることで生活全般の困難を乗り越えてきましょた。しかし、死に瀕するような被害に遭い、身代わりになる犠牲者の部分は、おぞましい状況でしか表の世界に出て来れないために、おぞましいことしか考えなくなり、痛みや怒りがもの凄く溜まっていき、主人格を苦しめる存在に変わることがあります。

 

主人格が被害に遭って苦しんでいるときは、身代わりになる犠牲者との部分との間で、特に問題はおきません。しかし、主人格が痛みの経験が遠のいていき、何も問題がなかったかのように生活を始めていくと、痛みや不都合なことを押し付けられた犠牲者の部分との間に亀裂が大きくなります。主人格と犠牲者の部分では、この現実世界への捉え方が違っていて、主人格は、トラウマなんてなかったかのように過ごし、苦痛だった出来事も忘れていきます。そして、主人格は、幸福を求めて、友人関係や異性関係に忙しくなります。しかし、犠牲者の部分は、不都合なことから逃げて、痛みを忘れて、幸せを望む主人格のことが段々と嫌いになり、自分と同じ目に遭わせてやりたいと思うようになります。そして、いつしか悪魔に成り果てた存在になり、自分が被害を受けたときの苦痛を、同じような与えたいと願うようになります。

 

日常を過ごす主人格は、性暴力などの被害者ですが、悪魔に成り果てた存在に幾十もの罪を背負わされて、自分の中の自分でない部分に憎まれます。 悪魔に成り果てた存在は、自分の中に棲みついて、夢の中や表の世界に現れて、抑えられない怒りで暴れまくります。主人格は、生きることへの希望を失い、疲れ切って、もう死にたくなりますが、悪魔は、「簡単には死なせはしない、死にたいというほどの生き地獄のなかでもがき苦しめ」と呪います。

 

また、悪魔は、主人格が無防備になっているときや、幸せになりそうなときに現れます。この悪魔は、生きようとする希望を挫く存在で、幸せを望むことは愚かなことだと罵ります。そして、今まで受けた痛みを倍返しにする計画を立て、トラウマを再演させます。心の中に悪魔がいる人は、その存在が憑りつくと、忌まわしき不吉な口調な代わり、その場を最悪な空気にして、周りの信用を失います。希望はすぐ絶望に変わり、どん底に突き落とされます。人間関係を築くことが絶望的になり、ひとりぼっちで過ごします。そして、ずっと何かに追いかけられている焦燥感のなかで、自分で自分をコントロールできないくらいなら死んでしまいたいとか、別の状態で生きてしまっていることが苦しすぎて、死ぬことを計画し、慢性自殺志向になります。

 

そのような症状を抱える患者は、解離性同一性障害や境界性人格障害などの複雑なトラウマを抱えている人や、解離症状を示す統合失調症の人であることが多いです。悪魔は、主人格に「死ね、殺す」など毒を吐き、周りの人の声や今喋っている人の声を真似て、主人格を惑わします。また、主人格の正気を失わせるために、声を真似て妨害工作したり、人間関係を勝手にブロックしたり、インターネットでなりすましをして、大事な人を傷つけます。さらに、性暴力被害者の場合は、悪魔は、周りを挑発して、再び被害に遭うように持っていきます。そして、援助交際やレイプのお膳立て、性風俗で働く、暴力的な人間に近づくなど様々な混乱を引き起こします。このようにもう一人の自分が暴れる度に、本来の自分は周りの人に誤解されてしまうため、もう一人の自分の印象だけが残って、自分の居場所が無くなり、何も言えなくなります。

閉鎖病棟内で憑りつく悪魔


心の中に悪魔がいる人は、自殺や他害の恐れから、社会に出ることが難しくなります。外の世界の人々と生活していくことが困難で、家族からも 見放された人は、精神科の閉鎖病棟で生活するようになります。閉鎖病棟というのは、社会の中で、報われない人々の苦悩が集約されたような場所になります。病院の質によって様々ですが、病棟内は、医療の専門家によって徹底的に管理されており、逃げ出すことができない場所であり、問題行動を起こすと、身体拘束や隔離されます。複雑なトラウマがある人の場合は、身体拘束や隔離により、何脅かされることが繰り返され、トラウマを再体験しつづけ、慢性的な不動状態に陥る危険があります。身体の中のトラウマのメカニズムは自分の意志に反して発動するので、病棟内に閉じ込められた人は、闘争・逃走失敗を繰り返して、身体が凍りつき、虚脱して動けなくなります。そして、慢性的な不動状態から、受動的に取らされた姿勢を保ち続け、自分の意志では変えれなくなります。彼らは、病棟という地獄の世界にいて、まともに動くことさえできなくて、自分の中の悪魔たちに裏切者扱いされて、冷たい世界で凍りつきます。

 

解離性同一性障害や境界性人格障害の人、もしくは解離症を持つ統合失調症の人にとって、閉鎖病棟というのは大きな洞穴の中に下りて行くようなものです。そして、洞穴の中に閉じ込められて、徹底的に管理されます。地獄の最下層は、凍りついて真っ暗な世界で、失われた心が永遠に閉じ込められており、周りには鎖に繋がれた怪物がいます。罪人は、台の上で寝させられて、怪物みたいなものに囲まれ、終わりのない拷問を受けます。自分の中の悪魔が、幻聴として現れるようになり、今まで散々に苦しめられた分、同じ苦痛を味わわせると言って「目をくり抜くぞ、燃やしてやる、指を切り落とすぞ」と脅します。また、食事を取るのに手を動かそうとしても、別の大きな悪魔的な存在が抵抗して、食事を口に運ぼうとすることを拒みます。心の中に悪魔がいる人は、悲鳴をあげて、絶叫して、すすり泣き、この表の世界に出て来れなくなります。

 

トラウマケア専門こころのえ相談室 

論考 井上陽平