> > 神経質で繊細な人

神経質で繊細な人


 第1節.

神経質とはどんなものか?


1919年に森田正馬が創めた神経質を治療する森田式療法において、神経質は次のように定義されています。当時、神経質は複雑な生活から、あるいは、心身過労から起こる神経衰弱という病気と考えられていましたが、森田は、この病気は精神的な気のせいで起こるもので、決して神経の衰弱によって起こるものではなく、ある特殊な気質の人に起こり、神経質は病気ではなく、病気としての治療では治らないと考えました。

 

神経質によって、頭痛、癇癪、不眠、めまい、心悸亢進、脈拍結滞、呼吸困難、脱力感、注意散漫から、対人恐怖、不潔恐怖、疾病恐怖、尖鋭恐怖、広場恐怖など様々な症状が引き起こされます。これらは、誰でもが起こる不快な感覚を気にしだしたことから始まり、そのことばかりを執着することによって不快感がますます増幅され、症状として現れます。このように神経質による様々な症状が自分の心の中から引き起こされるという理論に基づき考え出された森田式療法は、現在も恐怖心や不安感、強迫観念による心身症や不安神経症不安神経症、うつ病、パニック障害などの疾患に対して適用されています。

 第2節.

トラウマティックストレスと過緊張


神経質で繊細な性格は、複雑なトラウマを抱えている人や胎児期ストレスや誕生時の外傷など発達早期のトラウマを抱えている人、発達障害の傾向にある人に多くて、過緊張状態にあります。筋肉や内臓は張っていて、脳には危機感があり、外の刺激に過敏に反応します。視覚や聴覚、嗅覚などの五感からネガティブな要因を発見して、不快な状況になると、筋肉は硬直し、戦うか逃げるか反応が出ます。その状況をうまく対処できない場合は、凍りつき反応が出て、頭痛や腹痛、息苦しさ、首肩の張り、吐き気、耳鳴り、手足の痺れなど、身体に負荷がかかるため、そのことに対して不快感が悪化します。また、不快感を強く感じているにも関わらず、その場に耐え続けなくてはならない場合は、身体が凍りついて、気が狂いそうになり、じっとしていられなくなります。

 

日常生活においては、不安-緊張ベースで活動しており、想定外のことが起きないかどうかで怯えています。例えば、誤ったことをしてしまったり、ビックリするようなことがあると、驚愕反応が起きて、過覚醒から凍りつき、パニックなどトラウマ症状が出ます。そのため、脳と身体の神経は、自分にとって脅威となりうるものを素早く察知して、頭の中で思考を巡らせ、細かいことまで考えます。そして、脅威となる対象には、排除しようと試みるか、逃げ道を探るか、我慢していくしかありません。長年に渡って、緊張とストレス状態が続くと、自分の身を守るための姿勢を取り続けるため、疲労が蓄積されて、心臓や皮膚が損傷し、血液の循環が悪くなり、手足は冷たく、胃腸の調子が悪く、脳の容積が縮小するかもしれません。

 第3節.

神経質な人をチェックする7項目

①身体に記憶された過覚醒とシャットダウン


脳や身体は、危険が未だに残っているかのように反応して、次の変化に備えて緊張が強まり、頭の中は過去の出来事や記憶に勝手に浮かんできます。そのため、トラウマがある人の場合は、安全であるはずの日常生活においても、外傷体験を負った際のもの凄い衝撃を身体が記憶しています。トラウマが去った後でも、身体の神経は不快な状況や想定外の出来事が起きると、身体は硬直して、戦うか逃げるの過覚醒反応が出ます。過覚醒の時には、心臓の鼓動が高まり、息は浅く早く、手足の筋肉は隆々として、すぐに身体が反応します。しかし、うまく問題を解決することができずに、感情に圧倒されてしまうと、脳がシャットダウンを引き起こして、心臓の鼓動が弱まり、心拍数や血圧は下がって、死を予感させます。このような恐ろしいことが二度起きないようするため、神経質な性格になります。

②身体の神経と自分の気持ちの分裂


トラウマがある人が危険を感じると、背中を丸めて、全身を縮める姿勢を取り、自分の喉や心臓を保護します。このときは、身体が硬直から凍りつくときで、筋肉が収縮していくために、神経は圧迫されて、頭や心臓などに痛みが出ます。早い段階にトラウマを負っていて、その症状が複雑化するほど、身体の神経の働きと、自分の気持ちの部分が分裂しています。身体は、交感神経(過覚醒)と背側迷走神経(低覚醒)の間を行き来して、心臓や胃、顔のパーツ、四肢の筋肉など様々な生理現象の変化し、感情の起伏が激しく、身体が敵になります。身体への不安が大きいと、外の気配や物音に対して神経質になります。

③親子関係のストレスと過敏性


人一倍敏感で傷つきやすい人は、子どもの頃から、親や兄弟などに責められて、理不尽な目に遭い、自分の思うように出来なくて、居場所がありませんでした。特に、母子関係のストレスやトラウマを負っていることが多く、外では外面を取り繕っている親が家の中でヒステリックになり、暴言を吐きます。子どもは、親の気配や足音、声、表情などあらゆるものに敏感になり、身体を縮めて、無意識のうちにサバイバルモードに変化します。親が今どこで何をしているかを探るため、ずっと目をこらして、聞き耳を立てて生活しています。このように全身で危険を感じていて、不快な状態が続くと、脳のフィルターが機能しなくなり、他者のネガティブな態度や言葉が心に突き刺さります。また、無防備でいる時は、ちょっとした刺激にもビクッとするような驚愕反応を起こります。

④周りの人が気になり神経が張りつめた生活


トラウマがある人は、自律神経系がうまく働かなくて、パニックやフラッシュバック、過呼吸、節々の痛み、体調不良など様々な症状が現れます。そのため、身体がしんどくて、その負担を出来る限り減らそうとするので、周りの目を気にしながら、自分の目で周りを観察し、耳を澄まして、過剰に注意を払って、目的を達成しようとします。神経を張りつめているのは、最悪なことを避けるためであり、人の気配や足音、話す内容、生活音、振動、匂いなど全てのことに意識が向きます。PTSDの人は、聴覚過敏になりやすく、飛び交う言葉や不快な音なども心に突き刺さるので、音のない生活を望みます。

⑤身体の中に滞っているトラウマ


長年に渡って、酷い目に合わせながらも、戦うことも逃げることも出来なくて、相手に合わせるしかなかった人は、身体の中に膨れ上がるようなエネルギーを滞らせています。トラウマをたくさん閉じ込めている人は、嫌な刺激により、その傷が疼くと、不安、苛立ち、焦り、不快感で、物事が手につかなくなります。不快な状況がしばらく続くと、もう嫌になって、うずくまり、発狂しそうになります。気持ちの方は、苦しみ、辛さ、怒り、寂しさ、孤独などで自分の感情に圧倒されます。身体の方は、頭や首、肩、背中が痛くなったり、胃や腸の調子が悪くなったり、吐き気や体調が悪くなります。

⑥対処できずに絶望するとき


身体の中にトラウマがある人は、心の中は問題ないと思っていても、外の場面により、身体が危険や脅威を察知して、モヤモヤ、イライラ、ムズムズして、じっとしていられなくなります。イライラしている時は、自分との戦いになり、問題解決の方法を考えて動きますが、敵が明確でなかったり、太刀打ちできなかったりした場合は、何度も無力感を味わい、絶望的な状態に陥ります。不安や恐怖に苛まれるような毎日が四六時中続くと、生きることに絶望し、この世界の事象に何も期待しなくなります。

⑦穏やかな毎日を望むこと


複雑なトラウマを抱えている人は、身体の中で闘争・逃走反応を閉じ込めているため、家族や社会に居場所が無く、自分の思うように問題を解決できないとかなりしんどい状態に置かれます。トラウマを抱えている彼らの願い事は、穏やかに毎日を過ごすことです。トラウマ治療では、不快な場面に曝されて、身体が凍りついても、パニックや回避行動にならないように、自分の身体の感覚や反応を見ていって、呼吸を整えるか、安心できるイメージを思い浮かべるか、運動するかして自己調整していくスキルを磨いていきます。また、好きなことに対しては、想像できないくらいの力を発揮することもあるので、長所を伸ばしていける支援が良いでしょう。

 

トラウマケア専門こころのえ相談室

更新:202-05-29 

論考 井上陽平