神経の繊細さと過敏さ

▶神経の繊細さと過敏さ

 

神経が繊細な人は、複雑なトラウマがある人か、発達障害の傾向がある人に多くて、刺激に過敏になりやすく、その状況に慌てたりします。ネガティブな要因から、身体に負荷がかかると、全身が固まったり、恐怖で身体が縮みます。日常生活では、自分にとって脅威になりうるものを、素早く察知して、排除しようとします。

 

トラウマがある人の場合は、過去に外傷体験を負った時の強い衝撃を受けていて、その時の記憶を身体が覚えています。神経は尖り、過敏になり、過去の出来事や記憶に覆われていきます。日常生活において、ストレスや不快なものや、想定外のことが起きると、身体は硬直して、戦ったり逃げたりする過覚醒反応が出ます。過覚醒のときは、心拍変動が大きくなり、刺激に対してすぐに身体が反応しますが、恐怖に圧倒されるとシャットダウン(低覚醒)します。身体が硬直するときは、筋肉が収縮していくため、神経は圧迫されて、心臓などに痛みが出ます。トラウマが複雑化するほど、交感神経(過覚醒)と背側迷走神経(低覚醒)の間を行き来して、生理現象が変化します。

 

子どもの頃から、親や兄弟などに責められて、八つ当たりされて、自分の思うように過ごせなくなって、居場所が無くなりました。不快な状況が続くと、脳のフィルターが機能しなくなり、心のバリアも無くなります。PTSDでは、ちょっとした刺激にビクッとするような驚愕反応を起こります。特に、無防備でいる時に、想定外のことや急なことが起きると 身体がビクッと反応します。

 

トラウマがある人は、自律神経系がうまく働かず、パニックや過呼吸、節々の痛み、体調不良など様々な症状が現れます。そのため、不快な状況を上手に対処しようとして、周りの目が気にしながら、自分の目で周りを観察し、耳を澄まして、過剰に注意を払います。神経を張りつめながらの生活は、最悪なことを避けるために、人の気配や足音、話す内容、生活音、匂いなど全てのことに意識が向きます。

 

長年、酷い目に合わせながらも、戦うことも逃げることもせず、相手に合わせて我慢してきた人は、身体の中に膨れ上がるような莫大なエネルギーを滞らせています。トラウマをたくさん閉じ込めている人は、不快な刺激により、その傷が疼き始めると、不安、苛立ち、焦り、不快感で、物事が手につかなくなります。不快な状況がしばらく続くと、もう嫌になって、うずくまったり、発狂しそうになります。気持ちは、苦しみ、辛さ、不快感などで自分の気持ちに耐えられません。身体のほうは、頭や首、肩、背中が痛くなったり、胃がやけつくように感じたり、吐き気や体調が悪くなります。

 

身体の中にトラウマがある人は、自分の心は問題ないと思っていても、身体が危険や脅威を察知して、モヤモヤ、イライラ、ムズムズして、じっとしていられなくなります。イライラしている時は、自分との戦いになり、問題解決の方法を考えて動きますが、敵が明確でなかったり、太刀打ちできなかったりした場合は、何度も無力感を味わい、絶望な状態に置かれます。不安や恐怖に苛まれて、このような毎日が四六時中続くと、生きることにうんざりして、この世界の事象に何も期待しなくなります。

 

トラウマがある人は、身体の中で闘争・逃走反応を閉じ込めているため、自分の思うようにできないとか、上手に問題解決できないと、かなりしんどい状態に置かれます。トラウマを負った彼らが願う事は、穏やかに毎日を過ごすことになります。トラウマ治療では、不快な刺激に曝されても、自分の身体の感覚や反応を見ていって、呼吸を整えるか、安心できるイメージなどを使って、自己調整していくスキルを磨いていきます。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ