> > トラウマのブラックホール

虐待サバイバーの心の闇


複雑性PTSD(慢性的トラウマのサバイバー)のなかには、身体の喪失や自己が喪失している人がいます。彼らは、被害に遭った時から、自分を防御する姿勢を取るようになり、長い年月に渡って、身体を凍りつかせてきました。普段から口もとから全身にかけて力が入り、手足は痺れ、身体の中には莫大なエネルギーを閉じ込めていて、神経が痛み、疲れ切っています。危機的で絶望的な状態のなかで生活を送っていますが、自分の状態に気づきたくないと思っています。自分の身体に注意を向けると、そこに身体が失く、自分の内面を覗き込むと、崖と崖のあいだの境界のようなものが存在し、真っ黒な空間があります。身体の中には、ブラックホールのような大きな穴が空いていて、空虚なイメージや空っぽの感覚が広がり、そこは寒々しく底が見えない恐怖があります。

 

慢性的トラウマのサバイバーは、心の闇が深くなり、虚脱状態に陥ると、ぐにゃぐにゃと力が入らなくなり、ふらふらして動けなくなります。生きているか死んでいるかも分からなくなり、自分の中心が空っぽで、自分の感覚が掴めなくて、実存の中心が空虚です。身体にはぽっかりと穴が空き、何もかもひどい感覚に引きずり込むような大きな穴があります。その身体の穴を覗くと、自分を掴んで閉じ込めてしまうような強力な力と対峙します。また、胸を中心におぞましい記憶や複雑な感情が渦巻きます。真っ黒な穴は、人と話しているときや読書をしているときに、突然現れて自分に取り憑き、境界の向こう側に連れて行かれます。

 

慢性的トラウマのサバイバーは、闇にまみれた自分の心を感じることが恐ろしく、自分が耐えられる以上の感情が渦巻いており、それを感じたときには、落ち着かなくなり、気分が悪くなり、手に力が入らなくなり、足の方も力が入らなくなり、身体がどうにかなってしまって、息が苦しくなる恐怖や自分の感情に圧倒されてしまう恐ろしさ、自分が自分で無くなるような不安があります。そして、絶望と混乱のなかで、絶叫したくなるのを押し殺し、大荒れの渦に巻き込まれると、パニック発作が起きて、自分では収拾がつかなくなり、自分が消えてなくなるように感じます。その後は、理性的な自分が、別の人格部分に乗っ取られるか、機能停止して動けなくなり、その間の記憶が抜け落ちているかもしれません。

ブラックホールに吸い込まれると


一方、闇への好奇心から、その闇を覗き込む人もおり、深くどこまでも続く真っ黒な穴があります。黒いものが一瞬自分に取り憑いて流されていくと、境界の彼方へ連れていかれて、もう二度と戻れないかもしれません。しかし、一度ブラックホールに飲み込まれて出口が見えないと希望がないように思うかもしれませんが、ホーキング博士が言及しているように、ブラックホールに飲み込まれた人は、それを超えた世界に行ける可能性があると言っています。すなわち、境界の向こう側の世界へと抜け出して、現実とは異なる世界を見ることが出来るようになります。境界の向こう側の世界とは、トラウマの内なる世界であり、自分を動かしている存在や自分の身代わりになった存在がぼやけて見えてくるかもしれません。

闇の世界では


慢性的トラウマのサバイバーは、痛みと暴力の世界にいて、もう生きることに絶望していて、そんな自分の存在を消し去りたいと願ったり、人を傷つけてしまうことも、人から傷つけられることもない世界に行きたいと願っています。自分の身体から離れて、苦痛を伴う現実世界をシャットダウンすると、頭の中で思考が自動的にいくつも浮かび上がって、それが延々と回るような世界に行きます。そこは、死にかけの身体を引きずり、何とか逃げ落ちた真っ暗な冷たい世界で、周りの声が入ってこず、自分の声が外側の世界に響かない場所です。彼らは、これ以上のダメージを受ける心の余裕がなく、誰にも見つからない場所で閉じこもって安心を確保することを望みます。

 

トラウマケア専門こころのえ相談室

公開:2019-11-01 

論考 井上陽平

ダークサイドに堕ちた人におすすめ記事