境界の神トリックスター

トラウマの内なる世界において、トリックスター元型がどのように内的に作用するのか、ドナルド・カルシェッドの文章を引用しながら記述しています。

 

幼少期にトラウマや虐待などを受けた子どもは、両価的なトリックスター元型がこころの防衛のために内的に作用することがあります。例えば、世話をする大人から酷い懲罰を受けて、怖くてしんどくなると、身代わり天使に任せますが、その身代わり天使でさえも大人をやり込めない場合は、天使と悪魔の間を仲介する第三の存在トリックスターに代わります。トリックスターは、無情な親や学校社会が用意するあらゆる障害(ハードル)を身体ひとつで乗り越える曲芸師であり、熟練したアクロバット師であり、ときどきマジジャンであり、道化師としての役割を担います。このトリックスター元型に取り憑かれた人は、フワフワと地に足がついておらず、過度にストレスがかかる緊張場面では、全身が縮みまくって、その限界を超えると、交感神経系に乗っ取られて爆発します。この時、変なテンションで、変な行動を取りますが、その理由としては、自身の硬直や凍りつきをほぐすために、その場の嫌な雰囲気を和ませる必要があり、踊ったり、ピエロになっておちゃらけたりします。彼らは、過覚醒と低覚醒の間を極端に行ったり来たりして、変幻自在に自分の姿を変えて、スリルを求めて、危険を楽しみ、あらゆる色を纏う多面的な性格を持っています。基本的に、人間を憎んでいるけど、平気なふりをして、いたずら好きで、逃げ足が速いのが特徴です。トラウマにより、善と悪、賢者と愚者などの二面性を持っていますが、その間の仲介を担う元型的な内的人物像です。

 

子どもの頃の親子関係のトラウマの経験が、他者との関り、特に恋愛において影響を及ぼしていき、トリックスターとなって相手との関係をもて遊ぶということもみられるようになります。トリックスターに憑りつかれている人は、例えば、両親との関係に問題があり、家族のために一生懸命やってきましたが、それが報われずに、裏切られてしまい、心が壊れてしまいます。親に対して、本当は愛されたかったとか、分かってもらいたかったという部分が真黒になり、叶うことがありませんでした。子どもの頃から、トラウマティックな状態に固着し、心身が限界に達し、自分の居場所が無く、安心感がありませんでした。一人になると、寂しさを抱えられなくなり、落ち着きがなくなって、じっとしていられない衝動から、誰でもいいから利用して、普通の人が踏み入れない領域まで平気です。本当は、自分のことを分かってほしいと思う、大切な人との関係をやり直したいのですが、大切な人ほど、その人の言動で一喜一憂してしまって、しんどくなります。辛くて元気がなく、生きる屍のような状態にあり、自分を元気にするために、どうでもいい人との関係で気分を紛らし、暇つぶしの人生になります。そして、自分の容姿を気に入ってくれる人と関わることを心地よく感じて、注目してほしい、チヤホヤしてほしい、話しかけてほしいと求めるようになります。しかし、そのような人たちと話したり、ただ今を楽しみたいという感情に貫かれています。トリックスターに憑りつかれた人と関わる人は、相手の真意を理解できないまま、狐につままれたような居心地悪さを感じ、いいように利用されるだけされて終わります。

 

ユング派のドナルド・カルシェッドは、トリックスターについて書いていますが、トリックスターは、未開文化では良く知られている人物像で、そしておそらく神話にみられるもっとも太古的な神のイメージである。彼は物事の最初の始まりから存在し、そのためしばしば老人の姿で描かれる。彼の本質的な特徴は、ヘルメス/メルクリウス(彼の人格化のひとつである)のように、ドンキホーテのような空想性と、両価性である。一方で彼は、殺人者で、道徳規範をもたず、邪悪で、しばしば地下世界の力のあるダイモンや動物と同一化している。彼はエデンのような楽園的世界に傷みや死をもたらすことに与っている。しかし彼はまた偉大なる善も為し得る。よく知られていることだが、彼は神と人間を仲介する霊魂の導き手であり、しばしば彼の悪魔的な性質は、新しい始まりを先導するのに必要なものである。

 

参考文献

D・カルシェッド:(豊田園子,千野美和子,高田夏子 訳)トラウマの内なる世界』新曜社 2005年

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ