境界の神トリックスター

トラウマの内なる世界において、トリックスター元型がどのように内的に作用するのか、ドナルド・カルシェッドの文章を引用しながら記述しています。

 

幼少期にトラウマや虐待などを受けた子どもは、両価的なトリックスター元型がこころの防衛のために内的に作用することがあります。例えば、世話をする大人から酷い懲罰を受けて、怖くてしんどくなると、身代わり天使に任せますが、その身代わり天使でさえも大人をやり込めない場合は、天使と悪魔の間を仲介する第三の存在トリックスターに代わります。トリックスターは、無情な親や学校社会が用意するあらゆる障害(ハードル)を身体ひとつで乗り越える曲芸師であり、熟練したアクロバット師であり、ときどきマジジャンであり、道化師としての役割を担います。このトリックスター元型に取り憑かれた人は、フワフワと地に足がついておらず、過度にストレスがかかる緊張場面では、全身が縮みまくって、その限界を超えると、交感神経系に乗っ取られて爆発します。この時、変なテンションで、変な行動を取りますが、その理由としては、自身の硬直や凍りつきをほぐすために、その場の嫌な雰囲気を和ませる必要があり、踊ったり、ピエロになっておちゃらけたりします。彼らは、過覚醒と低覚醒の間を極端に行ったり来たりして、変幻自在に自分の姿を変えて、スリルを求めて、危険を楽しみ、あらゆる色を纏う多面的な性格を持っています。基本的に、人間を憎んでいるけど、平気なふりをして、いたずら好きで、逃げ足が速いのが特徴です。トラウマにより、善と悪、賢者と愚者などの二面性を持っていますが、その間の仲介を担う元型的な内的人物像です。

 

例えば、子どもの頃のトラウマの経験が、他者との関り、特に恋愛において影響を及ぼした場合、トリックスターとなって相手との関係をもて遊ぶということもみられるようになります。自分の容姿を気に入ってくれる人と関わることを心地よく感じて、注目してほしい、話しかけてほしいと求めるようになります。しかし、そのような人たちと話したり、ただ今を楽しみたいという感情に貫かれています。恋