ジェンダーとトラウマ

▶ジェンダーに纏わる問題

 

ここでは、発達早期にトラウマを負った人のなかで、ジェンダー的側面すなわち、男が恋愛対象として、男女両方を見たり、その逆も場合も含め、いわゆる「通常」の男女というジェンダーカテゴリーから外れるようなジェンダー間の境界を行き来する問題を持つ人々について考えていきます。

 

生まれたときの子宮内ストレスや誕生時トラウマ、または幼少期の頃にトラウマを負った場合は、身体に弱い箇所が出来てしまって、周囲をずっと警戒するようになり、交感神経が高まり続けるために、人と交流するために必要な愛着システムに育ちにくくなります。他者とうまく交流できないということは、異性との関わり合いやジェンダーの問題にも影響を及ぼすことになります。爬虫類系の脳や原始的な神経が働き、神経が繊細で、すぐ怒ったり、物音や人の表情、視線などに過敏に反応するようになります。

 

愛着システムよりも、交感神経系が興奮する闘争・逃走システムが発動して、ときには、背側迷走神経系が過剰になり、凍りつきや死んだふりの防衛スタイルを取り、普通の人とは神経の働きが異なるために、変わった考えや行動する子どもに育ちます。子どもの頃から、痛みが身体に刻まれて、恐怖に脅かされていると、安全への欲求や生理的欲求を満たす段階に留まってしまいます。そして、子どもが成長していく過程において、自分の感情や感覚が分からなくなり、麻痺していって、他人の感覚も感じられなくなって、頭の中でネガティブに考え、他者と関係性が結べなくなっていきます。肉体を切り捨て、自己の感覚が麻痺していくと、時間の流れが止まり、心が子どものまま大人になって、性別への意識とか、性別の部分が成長していかず、ジェンダーの概念がしっくりきません。そして、自分の核がないままに、自分の性別に違和感があり、自分が男か女かも判断がつかない状態になることがあります。そして、人間とはどういうものなんだろうとか、自分のことを得たいのしれない人物のように感じていくかもしれません。

 

▶ジェンダーフリーを抱える過程

 

ジェンダーの問題を抱えるようになる過程の傾向を四つ挙げます。一つ目に、神経系の働きによって、愛着システムと闘争・逃走システム、凍りつき・死んだふりの防衛スタイルの間を行き来することによって、男女のカテゴリーの境界が揺れる場合が挙げられます。サバイバルな虐待的な環境や発達早期のトラウマ、性暴力被害を受けた場合は、被害を受けたもともとの人格は、痛みの身体になって身動きが取りにくくなります。一方、日常生活の困難を乗り越えようとする人格は、もともとの人格とは正反対のような性格になり、成長していきます。

 

トラウマがある人の愛着システムが作動している時は、人や社会と交流したいと思い、適度に相手に関心を向けて、親切にしたいと思います。受け身的で、争いごとに傷つきやすく、人の言葉が胸に刺さり、泣き虫で、恐怖心から助けてほしい、守ってもらいたいと女性性の側面が表れてきます。一方で、交感神経系が働いているときは男性性が強調され、闘争・逃走システムが作動し、どうやったら自分が優位に立てるかを考えて、戦略性や論理性が強くなり、リーダーシップを取って、周りを言い負かそうとするところがあります。愛着システムと闘争システムの境界を横断することによって、スイッチが入れ替わり、男と女の側面もまた入れ替わるということが起こります。

 

トラウマを負っている人は、身体の中に闘争・逃走反応を抱えており、じっとしているのが苦手で、社会の枠の中に閉じ込められると破綻しそうになるので、戦い続けます。社会に与えられる男性的(女性的)であるとか、男性的(女性的)魅力があるなどの規範に対して、過去にトラウマに傷ついてきた人は、凄く敏感で、女性はこうあるべきだという一般の常識などに反発する傾向が見られます。

 

また、虐待的な環境にいる子どもは、とても苦しい、とても辛い毎日の繰り返しで、不安や緊張、恐怖すら感じられなくなります。家庭という逃げ場のない状況下では、凍りつきや死んだふりの状態になり、捨て身の方法で生存戦略を行います。そして、自分の肉体を切り捨てた人は、外では、正常に振る舞うことが出来ても、ジェンダーという概念がはっきりせず、無性愛の傾向が強まるかもしれません。

 

二つ目は、トラウマを負って、性転換が起こる場合のケースは、女として生まれ育ってきて、性的虐待や性暴力被害、性風俗で働くことで、自分が女として生きることが肯定的に捉えられなくなり、嫌で仕方なくなって、拒否したくなる経験をすると、女という性を捨てて、男になって性転換したい思うようなことが起きます。また、小さい時から、自分と同じ性別の人に痛ましいトラウマを負わされると、男だと男性的、女だと女性的なことがトラウマになっていくから、大人になっていく自分の身体が気持ち悪く思えて、自分がその性別になっていくことが嫌になり、混乱することになります。

 

三つ目は、性暴力やいじめの被害者は、加害者と同じ性別や似た年代の人間が恐怖や嫌悪の対象になります。一般的に見られるのは、人は恐怖の対象を回避するようになるため、加害者が異性の場合は、異性と情緒的な交流が難しくなり、異性との恋愛関係が発展しなくなります。そして、人によっては、同性愛の傾向を強めていくことがあります。

 

また、度々起こるのが、加害者と同じ性別の人を見ると、恐怖心から警戒が強まり、自動的に注意が向いてしまうため、嫌悪を感じますが、場合によっては、危険を感じ、恐怖になっているから、相手の要求に過剰に受け入れるようになるとか、胸のドキドキから好奇心の対象になることがあります。他方、恐怖心のない性別の人に興味や関心が薄れていくようなことが起きます。加害者と同じ性別の人にとらわれていくようになると、頭の中では、危険があるかどうか、興味があるかどうかをアセスメントして、好意を感じる対象には近づき、恐怖を感じる対象ほどその要求に同調し、嫌悪する対象には視線を逸らすか、凝視してしまいます。そして、加害者と同じ性別の人を積極的に見てしまって、危険に違いないと思い込んでいる部分と、そのような人を今後のために分析しようと近づくために、場合によっては、好意に変わることがあります。そのため、加害者が自分と同じ性別になる場合は、危険な対象ほど好奇心を抱くか、同調行動を取ってしまって、自分が同性愛のように思い込むことがあり、異性には好きという感覚を持てず、自分の心と身体が違和感だらけになり、性的倒錯に陥る人がいます。

 

四つ目は、人から男であることや女であることというふうに、ジェンダー的存在として見られたり、近づかれたりすることに恐怖を覚えます。なぜなら、複雑にトラウマを負っている人は、人々が悪意を持って見てくることや、自分に近づいてくることに、生理的な混乱が起きるために、怖くなります。そのため、自分の胸が大きくなるとか、性的な部分が成長していくことを否定します。ジェンダー的な存在というのは成熟した男女が性的な眼差しの対象となるわけであって、まだ成熟しきっていない少年/少女は性的に見られることはありません。そのために、ジェンダーの問題を抱えている人は、現実世界の中で、性的な対象として見られるのを恐れて、永遠の少年/少女の軸で、妄想の中で生きています。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ

繊細な心と先読み

嫌な経験をたくさんしている人は、もうこれ以上ダメージを負う余裕がありません。自分を守るために、過剰警戒し、最悪なことが起きないようにと、相手の行動を先読みして、ネガティブな可能性を考えます。

発達障害の身体性

発達障害の人は、この世に生まれ落ちたときから、ゆっくりのんびりができずに、絶えず緊張に曝され、神経発達や生体機能リズムが通常の人とは違う形で成長していきます。心と体がアンバランスに成長します。

闘争逃走/凍りつき

トラウマの恐怖・戦慄に曝された人の体は、いくつかのストレス反応が現れます。ここでは、過剰警戒、闘争/逃走モード、凍りつき/死んだふりの不動モード、虚脱などの状態について説明していきます。