カウンセリングの流れ

カウンセリングとは、相談するという意味であり、『こころのえ』相談室では、トラウマなどに基づくさまざまな問題や不安などを抱え、その解決を求めてきた方に対して、専門的な観点から心理的な援助を行う対人行為のことです。通常は、心理相談室でカウンセラーの専門家と定期的、継続的に相談することを言います。一般的なカウンセリングは、カウンセラーが相談者の内的世界をあたかも自分自身の内的世界であるかのように感じ取り、一緒に考えていくお手伝いをさせてもらいます。

 

当相談室では、セラピストと今の生きづらさを共有して、治療同盟を結び、対話を通して、自己理解を深めて、主体化(覚醒)していくことを目指します。そして、外の世界の人々と繋がり、喜びを感じれるように支援します。

▶カウンセリングについて

▶カウンセリングの効果

ご予約 

ホームページのお問い合せメールあるいはお電話よりお申し込みください。

初回面接の日時について打ち合わせをさせていただきます。

初回面接 90分   

自由にセラピストと対話してみて、あなた自身の役に立つと感じられるのであれば、試行セッションにお進み下さい。

❸ 心理検査 1回 各60~120分 

あなたの状態を調べるために、必要があれば心理検査を行うことがあります

❹ アセスメント面接(試行セッション)  1~2回 各60分以上

両親とどんな生活をしてきたのか、友達とはどのような関係にあるのか、これまでの生活の中でつらい体験をしてきているのか等のあなた自身の生活史について話をしていただきます。また、必要があれば、資料にご自分の生活史を記入してもらいます。

❺ カウンセリング(本セッション)週1回から 各60分以上

セラピストは、アセスメント面接で見い出した見立てに基づいてカウンセリングの方針を決め、方針をクライエントに説明します。方針を十分に納得して頂いた上で、予約された日時に来室していただき、じっくりとカウンセリングを行っていきます。

費用は、一般の方  60分~90分  4000円(小~大学生/生活困窮者の方  60分  2500円)

なお、ここで行う心理支援は医療行為ではありませんので、健康保険は使えません。自費になることをご理解ください。また、生活困窮者の方は、カウンセリングを継続していく意志があれば、60分 2500円で受けることができます。生活全般にわたり困りごとがあり、金銭的に厳しい方は、自己申告してください。書類は必要ありません。