摂食障害とは
摂食障害の要因

 

単なる食欲や食行動の異常ではなく、1)体重に対する過度のこだわりがあること、2)自己評価への体重・体系の過剰な影響が存在する、といった心理的要因に基づく食行動の障害であります(厚生労働省の定義)。摂食障害は神経性食欲不振症と神経性過食症の二つに大きく分類されています。

 

摂食障害を引き起こす要因は様々であると考えられますが、例えば、軽い気持ちで始めたダイエットなど身近なところに潜んでいます。若い女性の場合、もっと痩せて奇麗になりたいという気持ちが強まり、適切な運動もせずに、ダイエットを始めたことが原因となることがあります。痩せを礼賛し、肥満を蔑視する社会的文化的要因も大いに影響しています。最初は軽い気持ちで始めたダイエットのための食事制限が次第にエスカレートしていくと、痩せているにもかかわらず太ることに恐怖を持ち、体重が増えないための代償行動として、拒食症を引き起こし、その反動で過食症に陥って、食べては嘔吐するとか、下剤を飲むことを繰り返す場合があります。

 

▶トラウマの心理的要因

 

対人恐怖症から、常に周囲を警戒してピリピリしていて落ち着かず、不安や恐怖を減らすとか、覚醒水準を引き下げる手段として過食が使われる場合あります。一方で、解離性症状が重篤な場合は、味覚が失われるため、食欲が無くなり、拒食へと発展する場合があります。また、性被害に遭った人が、同じような被害に遭わないためのこころの防衛として、女性性へを拒否するために過食や拒食に走る人がいます。さらに、母子関係や結婚生活の空間を取り巻く生活空間の全体のストレスや、深いトラウマを負うことで摂食障害になってしまう人がいます。

 

▶病理の中核は食べ物への異常な執着

 

長期的な不安やストレスにより、睡眠不足などに陥っても、人は食べることでエネルギーを補給して自分のバランスを保ちます。しかし、現代女性は、痩せることへの願望が強いため、食べても太りたくないからと吐いて対処したり、全く食べずにいたりします。人は過度に食事制限や過食嘔吐を行うと、身体は飢餓状態になり、脳は自然に食べ物に関心が向いて、大量の食料品を確保しておきたい衝動を制御できなくなります。そして、心は太りたくない気持ちとずっと食べ物のことばかり考えているというアンビバレンスな状態に支配されていきます。ボクシングの選手が減量のため、過度の食事制限を行うと、食べ物への興味が著しく増していくのと同じであります。アフリカなどで食糧が枯渇したために生じる飢餓とは異なり、豊富な食料に取り巻かれた環境下で生じる飢餓であり、様々な要因が考えられます。

 

摂食障害の症状

 

人は、過度なダイエットで飢餓状態になると、異常に食べ物に関心が向けられ、反動で過食行動に出ますが、痩せているにもかかわらず太ることに恐怖を持ち、体重が増えないように代償行為としての嘔吐や下剤の使用を繰り返します。過食により飢餓状態が一時的に満たされるものの、嘔吐を繰り返すことにより栄養状態が悪くなります。脳機能と身体の飢餓状態が慢性化してくると、抑うつ、不安、過敏性、易怒性などの様々な症状を呈し、精神状態が不安定になるので、過食することで精神状態を落ち着かせ、嘔吐や下剤を使用することに快楽に浸り、認知機能にも歪みが生じてきます。例えば、摂食障害者は、見た目はガリガリなのに自分は太っていると言い張るようになることがあり、彼らの頭の中では、現実がそのまま投影されるのではなく、自分だけが太っているかのように認識しています。また、摂食障害者が自分のご飯をよそう時、ほんのわずかしかよそわないにもかかわらず、本人にとっては丼一杯のご飯をよそっていると感じています。

 

摂食障害者は、ついついたくさん食べ、食べ過ぎた後は嘔吐するようになると、普通に食事をした後、さらに2食分くらいの食べ物を詰め込むようになることがあります。そうなると食費がかさむために食品を買うお金もつき、最悪、食品を手に入れたいがために軽い気持ちで万引きしては過食と嘔吐を繰り返す日常となる場合があります。摂食障害者を対象に行った聞き取り調査によると患者の44%が万引きを告白しているという報告もあります。摂食障害者は、食べ物に執着する一方、低栄養状態から脳が委縮し、認知機能の低下に伴い善悪の判別力や抑制機能が低下するため、万引きに走ってしまうことがあります。また、摂食障害が引き金となって、心の余裕が無くなり、他者の内面を想像したり、共感したりする力が失われます。そして、自己中心的な性格になり、友達ができず、閉じこもるようになります。さらに、自傷行為、自殺企図、アルコールや薬物依存など自己破壊的行為を伴うことがあり、大切な人生を台無しにするばかりでなく、生命すら危うくなることがあります。周囲が痩せていることを心配して食べさせようとすると、本人は食べ物に恐怖して、食べることすら出来なくなる拒食症(制限型)に陥ることもあります。

 

摂食障害への身体への影響は
摂食障害になると、徐々に栄養状態も悪くなり、やがて脳そのものが飢餓状態になり、心身ともに大きなダメージを受けることになり、体調を崩したり、精神状態が不安定になったりします。ホルモンのバランスが崩れることによる月経不順、ミネラルバランスの乱れによる低カリウム血症、低血糖症、糖尿病、骨粗しょう症などの様々な症状が発症し、特に成長期に摂食障害にかかると命の危険にさらされることがあります。体内ではどのような現象が起こっているのか言うと。

 

飢餓状態になると、体内ではグリコーゲンの分解が始まり、体内に蓄えられていた糖分が無くなっていきます。絶食が続くと、筋肉に蓄えられている糖原性アミノ酸が持ち出され、筋肉の減少が始まります。さらに、絶食が続くと、ケト原性アミノ酸の消費が進み、これによって生成するケトン体が過剰になると、ケトン血症、ケトン尿症になり、脱水や嘔吐、頭痛、頻脈、低血糖をはじめ、昏睡や意識障害なども引き起こし、脳機能へのダメージにより重篤な状態になることがあります。したがって、ダイエットのエネルギーの使用はある程度までに留めておくべきでしょう。

 

摂食障害の要因は
摂食障害を引き起こす原因はさまざまあります。次にその原因を列挙しましたが、摂食障害に依存するほどに重篤な状態に陥る人の背景には様々な問題が存在することが考えられます。

・発症が圧倒的に思春期であることから、主にストレスや家庭環境、成長期への不安

・体重や体系に対する過度のこだわり

・過去のトラウマ(絶望や不安を和らげるための過食、嘔吐への快感、親に自分の苦しみに気づいてほしい拒食など)

・家庭環境(両親の不和、長期の分離や片親家庭、愛情不足、過度の期待)

・体重管理が厳しいスポーツ選手やモデル。

・自尊心・自己評価の不足

・軽い気持ちで始めたダイエットがエスカレート

・社会的文化的要因(痩せを礼賛し、肥満を蔑視)

・低血糖症などの身体の問題

・脳の満腹中枢に情報を伝える神経伝達物質の不足(どれだけ食べても満腹感を感じられなくなり過食がエスカレート)

・生得的な発達のアンバランスさ

 

どのような人が摂食障害になりやすいのか
摂食障害は、生真面目な一方、融通が利かず、ストレスをうまく解消することが下手な人が多いようです。拒食や過食が、ストレスから逃れる唯一の方法になり、深みにはまる危険性をはらんでいます。

①完璧主義な人

②自分のことをコントロールしたい人

③いつでも良い子でいる人

④優柔不断な人、自分に自信がない人

⑤ストレス解消がうまくない人

⑥自己評価が低い人、自分にコンプレックスがある人

 

当カウンセリングルームの取り組みは
摂食障害の治療は時間がかかります。摂食障害が重篤になると心理療法による回復は非常に困難になり、病院に数カ月入院することから始める必要があります。人が低栄養状態になると脳の機能が低下し、考える力が失われ、感情のコントロールが難しくなり、動くことが出来なくなり、身体にあらゆる異常が出てきて自己調整機能が壊れていきます。そのため、摂食障害の治療には早期発見、早期治療が大切です。

 

当相談室ではカウンセリングや瞑想とともにジョギング、ジムトレーニングなどの運動療法、食事の管理など行い、適正な食事をとりながら適度の運動により余分なエネルギーを消費することができる健全な生活習慣を身に付けることによって摂食障害の予防やケアに取り組んでいます。また、摂食障害は過酷なトラウマ体験による自己愛の傷つき、身体と自己イメージの喪失、何も感じられない苦しみや何重もの絶望や苦しみを和らげるための過食と拒食、汚れた部分を吐き出すことの快楽などが影響していることがあり、心の痛みをケアすることにより摂食障害を克服できるような取り組みが必要です。そして、食べ物へ凄まじい執着心と向き合いながら、本来の美しさを取り戻せるように共同で作業していきます。さらに、本人だけでなく、家族を含めたサポートが必要であり、特に失敗しても諦めずに忍耐強く伴走してくれる人の存在が治療にとって重要です。最終的には、カウンセリングを続けていくことにより、今まで避けてきた自分の問題と向き合い、それに対応できる心を育てていきます。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ

コメント: 0