命の危険に曝された人の身体の忘却

▶命の危険に曝された人の身体の忘却

 

命の危険に曝された人は、肩やお腹に力が入り、毛が逆立って、瞳孔が開き、戦うか逃げるかの選択に迫られますが、戦っても敵わない相手だとその場にうずくまり、動けなくなります。一方、身体を動かさないと、命を失いかねない場面では、何も感じないようにして、その場を冷静に切り抜けようとすることもあります。ただその後も、虐待などの機能不全家庭にいると、命の危険を感じるような状況が続くため、身体と心は危険な状況が続いていると判断していきます。脅威に対して、身体は身構え、脳は警戒しており、過緊張や凍りついた状態が無意識下で持続していきます。それが慢性化していくと、人間らしい感情や感覚を切り離され、恐怖や危険など何も感じなくなって、身体は危険なことにさえ反応しなくなります。生気のない目になり、皮膚はおかしな色に変色し、手足に力が入らず、こわばりながら生きるようになります。

 

トラウマティックな場面では、交感神経と背側迷走神経が過剰に拮抗しあっている状態で、周囲が気になり、身体は凍りついていきます。凍りつくときは、胸の辺りを中心に重くて、硬いかたまりのようなものがあり、背中がバキバキに凍りついていきます。喉から気管支にかけて締めつけられるので、呼吸が虫の息で、か細い声で、ゼーゼーという音がします。背中が凍りつくと、意識が朦朧とするか、意識が飛んでしまいます。身体が加害者と戦っている場合は、手は相手の手を振り払おうとしたり、足はバタバタさせて死に物狂いで逃げようと試みます。

 

長年に渡るトラウマの当事者は、肩の力を抜くことができず、寝ようとしても過覚醒で眠れずに考え事をしてしまって、疲労が極限まで高まります。そして、鏡で自分の顔を見ても、自分の顔のように見えないことがあります。普段から、脅威がいつ迫ってくるか不安で、警戒心が強く、全体的に固まっていて、目が乾き、呼吸は浅く、手足は冷たくなっているかもしれません。身体にはトラウマの記憶が刻まれており、極限状態のなかで生活していると、自分の身体の感覚を麻痺させて、ごまかして生きるようになります。麻痺させている身体に注意を向けると、深く呼吸が出来なかったり、首は絞められているような感覚があったり、奥歯を噛み締めていたり、肩は内に縮まって、胸のかたまりがきつくて外に出したがっているかもしれません。胸のかたまりに注意を向けると、過去のトラウマの情景が思い浮かび、心拍数が上がって、心臓がドキドキバクバクして、呼吸が苦しくなり、気持ちが悪くなるかもしれません。全身が固まったり、鳥肌が立った後、身体に意識を向けると、電気が走るような感覚や震えがあるかもしれません。

 

現実世界がとても辛い毎日だと、自分の心で何かを感じることが苦痛になります。心も身体もサイボーグのように何も感じなくなり、身体に意識を向けても、何も感じなくなります。身体にトラウマが刻み込まれている人が、その身体を感じようとすると、突然眠たくなり、安全な場所に退避していくような感覚に陥ります。その一方で、何か蓋が空いたように、様々な感情や感覚、光景が蘇って、死にたいとかまで思って、調子を崩すこともあります。トラウマにまみれた身体を見ることで、最初のうちは体調を崩すかもしれませんが、身体を見ることに慣れていけば、本来の自分に近づくことが可能になります。

 

自分の身体が分からなくなっている人が、自分の身体に注意を向けていくと、自分の身体という容器が分かるようになりますが、自分の身体に存在することが、今ここに自分がいるというのが分かり、居心地が悪くなるかもしれません。今まで苦しんできた人が身体の声を聞くと、死にたいや消えたい、殺したい、ムカつくなど喋り始めたり、精神病の患者のように唐突に叫んで、震えと悪寒が止まらなくなるかもしれません。また、手足が自分の言うことを聞かずにバタバタと動き出すかもしれません。トラウマのある人が、自分の身体を取り戻そうとすると、傷ついた部分の本心に気づくことになります。

 

▶HOME 

▶同調性と先読みする力

▶警戒・闘争・逃走・凍りつき

▶神経の繊細さと過敏さ

▶感覚過敏と生活全般の困難

▶ネット予約 

▶電話カウンセリング 

▶お問い合わせ