現実感喪失症候群

▶現実感喪失症候群

 

小さい頃から、複雑なトラウマを抱えている人は、家庭や学校に居場所が無かった人に多いです。子どもの時からの時間が止まっていて、小・中学校から高校生にかけての記憶を全然覚えていない事があります。

 

複雑なトラウマを抱えている人ほど、常に体が凍りついています。そこに我慢や不満に耐え続けた生活を送ると、過去と現在とが折り重なり、捻じれていき、体ごと別の世界に移されたりします。自分の体を現実に残して現実とは異なるあちら側の世界に行きます。そして、自分が現実だと思っていたことが実は夢の世界の出来事で、夢と現実の区別が分からなくなります。

 

複雑なトラウマがある人は、過去に大きな精神的ショックを受けていて、しばらくはそのことを忘れていましたが、それを思い出してから怖くなり、また忘れたりを繰り返します。現実感が無くなると、自分が現実に生きている感じがなく、夢を見ている感じで、周りの人と住んでいる場所や時間が違います。誰かと一緒の空間にいても、自分は別の空間から見ているように感じます。彼らは、まるで夢の中で生きているような感じで、夢から覚めて現実だと思っていた世界がまた夢の中にいるような感じで過ごしています。

 

 ▶現実感喪失症のチェックリスト

 

とても辛くて、とても苦しい毎日の繰り返しで、トラウマのせいで現実感がない人の特徴は、

 

・頭の中が霧がかってる。

・現実感がなく夢の中にいるように感じます。

・いつも見る風景がまるでフィルター越しに見える。

・ヴェールがかかったように膜を通して眺めている。

・辛い毎日の繰り返しで、体の感覚が麻痺している。

・体がふわふわしている。

・自分が自分でなくなるような感覚がある。

・自分のことがよく分かっていない。

・外の世界で目に見えるものが見えにくい。

・実感が乏しい。

・昨日のことを忘れてしまう。

・あまり記憶が残らない。

・個性がなくて、有効な自己主張ができない。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ