> 精霊・シャーマン

精霊が生きている世界


人のこころを脳科学、神経科学、精神医学で解釈していくと、つまらない人間に変えてしまう可能性があります。こころとからだの治癒に努めるセラピストは、人間のスピリチュアリティ(精神性や霊性)や社会の豊かさと過酷さを見ていかないといけません。

 

ここでは、自然のなかに精霊や神霊が生きているシャーマンの世界を描きつつ、目に見えない霊的存在に触れていきます。神霊、精霊は、人間と神々の中間に位置する、あるいは善性あるいは悪性の超自然的存在で、下位の神格や死んだ英雄の霊などを指します。

 

また、科学的なアプローチをされる以前の神話、民話の物語から、人のこころを見ていきたいと思います。

 第1章.

シャーマンへの道

シャーマンは、霊に選ばれ、霊からトランス状態に入る術と魂を空高く飛ばす術や、恐しい霊界への裂け目を降りていく術を教えられます。イニシエーションでは、肉体を解体されて骨だけになり、再び組み立てられて再生します。霊と戦い、霊に痛めつけられた者を癒す力を得ます。 

 第2章.

精霊の恋人ダイモン

精霊ダイモンとは、ギリシャ思想において、神と人との中間者で、個人の運命を導く神霊的な存在です。ダイモンは、導き手や守護神であります。彼らは地上の善きダイモンとなり、死すべき人間の守護者として、繭に身を包み、地上をくまなく徘徊しつつ、正義と悪行とを見守り、人間に富を授けます。

 第3章.

境界の神トリックスター

神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を展開する者です。往々にしていたずら好きとして描かれている。善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、異なる二面性を持つのが特徴です。 カール・グスタフ・ユングの『元型論』で取り上げられたことでも知られる。

 第4章.

悪魔に成り果てた存在

自分の中にいる悪魔は、死なない程度に自分自身の肉体に苦痛を与える。 悪魔は、いつ殺されるか分からないような状況を生き抜いてきているため、強い生命力を持ち、自分が最後まで苦しみ続けることを望んでいる。

 第5章.

メドゥーサによる石化

ギリシャ神話では、メドゥーサは宝石のように輝くを目を持ち、見たものを石に変える能力を持つ。メドゥーサの目を直視したものは即座に恐怖で石のように硬直させられてしまい・・・その場で凍りついてしまう。この神話はトラウマの本質そのものを描き、変容への道筋を描写している。

 第6章.

オシリスとイシス

偉大なるオシリス王は、敵に殺され切り刻まれてしまう。切り刻まれた体の各部位は、王国の果てのあちこちで埋められた。しかし、オシリスの妻イシスはオシリスへの深い愛に突き動かされ、バラバラにされた遺体をすべて探し出し、それらの「部分」を元通りにした。

 第7章.

守護天使オルファ

生命維持を「何物にも勝り」優先する固有の存在(オルファ)。この断片は守護天使の役割を演じて願望充足的な幻覚、慰撫的ファンタジーを生成し、外的感覚が耐えがたくなったときには、意識と感受性を無感覚化してそれに対抗する。

 第8章.

超自然的存在の宿命と錯覚

超自然的存在とは、物質的身体をもたず、何らかの人格性を有する精霊的存在のことです。この世界は目に見えるものだけがすべてではありません。一般の人には見えないかもしれませんが、それが見えてしまう人がいて、目に見えない他者を慕っていく心性について述べています。

 第9章.

トラウマ地獄の最下層

最下層にいる住人は、この世を恨んで怒りの感情に支配されている鬼と、世の悪を背負わされて、避けられない痛みのなかで泣く子どもが住んでいます。この二人組は地獄の最下層にいて、迫害者/悪い子のペアになります。

 第1節.

シャーマンとは


シャーマンの起源は極寒の地シベリアにあると言われています。極寒の地では、少しの時間でも外にいると凍え死ぬ危険があるので、眠りをもたらす妖精(サンドマン)に出会いやすいのかもしれません。

 

シャーマンとは基本的には、みずからのコントロールの元に魂を異界に飛ばし、ふつうの人々には見えにくい霊と交渉することで、この世のさまざまな問題を解決する人々であります。シャーマンは霊に選ばれ、霊からトランス状態に入る術と魂を空高く飛ばす術や、恐しい霊界への裂け目を降りていく術を教えられます。イニシエーションでは、肉体を解体されて骨だけになり、再び組み立てられて再生する。霊と戦い、霊に痛めつけられた者を癒す力を得ます。

 

シャーマンは、医師であり、祭司であり、ソーシャルワーカーであり、霊能者でもある。またかつては狂人とされ、絶えざる迫害の歴史を持っています。シャーマンは霊と協力して仕事を行います。そのときシャーマンが感じる興奮と喜びとは、恐怖感と背中合わせに経験されます。一般の人々は、霊力に頼りながらもそれに恐怖を感じていますが、シャーマンとはその力を自由に扱える者なのです。

シャーマンへの道


シャーマンは霊に選ばれてシャーマンとなります。イニシエーションの中心には、いったん霊に象徴的に殺され、再生させられるという経験が含まれることが多いです。この経験を通じてシャーマンの人格は強化され、シャーマンは世界を巡る旅へと連れ出す守護霊を自分のものとします。守護霊ばかりでなく、敵対的な霊もありますが、これは依頼者の、あるいはシャーマン自身の人格の暗い面を表しています。

 

シャーマンの候補者として霊に選ばれると、修行がはじまります。とくにシベリアとモンゴルでは霊との最初の接触は激しく暴力的な形を取り、シャーマン候補者の人格は完全に破壊されてしまいます。その後シャーマンとして再生されますが、その新しい力は、単にそれまでの力へ付け加えられたものではなく、みずからが強く経験したばかりの人間の苦痛の形を表しており、そして世界の本質についての洞察にまで達しています。このような経験を内面化し、それまでの性質を破壊することにより、あらたな人格が発現します。

シャーマン的カウンセリング


シャーマン的カウンセリングでは、相談者(クライエント)は、体内の宇宙に旅立ちます。人は、内なる感覚や呼吸、音に注意を集中していき、周囲に向ける意識が弱まることで、ある種の制限がかかり変性意識状態(トランス状態)に入っていきます。そして、気分の高揚する天界への旅と薄暗い冥界への旅の間を行き来しがら、霊的存在に出会い、助言をもらいます。そして、地獄の世界をセラピストともに見て回り、地上に戻ってきます。シャーマン的カウンセリングを行うセラピストは、呼吸法を促したり、トランスへ誘い出す音楽を流しながら、太鼓を叩きます。

 

参考文献

ピアーズ・ヴィブスキー(中沢新一 監、岩坂彰 訳)『シャーマンの世界』創元社

 

トラウマケア専門こころのえ相談室

更新:2020-06-07

論考 井上陽平