トラウマの再演

▶トラウマによる外傷の再演について

 

トラウマによる外傷の再演について述べていきますが、この現象は、小児トラウマの存在と過剰な覚醒、高い度合の解離によって、身体が自動化されてしまうことで、引き起こされてしまうと考えています。心的外傷は、自分が体験することそのものができない苦痛を起こします。体験しえなかった外傷の中核部分は、意識に上ることなく、瞬間冷凍されて生々しく保存されており、それは消えることがなく、長期に渡って心身のどこかに蓄積されています。そして、外からの刺激によっては、凍りついた感覚、情動、光景、臭い、音、声がフラッシュバックとして目の前に現れ、恐怖により、自分で自分を統制できないうちにトラウマを再演をする場合があります。つまり、恐怖症に陥った人は、恐怖を感じると自分は固まり、頭が真っ白になり、無意識の身体表現として自動的にさまざまな反応をします。また、外傷体験に固着したまま人格化した部分は無意識化にトラウマ記憶として根を張り、身体と精神の間のどこかで留まり続けています。

 

フラッシュバックと再体験と再演について

 

過去に危うく死ぬまたは重症を負いかねない出来事を体験した人は、その時、圧倒的な力に拘束された恐怖が脳や身体にインプットされています。その人が過去のトラウマ体験と似たような場面に遭遇すると、過去と現在とが折り重なるとか、ねじれていく感覚となり一つになります。身体ごと過去に移されたかのように感じたり、凍りついた光景が蘇ったり、妙な身体感覚に見舞われたり、脳が制御しきれない不快な情動に襲われたかのように感じます。そして、生々しい自己保存本能に支配されて、現実にはまったく当たり障りのないようなことでも、全身すっかり汚染されて、憎しみ、恐怖の対象となり、可能なら破壊するべき対象か、回避すべき対象と化します。例えば、目の前の人が全く関係のない人だと分かっていても、緊張は高まり、被害感や恐怖を感じるようになります。そして、内部からの底知れぬ不安に襲われ、身体の具合が悪くなったり、怒りが込み上げてきたり、頭が真っ白になったり、何を話しているのかも分からなくなったりします。また、目の前の人を叩きのめしたいという不合理な衝動に襲われるようになり、そこから回避することに精一杯になります。

 

▶警戒心と過度の緊張からくる攻撃性や過覚醒の症状について

 

トラウマティックな脳になると、集団場面や人混みのなかでは、過剰に警戒心が高まり、不安や怯えから、危険がないかどうか周囲を見てしまうようになります。危険なものに対しては、視線を逸らすか、逆にじっと見てしまうため、目のやり場に困ります。頭の中は、危険があるかどうか、興味があるかどうかをアセスメントします。体は危険を感じると、過度に緊張にしていき、過剰に覚醒させられて、四肢が勝手に動こうとします。そのため、自分の身体の中から沸き起こる怒りや攻撃性、過剰な行動を抑制させることに疲れています。

 

自分の力やスキルを試し、その空間を支配しようしてトラウマを再演させる現象について

 

性的外傷を受けた人が直後に複数の人と肉体関係を持ったり、身体的虐待を受けてきた人が同級生に対して暴力を振るい、さらに、先生に対して反抗的な態度をとることがあります。この行動の意味としては、過去の不条理かつ理不尽な目に合わされた無力な自分から、自分の主体を取り戻そうとする試みと言えます。自分の身を過去の似た状況において再現し、自分の力とスキルを使い、その場を支配しようとする強い衝動に動かされます。

 

▶加害者の欲望に服従したり、戦おうとして自動機械のようにトラウマを再演させる現象について

 

解離した身体のある部分が、外傷体験をフラッシュバックさせ、過去の虐待した人物に対してしたことを、今ここで心ない操り人形のように自動的に行動や態度にあらわして、トラウマを再演させることがあります。一方で、虐待した人物の欲望のままされていることで泣いているという不気味な現象が一つの身体の中で同時並行的に起きたりします。そのトラウマの再演中、本人は解離した人格部分による憑依や誰かに操られているかのように感じていたり、または、意識が消えて気づいていなかったりします。

 

高い度合の解離によってもたらせるトラウマの再演について

 

被虐待児は、親の悪さをそのまま取り入れることができません。子どもは見せかけの日常生活を維持するために、苦しみを忘れたり、虐待を感じたりしないように変性意識状態や麻痺させ、親への愛着を形成しようとします。たとえ、親に酷い目に合わされても、愛されなかった自分が悪いと自分を憎むようことも起きます。そうしたあまりにも強い虐待を受けた場合は、虐待者の存在そのものに現実性が与えられず、理想化されてしまうことがあります。しかし、現実は、残酷で恐ろしい攻撃を受けているので、親を崇めたて理想化して悲しむ私と、親を憎むもう一人の私との間では深い分裂が存在します。解離したもう一人の私からすると、私(自分)が愛する親は憎くて殺してやりたい存在なので、憎しみの対象と同一化した私は、もう一人の私の手によって迫害されるべき対象となり、最も傷つくやり方でトラウマを再演させることがあります。

 

解離した人格間の矛盾ゆえに生じるトラウマの再演について

 

解離した人においては、同じ活動が互いに矛盾する目標をもつことがあります。例えば、愛着システムに作動された日常を過ごす私は、親を愛しており、一緒に食事することが幸せだと感じていますが、外傷を負ったもう一人の私は、親を憎んでおり、吐くまで無理やり食べさせられたとしか経験していなかったりします。愛着システムに作動された日常を過ごす私は、セックスを親密で快楽的なものとして感じていますが、外傷を負ったもう一人の私は、無理強いされた恐ろしいものとしか経験していなかったりします。つまり、一方の自分がこの環境は安全であると知っていても、もう一方の自分を納得させることができません。そして、このことが解離したトラウマを持ち歩く人のこの後の人生において如何に不適応になりやすいかを示しています。私が日常生活を楽しむ親密な人とのスポーツやセックス、あるいは、恋人とのデートが、解離した人格部分(外傷を負ったもう一人の私)にとっては、当時の恐ろしい体験(脅威から逃れること、殴られないためのセックス、捨てられた記憶)として蘇ります。そのため、彼らの内的世界では、今も未解決な苦しみが続いており、トラウマを再演させています。それが現実の生活にも影響を与え、その人の人生を蝕み、本来得ていただろう可能性を奪います。

 

内部世界の人格間の抗争により引き起こされるトラウマの再演について

 

痛ましい外傷体験ほど、自分の身に起きた体験として構成することが出来なくなります。未解決なトラウマの部分は、自分の中にいて自分ではない部分を精緻化させます。未解決なトラウマとは、過去のトラウマの犠牲になって、残酷で恐ろしい攻撃を受けてきた部分であり、有害でもあります。すなわち、日常を過ごす私と、残酷で恐ろしい攻撃を受けてきたもう一人の私の間では深い分裂が存在します。この犠牲者かつ有害者は、外側の刺激によって暴れて怒ったり、悲しんで死にたがったりと、人格崩壊や内部のバランスを崩す危険な存在であることが多いです。そのため、心身の内部世界の管理者にとっては、大変迷惑な存在といえます。そして、この危険な存在をどのような手段を使ってでも、身体内部の牢屋に閉じ込めなければなりません。そのやり方の一つが、トラウマの犠牲者が表に出てこないように、なりふり構わずに、攻撃し殺そうとします。日常生活を過ごす私は、内部の人格部分たちの抗争に影響されて、トラウマ犠牲者が傷つくやり方でトラウマを再演させることがあります。

 

▶凍りつきと過剰な覚醒によるトラウマの再演について

 

境界性パーソナリティ障害の中核には見捨てられ恐怖があります。彼らは、見捨てられることが混乱と苛立ちと焦燥感と無力感と孤立感が入り混じったように体験し、胸が痛くなって、恐怖から身体が固まり閉ざされるとか、身体から切り離されて遠くにはじかれていくように体験しているかもしれません。そして、凍りついてしまって錯乱状態にならないために、なんとか自分を保つためにリストカットしているかもしれません。心と体が凍りつく前後は、恐怖と硬直があり、エネルギーの急速な高まりと抑制と放出によるパニックや解離状態、離人感のなかで、常軌を逸した行動をとることがあります。こうした行動をとってしまうのは、子どもの頃から大人の身勝手さに散々傷つけられてきており、慢性的なストレスに耐えて、疲労困憊したのち、頭が真っ白になって、全身が凍りついてきました。そして、もはや自分で全く統制が出来ないほど過剰に覚醒させられた体験があります。そのため、過去の強烈な感覚や情動が呼び覚まされそうになると、それを掻き消そうとしますが、コントロールできなくなる場面では、なりふり構わず加害者や被害者の役割になってトラウマを再演させることがあります。

 

日本トラウマティック・ストレス学会(2012)のホームページによると「人が一度トラウマを受けると、その後も被害を受けやすくなることが報告されている。レイプの被害者は再びレイプされやすい。虐待を小児期にうけた女性は成人になって暴力被害を受けやすい。ほとんどの人が平穏無事に過ごしていると思われている日常のなかで、どうして、このようなことがあるのだろう。何度も被害にあうその人自身に問題があるのだろうか?いや、そうではない。問題の根は深く、その鍵になるのが再演という現象と、小児期トラウマの存在である。子どもにトラウマとなるような単発の出来事が起きたとき、養育者との愛着の絆の質が良質で、傷つきを表現し守られる体験になれば予後は意外に良好である。しかし、そうならなかった場合、トラウマは強迫的反復行動につながり、「再演」を引き起こす。トラウマの再演において、人は被害者や加害者、時には両方の役をとりながら「出来事」を繰り返し、これが再被害につながっていく。」と述べています。

 

▶HOME ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ