死んだふり/擬死反応

▶死んだふり/擬死反応

 

死んだふりや擬死反応は、外敵に襲われた動物が、生命の危機を感じて、その状況を生き延びるために動かなくなる防衛戦略のことです。このとき、人間の場合は、交感神経と背側迷走神経が過剰で、体が凍りついた後に、全身を縮めてうずくまります。背側迷走神経の方が優位になり、交感神経が抑制されると、体を硬直させて倒れ込むか、手足の筋肉が崩壊して、力が入らずに倒れ込みます。多くの場合は、時間が経過すると、心臓の働きが元に戻ることで、血液の循環や筋肉の働きが正常に戻っていって、動き始めることが可能になります。

 

動物の場合は、このような死んだふり/擬死は、 生命の危機に直面した時に、それを打開して生き延びる手段として、実践させますが、人間の場合は、危機的状況に直面したときのみに、死んだふりをするのではなくて、その状態が日々の日常生活を送る中で長く続き、慢性的な不動状態に陥ることがあります。

 

死んだふりをしながら生きている人は、>幼い頃に、恐怖や戦慄により、身体を凍りつかせた後も、ただただ酷い目に遭わされてきました。致命傷になるようなトラウマを負い、頭の中が混乱し、喉や胸が圧迫感され、痛みで全身がバラバラになり、知覚が断片化しました。このような家庭や学校生活の中で、つらく、くるしい毎日を繰り返しで、苦痛でもがき苦しんでいるときに、全てが崩れ落ちていきました。その時から、時間が止まったように感じていて、記憶を思い出せなく、生きている感覚が無くなりました。

 

日常生活の中で、恐怖や不快なことがあると、死んだふりをしてきました。死んだふりをしたら、意識がぼんやりしていき、何も感じなくなり、心は楽な方にいって、体は動かなくなります。その後、外敵の脅威が遠ざかると、縮まった身体が広がっていって、現実に意識が戻ってきます。そして、危険がないかを周りを確認して、何もなければ日常に戻っていきますが、自分の体の痛みや凍りつきに気づきます。

 

死んだふりは、危害を加えてくる人物から自分の身を守る利点があります。死んだふりをして、ただ時間が過ぎ去るのをじっと待つことで、加害者からの攻撃が止むのを待ちます。また、加害者の攻撃に対して、反撃してしまうと、もっと酷い目に遭うことを学習していくので、死んだふりの防衛が常態化していきます。対話などを通じて相手とより理解した関係を築こうと試みても、もしも相手にその気が無く、理解しようとも試みず、どう頑張っても関係性を改善できそうにないときは、加害者の攻撃からただ身を守ることが残された選択肢となり、死んだふりの防衛を用いて関わらざる負えなくなります。

 

長年に渡って、体を凍りつかせて、死んだように生きることが当たり前になると、何か危険を感じる度に、体が硬直して、動かなくなります。現実世界は苦痛だらけで、このような状態が続くと、手の施しのようないくらい、体が動かなくなります。また、背側迷走神経が過剰に働くことで、人間らしさが失われて、息がしづらく、声が出にくく、手足の力は衰え、何も感じなくて、自分のことが分からなくなります。

 

凍りつきと死んだふりの間を繰り返している人は、一瞬回復できたとしても、安心感がなく、何かに脅かされているように感じるので、すぐに凍りついていくかもしれません。そして、小さい頃からの何重もの傷が複雑に絡み合って、身動きがとれなくなり、前を向いて頑張ろうとしても、すぐに逃げたくなります。人生への無力感や絶望感から、戦うエネルギーが尽きて、虚脱化すると、心臓の働きが弱くなり、血液の循環が悪くなります。体は凍りついて、手足はだらーんと垂れ下がり、猫背になります。思考の働きは鈍くなり、感情は消えて、目に希望が無くなり、生きる屍状態になります。

 

人間らしくさせる機能が制限されているために、体が重くて力が入らず、心は無力感や絶望感で、いっそのこと死んでいるほうが楽な状態です。何も感じないように麻痺していて、死んだように生きるほうが安心感になります。じっとして、自分の殻に閉じこもり、息を潜めて、体を固めて、心を閉ざします。やがて、心の奥底の暗い部屋の隅っこで、うずくまり、表の世界に出てこなくなります。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ

死んだふり/擬死反応の方へのおすすめ記事