境界性パーソナリティ障害とは

▶境界性パーソナリティ障害とは

 

境界性パーソナリティ障害の人は、職場や夫婦、親子、恋愛などの人間関係でトラブルを起こします。この心の病のキーワードは、人間関係のトラブル、自傷行為、見捨てられ不安、過食嘔吐、情緒不安定、白黒思考、空虚感、児童虐待、母子関係、性虐待、性被害、早期トラウマなどが挙げられます。歴史的に見ると、もともとは神経症だと思って治療していたのにも関わらず、良くなるどころか徐々に治療関係が破綻していくため、神経症と精神病の境界にある病気とされました。現在では独立した病気として位置づけられ、ボーダーラインから境界性パーソナリティ障害として呼ばれています。この心の病の背景としては、マスターソンの母子関係、ハーマンの複雑性PTSD、生得的な発達のアンバランスさ、トラウマが与える脳の器質的変化と機能異常、身体の自律神経系の調整不全などが挙げられます。予後としては、40歳頃になると徐々に落ち着いてくると言われています。

 

私の個人的な意見では、境界性パーソナリティ障害の人は、親子関係のなかでは、良い子でいて、親の期待に応えようとしたけども、なかなか上手くいかず、自分が悪いとか、自分さえ消えてなくなればといった攻撃性が自分に向けらる女性に多いです。また、発達早期のトラウマにより、自分がこの世界から切り離された存在になり、宇宙の外に投げ出されてしまって、ひとりぼっちでいる孤独感や消えてしまうのではないかという恐怖があったりします。心の中では、私を見捨てないでと母親を求めて叫んでいます。そして、一人になると落ち着かなくなり、本当の自分が分からず悲しくなり、心細くて怖いから誰かに助けてほしいと思っています。身体の方は、トラウマという原始的な防衛反応が延々と作動しており、過覚醒と低覚醒やPTSD症状と解離症状の間を行ったり来たりしています。そして、脳と身体の神経系の問題から、自己・感情調整機能や覚醒度のコントロール異常があり、本来の自分を見失っていて、極端な行動や不安定な自己像を抱える病気であると考えられます。また、自分の感情を持っていきかたが分からず、体調を崩しやすく、不適応な代償行動てして、自傷行為や過食、アルコール、セックス、買い物、薬物などに依存します。

 

対人関係は、今までにことごとく失敗しており、もうこれ以上の苦痛は耐え難く、傷つけられることに対しての恐怖心があります。そのため、敵か味方か、白か黒かで決めつけ、敵意を見せることで、自分を守ります。そして、傷つけられる前に、無意識のうちに相手を傷つけようとするところがあります。心の中では、助けてほしいと思っていますが、他者の善意も信用できずに跳ねのけてしまいます。また、他者の態度や分かってもらえなさに、イライラして、手を出したくなって、爆発します。身体は緊張していて、こころに余裕はなく、雑音や不確定な要素に耐えられず、相手が自分の思い通りにしてくれないと、相手を責めて罵ります。その後、気分が落ち着くと、反省して自分を責めます。このような関係が続くと、相手にやり返されるようになり、頭も体も限界に達していきます。今まで身勝手な行為に振り回され、それが溜まった不満や文句を言って、相手のせいにして、手を出して、やり返されるという体験を繰り返しているので、人に傷つけられる恐怖、相手を傷つけてしまうことの自責感、自責感を人に利用される不安があります。いつも同じことを繰り返してしまうので、自分を恥じて、引きこもり気味になり、生活全般が苦しくなります。

 

境界性パーソナリティ障害と解離性障害の違い

▶境界性パーソナリティ障害の特徴と解離性障害

 

この二つの障害は部分的に併存しており、境界性パーソナリティ障害には重篤な解離性症状や、認知的なフラッシュバックがあるとも言われています。境界性パーソナリティ障害の人は、PTSD症状と解離症状が同時に生じたり、行ったり来たりしているので、気分の浮き沈み(天国のような状態から地獄の状態へ)が激しく、常に不安定にさせられながら仕事や夫婦・恋人関係、子育て、学業に取り組んでいます。一般に過覚醒症状があるので、覚醒水準が高いときは、交感神経が働き、身体の過剰なエネルギーが外側に向けられ、危険に対して過剰に過敏で、闘争-逃走モードなどの状態とか、力やスリルを求めることが快感といった危険な一面を持ち合わせています。人は感情が著しく覚醒させられると、攻撃的になったり、麻痺したりするため、それを抑えようとして、過食、アルコール、セックス、他者に依存することで、心を落ち着かせています。また、過覚醒になると、今の現状をなんとかしようとしてリスクを考えず無計画な行動をとります。逆に、過集中から、エネルギーが切れてしまうと、体調不良を起こしたりします。さらに、ストレスがかかり緊張し、生理的混乱から、居てもたっても居られなくなると、パニックを引き起こすので、新しい場面や不確実なことに取り組むことが難しくなり、何をするにしても心配事が増えていきます。また、感情的な行動を取ってしまって、何度も失敗を繰り返した場合は、自分に嫌悪して恥じて、次第に抑うつ状態になります。日常では、他の人とのズレを感じながら、相手に合わせようとするため、自分の本音や本当の感情を見せれません。痛ましい感情に対しては、正気だとしのぎ切れないので、明るいふり、何もないふりをして生きていますが、本当の自分は居場所がなく、いつも心の中は穴がぽっかり空いたなかで生きています。さらに、トラウマによって自己調整機能が低下しており、自分で自分をコントロールできなくなることを恐れていて、トラウマの再体験を回避するために、他者を利用するとか、他者から引きこもる必要が出てきます。そして、胸の潰れそうな思い、恐怖、混乱、興奮、苛立ち、麻痺、空虚感、孤立感の入り混じった感情を抱えているので、特定の他者に近づき、ケアしてもらうことで自分の安全を保とうとします。そのため、いつも自分の居場所や、誰かが傍にいてくれる安心感を探し求めており、自分を守ってくれる人を探しています。

 

基本的に、良い対象にしがみつき、自分勝手な解釈で理想化していきます。また、良い対象に見捨てられることを避けるため、過剰に努力したり、周囲を巻きこんだりして、他者を操作し自分が有利になるような構造を作り出します。ただし、良い対象が自分の思い通りに動いてくれないと、嫌いという気持ちになって、こき下ろしたり、ネガティブに受け取るようになります。彼らは、いつも希望は長続きしないと思っていて、絶望や惨めな思いに取って代わるように体験されています。良い対象の方が怒ったり、批判したり、連絡をしなかったりすると、被害妄想に取り憑かれた状態になり、感情は大きく崩れてしまって、そこで生じた恐怖が良い対象を悪い対象に変え、急速に脱価値化が起きます。そして、巻き込みや立ち去りなどの間を揺れ動く緊密な関係になります。この恐怖の裏には、見捨てられた体験や想像を絶する恐怖を体験していることがあります。最終的には、怒りの強くなる場面などで自分をコントロールできなくなり、手を出したり、やり返されたりするので、恋人や友人が離れていきます。一方で、自制心が無くなる場面は、記憶の欠落が起こる場合もあり、自分のしたことに気づいて後悔し、誰かに助けてもらうか、引きこもるしかありません。また、怒った時の記憶が抜け落ちることで、いつも傷つけられた被害者になり、都合のいい記憶しか残らないので、自分が加害者だと自覚できない事が起こります。このキレる場面での解離現象により、パートナーとトラブルに発展しやすくなり、身体も頭もパンクしていくので十分に注意が必要です。そして、複雑な長期的未来に不安や恐怖を感じていくようになり、自分が自分でなくなることを恐怖します。

 

重篤な解離性障害の人と境界性パーソナリティ障害の人で違うところは、解離性障害の人は自分のことをあまり理解できておらず、自分がないような状態で生活しています。また、他者の欲望に服従的で、人間関係から引きこもりがちです。外傷体験も闘争-逃走モードを越えて、凍りつき‐機能停止を体験していて、本来なら一貫性が保たれているはずの時間の連続性が完全に断裂しています。さらに、解離性同一性障害となると、毎日、複数の人格が入れ替わり生活しているので、覚醒世界と夢の世界を行ったり来たりしています。基本的に覚醒水準が低く、重いうつ状態(慢性疲労状態)にあり、意識は朦朧としています。しかし、別人格たちが内部世界を知覚・認識し制御しており、外界の脅威に備えています。そして、危険を察知すると、交代人格たちが脳内で会議を行い、人格交代が起きます。

 

▶HOME ▶境界性人格障害のチェック ▶境界性人格障害の治療法 ▶境界性人格障害の接し方 ▶ボーダーラインカップル ▶お問い合わせ ▶電話カウンセリングのページ