綱渡りのような人生を生きる

▶綱渡りのような人生を生きる

 

体が丈夫で波乱のない人生を生きている人は、人生が綱渡りのようには感じませんが、虐待を受けてトラウマを抱える人や、発達障害で神経に問題がある人の場合は、劣悪な環境が育つと、危ない綱を渡るような人生になります。長期のトラウマにより症状が複雑化し、痛みでガチコチに凍りつく人は、ちょっとしたことでも過去のトラウマに憑りつかれて、身体が恐怖やストレスでこわばり、ギクシャクして、神経が痛んで、苦しくなり、階段を下りるのもフラフラした状態になる人もいます。

 

トラウマティックな状態(凍りつきや死んだふり)に固着している人は、普通の人のように生きれず、人生が綱渡りのようになります。日常では、空中に張った1本の綱を恐る恐る渡るような感覚のなか、慎重に生きていけないと恐ろしい目に遭うと感じています。彼らは、ストレスにとても脆く、壊れやすい心と身体を持ち、生きるか死ぬかのギリギリの中を生き抜いてきました。例えば、虐待する親を目の前では、胸が痛くなり、呼吸ができなくて、命の危険を感じます。そのため、外界の精神的ストレスに対して、過剰に警戒するようになり、一つの綻びが出てしまうと、取り返しのつかない事態に陥るために、どうしようとガクガクブルブル震える人生になります。そして、周りの目が気になり、あらゆるパターンを想定して、納得できるまで考え続けて、リスクが怖くなると、動けなくなり、周りのみんなと同じことができなくて、普通の幸せを望めなくなります。 

 

トラウマというのは、体の中に閉じ込めた恐怖や怒りのエネルギーのことであり、ちょっとしたことで、動悸の激しさや息苦しさ、パニック、フラッシュバック、心臓が落ちるような致命傷を負うために、人生が綱渡りになります。トラウマがある人は、自分のなかの理性的な部分と、トラウマから生じる情動的な部分(悪魔的人物)との間で戦いが繰り広げられて、感情をコントロールすることに必死です。外界の精神的ストレスによっては、バランスが取れなくなり、下に落っこちてしまうと、過去のトラウマティックな記憶に飲み込まれて、苦痛に悶え、隅っこのほうで縮まり、氷の中に閉じ込められます。そのため、外界の精神的ストレスにより、自分が自分でなくなり、情動的な部分に乗っ取られてしまい、気が狂いそうになる恐怖から、自分を守るために、自分にしがみつきます。 また、自分の内部が崩壊して、感情や行動の統制が失われないように、外の世界を用心深く観察しています。

 

▶綱渡りの状態に直面した時の対処法

 

トラウマを抱えている人は、恐怖や不安があるときに動かないでいると、その状況に耐えれなくなり、再トラウマ化します。日常では、周りを警戒し、自分の内外をコントロールしようとして、身構えています。しかし、急なことや想定外のことが起きると、身体が硬直して、筋肉や内臓が鷲づかみにされたような感覚に陥り、緊張した状態で固まります。自律神経の調整不全に陥り、動悸や疼痛、嘔吐、下痢などの身体症状が出てきて、さらに不安になり、身体症状が悪化します。

 

トラウマ化を防ぐ方法として、その状況に耐えれなくなる前に、とにかく身体をもの凄い速さで動かしていきましょう。このとき、身体の神経や筋肉は動きたがっているので、戦うか逃げるか、その場を楽しむかなどイメージをして、実際に身体を動かしたり、大声で叫んだりすうほうが、身体の凍りつきや脱力、詰まり、痛みに効果があります。

 

日常生活では、安心・安全感のある環境作りが必要になります。自分に合った環境を整えていきながら、筋肉の伸び縮みを自分で調整するスキルを身につけて、神経の働きを正常に戻していくのが改善に役立ちます。筋肉の伸び縮みを見るには、ヨガやストレッチ、ダンス、運動などが良いです。また、皮膚の手入れなど身体のケアが欠かせません。あと、心理面のアプローチとしては、この人間社会の仕組みを勉強して、自分の考え方や感じ方などの幅を広げて、人間力を高めていきましょう。

 

▶HOME ▶ネット予約 ▶電話カウンセリング ▶お問い合わせ