トラウマの定義
トラウマの定義

 

トラウマといえば心的外傷後ストレス障害(PTSD)を思い浮かべる人が多いと思います。ここでのトラウマの範疇は、PTSDの原因となる戦争、自然災害、事故、事件、暴力犯罪、性犯罪、虐待、いじめ、手術中の医療ミス、出生時の医療措置の影響などのさまざまな慢性・急性の外傷体験になります。また、医学的なPTSDには診断されないかもしれませんが、家庭や学校、取り巻く生活空間の全体がストレス過多になる慢性的なトラウマ、親子間のこじれが振りほどけないほどの縛りとなる世代間伝達トラウマ、子どもの発達を脅かす依存欲求に応じてもらえない体験、養育者に強い恐怖あるため子どもと養育者の役割逆転、自分は親から望まれてこの世に生まれたのではないというメッセージの受け取りなど累積したトラウマまで入ります。トラウマとは、個人が心身に耐えられない傷を負うことで、それは、客観的に確認できることから、主観的に経験されるものまであります。さらに、PTSD症状では、トラウマという激越な感情が神経系の働きを改変してしまう現象であり、一方で、解離性症状は、恐怖や衝撃により、身体の方が凍りついてしまって、機能が停止していき、過剰なエネルギーが神経系に蓄積されてしまう現象です。また、抑圧を基盤とする自己を脅かす心理学的意味の分裂まで広い範囲でトラウマを捉えています。

 

トラウマ(PTSD)の歴史
トラウマの歴史

 

19世紀後半の「ヒステリー研究」で始まり、外傷的な出来事に関する耐え難い情動反応が一種の変性意識を引き起こし、この変性意識がヒステリー症状を生んでいるというもので、外傷記憶とそれに伴う強烈な感情を取り戻させ、言語化することによってヒステリー症状が軽快するという発見がなされました。次に、第一次世界大戦おける塹壕戦の経験を踏まえ、戦後、米国と英国から始まり、ベトナム戦争後に頂点を極めた「戦闘ストレス反応の研究」であって、最初、臆病者であるからだと結論し、処罰と脅迫が行われていました。第三の流れは、ごく最近認知されてきた性的暴力と家庭内暴力の外傷に関するものであり、幼児期の身体的虐待や性虐待は慢性かつ重度のPTSD発症の原因となることが知られています。日本でも阪神大震災や地下鉄サリン事件の被害者に関連して知られるようになり、市民生活の中での性的暴力や家庭内暴力においても注目されるようになりました。

 

トラウマ概念の危機と再吟味

 

トラウマは、歴史上のある時期から、特にフロイトのエディプスコンプレックスの概念あたりの頃に、大人が子どもにトラウマを与えるという事実が精神医療領域で消え去ることがありました。それは、トラウマ(家庭内虐待や戦争による戦闘ストレス反応)という事実が、既存の社会の秩序や権威への敬意を失墜させると恐れられていたようです。さらには、愛国心や家族愛の価値観とも相性が悪く、純潔さを求める保守的な人々には、トラウマという概念は受け入れ難いものでした。また、臨床家たちが社会の権力者へのご機嫌を伺い、患者の真実よりも自分たちの利益やポジション争いに終始したためです。ただし、トラウマという真実を語ることは、誰かを傷つけてしまうことも多いので、それを恐れて、見て見ぬふりをすることは正常な心理とも言えますその他、人が他者のトラウマという苦悩を見て、自分のことのように共感的に考えられる人もいますが、その一方で、他者のトラウマという苦悩を見て、強い情動を感じ、扁桃体が刺激されることで、そのトラウマが自分にまで降りかかるのではないかとリスクを恐れる人がいます。

 

現在でも、トラウマを扱う臨床家は、生物学的要因と神経科学的要因から脳と身体の問題を考えながら、複雑な環境要因を重視しています。そして、トラウマは個人のこころや発達の問題だけでなく、国家や社会、学校教育、家庭などの環境側に問題があるということを伝えていますが、人々はトラウマを見ないようにして生活全般や社会を回しています。トラウマという領域は、権力者との折り合いが悪いため、踏み入ることは禁じられている領域もあります。また、今の症状に着目し、過去をほとんど考慮しない精神科医とか、個人のこころや発達の問題としてしか見立てることのできない心理士とも相性は良くありません。さらに、トラウマを負った半数の人は、トラウマ体験を思い出したくないので、できれば無かったことにしておきたいとか、そっとしておいてほしいと思っている人たちもたくさんいます。そういう訳で、残念ながらトラウマを扱う臨床家は、私も含めて不遇な運命を辿ってきている人たちが多くいます。一般的に組織集団というのは、真実よりも合理性やポジション取り、利益を追求していくものなので、トラウマを扱う臨床家は、当事者の生活や主観的世界、生物学的メカニズムの細部まで寄り添いながら、ひっそりと一人で研究していくことになりがちです。また、大半の人は、被害者の本当の痛みまでは興味がないようで、大切なのは、自分の家族や仲間、職場や同業の人間関係だったりします。

 

トラウマへの理解は、人それぞれの正義感や脳の仕組みの違いにより、いつの時代も分裂しています。最先端と言われているアメリカの精神医学の領域でも、トラウマへの理解は不十分なままで、日本でもアドラー心理学「トラウマなんて存在しない」が流行ったりもします。トラウマの概念は、社会内の権力の変化と共に流行り、衰退しを繰り返しています。現在の医療現場では、科学的根拠(エビデンス)が求められており、子供の頃の虐待やいじめ、親子間のストレス、医療ミス、戦争、自然災害、社会環境などの複雑に絡み合ったトラウマが原因で現在の精神疾患や身体疾患になっていると証明することが難しいため、トラウマは過小評価されています。しかし、最近では、科学の発展が凄まじく、小児期のトラウマ(逆境体験)を繰り返し直面するとその人の寿命をおよそ20年ほど縮めてしまうという衝撃的な相関関係が明らかにされてきてます。ちなみに、トラウマを見立てるというのは、トラウマを受けた人の主観的世界がどのようなプロセス(原因)で起きているのか、この世界の豊かさや過酷さ、いい加減さを使って説明していくことですこれからの社会は、リベラル派(弱者への再配分、危害を加えられた人へのケアを重視)が衰退し、世界的に保守化や市場主義化が進んでいて、格差社会になっていきそうです。貧困は、治安の悪化、虐待やDVの蔓延、親子間の世代間伝達トラウマにはまり込んでいきます。もし、今からでもトラウマを勉強される方には、ベッセル・ヴァン・デア・コークの著書「身体はトラウマを記憶する」、ピーター・A・ラヴィーンの著書「身体に閉じ込められたトラウマ」をおすすめします。また、トラウマを知るためには、トラウマの専門書のみならず、虐待などの被害を受けた当事者の言葉とインターネットを丹念に調べていくことで真実に近づくことができます。

 

重い外傷体験(PTSD体験)
▶外傷体験時のこころと精神と身体

 

人は外傷体験を負うと、生命が脅かされたり、尊厳を踏みにじられることにより、強い衝撃を受けて、心的機能(脳や身体の神経システムと精神システム)に過剰なエネルギーが流れて、ショック状態に陥り、恐怖、麻痺、凍りつき、回避、再体験、過覚醒、無力感、不快感、体調不良などの症状が出ることがあります。また、恐怖や戦慄により、身動きが取れなくなる外傷体験だけでなく、対象に見捨てられるとか、助けられないことが外傷体験になっている人もいます。PTSD症状のなかで日常生活を困難にさせるのが、トラウマになった出来事が繰り返し蘇ってくる再体験症状(フラッシュバック、悪夢、パニック発作)と言われます。フラッシュバックが生じているときは、左脳はほとんど機能しておらず、言葉にすることができないので、その出来事を客観的に分析したり、自分の物語の一部として見ることが出来ません。また、トラウマを受けた人は、脳の扁桃体が危険を察知し、警戒心は過剰になり、身体はストレス反応を起こして、ほんの一瞬の刺激に対して敏感になります。身体は緊張から硬直していくようになり、些細な刺激に対しても過剰に覚醒させられます。急性ストレス障害やPTSDの過覚醒症状があると、呼吸は浅く早く、動悸が激しいのが特徴で、落ち着きがなくなり、すぐに疲れてしまいます。

 

外傷体験の記憶の中で最も精神的ショックが大きいところをホットスポットと言います。人は危機に直面すると、交感神経が活発に働き始めて、戦い、逃げることが可能になります。しかし、戦おうとしても押さえつけられてしまったり、相手を助けることができなかったり、戦うことも逃げることも相応しくない場面では、背側迷走神経が働き、凍りつきや機能停止が起きます。この機能停止は、体から魂がどこか遠くに消えてしまったような抜け殻状態で身体が静止しています。凍りつきでは、頭の中では、大変だ!どうしようと焦っていたり、諦めていたりします。その後に、全ての望みは放棄され、絶望があると、頭が真っ白になっていって、記憶は断片化されていきます。最悪の場合は、人格システムはバラバラになって、身体は崩れ落ちることがあります。また、子どもが慢性的なトラウマをやり過ごすときは、過覚醒になり、戦うか逃げるかの選択になりますが、それも効果がない場合は、低覚醒になり、あたかも眠ったかのように過ごしたり、感覚を麻痺させてやり過ごします。一般的に、慢性的に外傷体験に曝されている人は、日常生活を困難にすることに対して、意識を変容させ、あいまいにしたり、忘れたりした方が楽なのでそうしますが、それが影響して現在の人間関係を生きにくくします。

 

人によってトラウマのホットスポットの恐怖の度合いは様々ですが、トラウマの中核では、胸がざわついて、か細い声になり、恐怖でガタガタと震えて、全身を苦悶させながら泣いています。トラウマ体験時は、圧倒的な恐怖や戦慄から神経系が極限まで緊張し、興奮し、心拍数が上昇し、呼吸は浅く早くなります。大変な状態になると、呼吸が出来なくなり、心臓の鼓動は激しく、顔は熱く、胸は圧迫されて、声が出せなくなり、心と身体(私が私であること)が凍りついていきます。全身が硬直して、手や足が突っ張って動かせない状態では、ほとんど呼吸が出来ず、心臓が止まりそうになって、めまいで目の前が真っ暗になり、胃や腸だけがバクバクと活動します。その後に絶望が襲ってくると、身体が苦悶したのちに、ブラックホールに吸い込まれたりして、固まり閉じこめられる極限の状態のなかで身体が崩れ落ちます。そのあと、吐き気や下痢、腹痛のような状態を経て、死んだふりからの覚醒反応として、激しい怒りや無秩序な行動、自分を罰するなどを見せたりします。また、性格が一変して、子どもの頃に戻り、そこから心身の機能が回復していきます。その一方で、身体が凍りつく直前に、安全な場所に退避するとか、他者から温かく心強いサポートがあると、生命エネルギーが収縮から拡張に向いて、神経系から溢れで出ます。凍りついた精神と身体を融解させるため、目と鼻から大粒の涙を流し、全身をブルブル、ガクガクと震わして、光が溢れ返り混じり合う現実の世界に戻ってくることができます。このように他者の援助を借りてトラウマから上手に回復することができると、絶望は希望に変わり、修正情動体験になります。

 

▶四重の恐怖サイクル

 

心と身体が凍りつき、固まり閉じ込められるようなトラウマを負っているにもかかわらず、自分に悪意を向け、恐怖で支配するその張本人とともに日常生活を送り続けることで四重の恐怖サイクルにはまり込むことがあります。そして、身体の中に住むことが安全だと感じられなくなるとか、世界中の人が敵にしか見えなくなるような知覚や気分の変動が起きることもあります。また、統制の効かない問題行動を繰り返し、失敗を繰り返すことで、強烈な自己批判をするようになり、攻撃性は自分へ向けられることがあります。

①外傷体験に刻まれた恐怖と戦慄と無力感

②身体が麻痺して固まり閉じ込められる恐怖

③過剰な覚醒による統制の効かない恐怖

本来は危険でないはずのものまで脳や身体が不快に感じる恐怖

トラウマの治癒には、複数の恐怖症を少しずつ人間が本来備えている生命エネルギーの源として感じられるように支援していく必要があります。

 

発達障害とトラウマの見立ての難しさ
▶発達障害とトラウマの見立て

 

発達障害の子どもたちは、トラウマにつながりやすいと言われています。と言うのも、学校などの集団場面で不適応になりやすく、また、育てにくさから養育者との間でストレスが生じやすく、さらには、感覚過敏や感覚処理の問題から外の世界のストレスに弱かったりと、複合的なトラウマを抱えやすいからです。また、発達障害の子どもを取り巻く生活空間(家庭、学校等)の全体がストレス過多になると原因不明の身体症状、パニック、過覚醒、低覚醒、解離、フラッシュバック、悪夢、自己中心性、こだわり、感覚過敏がより強くなります。そして、傷つきトラウマを負った発達障害の子どもは、集団場面で空気が読めなかったり、こだわりが強すぎたり、身辺自立能力が乏しいために、周りの児童に馬鹿にされ続けることで、恥がトラウマになって、キレ暴れるなどの問題行動として現れたり、解離して凍りつく反応を示したりします。ちなみに、発達障害とは、脳の特性のアンバランスさが大きく、現在、学校や職場などで不適応行動があると診断されます。

 

長年にわたるトラウマ犠牲者に対して、適切な心理支援を行うには、複雑性PTSDや解離性障害、自己愛性、境界性パーソナリティ障害、摂食障害などのベースに発達障害があるかどうかを見極めることが重要になります。しかし、実際には、発達障害がベースにあることが見逃されたり、見極めるのが非常に困難な場合があります。それは、機能不全家庭(虐待またはネグレクト)で育った人や発達早期にトラウマを負った人でも、健全な発達が必然的に妨げられてしまい、健全に成長していく機会がほとんど与えられないため、発達障害の子どもと同じく発達のばらつきが出てしまうからです。そのため、発達障害とトラウマの概念は、双方ともにあいまいさを残しており、現在の生きにくさは環境と遺伝が相互に複雑に絡み合っていると考えたほうが無難でしょう。

 

▶トラウマの身体症状

 

トラウマがある人は、身体の中に嫌な記憶がたくさん詰まっており、胸がザワザワして、動悸が激しくなると、嫌な記憶が思い出されるかもしれません。人は危険を感じると、胸から、首、頭部にかけて圧迫感を感じて息が止まりそうになります。人は反射的に、顎を下にして、歯を食いしばり、口元を固く閉じていこうとします。腕は自分の身体を抱えようとしたり、肩が固まって上がっていこうとしたり、全身に力が入ります。そして、首の神経や血液、リンパの流れが遮断されたようになって、そこを境に身体の上部と下部がばらばらになるような恐怖があるかもしれません。次第に、こめかみのあたりは脈を打つ感じが強くなり、頭痛が始まるかもしれません。顔全体が赤みをおびて汗が出始め、目は見開き、充血し、涙が眼球いっぱいに広がり、喉がつっかえて唾を呑み込みにくくかもしれません。このように身体の方が生命の危機に瀕した出来事を記憶していて、その時のことを覚えているので、発達障害の人と比べて、心身に多くの問題が見られるのが特徴です。母胎内の環境や出生時の医療措置のトラウマなどの場合でも、本人の意識や記憶はありませんが、身体の痺れ、緊張、硬直、固まり、視線の動かし方、凝視、聴覚の過敏さ、危険を察知する能力、頭の中の情報処理の仕方を見ていけばトラウマがあるかないかはだいたい分かります。ただし、精神医学では、成育歴や心身の中に閉じ込められているトラウマをあまり見ようとはせず、遺伝、環境が相互に影響を及ぼし、行動および情緒に問題があるとして、発達障害として診断されることが多いようです。一般に、出生前後にトラウマがある人は、健康的なベースが育たないなかで、脳や身体の神経は発達していくので、脳機能や自律神経系、ホルモンバランス、免疫系に調整不全が起きて、さまざまな症状(過敏性、こだわり、自己中心性、コミュニケーション、強迫症状、解離症状、身体症状、体調不良)が出てきます。

 

発達早期のトラウマが根深くある人は、恐怖による麻痺や不動化があり、背側迷走神経が働くので、身体は硬直し、常に身構えていて、現実感喪失症や離人症などの活動性が低下する解離性症状がみられます。解離性症状の優位な人は、身体的な症状に悩むことが多く、気管支の活動が減少していて、呼吸がしづらく、心拍数や血圧が低下し、めまいやふらつきがあります。一方で、胃腸や消化器の活動が増加していて、お腹の調子が悪くなりやすく、腹痛や下痢、吐き気が起こることがあります。さらに、喉を触れられると圧迫されるような気分になり、怖くなったり、筋肉の緊張状態から背中の痛み、偏頭痛、慢性疼痛、慢性疲労になることがあります。PTSD症状の優位な人は、一瞬の刺激に敏感に反応するため、交感神経系が活性化して、身体を動かしたくなる過覚醒になります。気管支の活動が増加していて、心拍数や呼吸数が多く、全身に血液が循環し、発汗が見られて、フラッシュバックや動悸に苦しめられることがあります。あとは、子どもの頃からトラウマがある人は、このような解離性症状とPTSD症状の間を行ったり来たりしているので、原因不明の身体症状に悩まされることが多く、感情や自己調整機能に障害が出ます。

 

▶HOME ▶トラウマに対する脳反応 ▶トラウマの内なる世界 ▶PTSD症状 ▶PTSDフラッシュバック ▶身体に幽閉されたトラウマ ▶トラウマという病 ▶トラウマの正体 ▶トラウマ再演 ▶慢性トラウマの自己認識 ▶トラウマアプローチ ▶トラウマエクササイズ ▶レジリエンス ▶愛情不足で育った人 ▶超自然的存在 ▶電話カウンセリングのページ